身長が低くても乗れる!足つきの良いバイクとシート高目安

ss

バイクで足をつこうとしたときにつかなかったら怖いですよねぇ。

例えばそれは、海水浴に行って
知らないうちに沖に流されて、
足がつかかないのが分かった
時のような恐怖感に似てませんか?

とにかくそれでも何とかバイクに乗りたい!

いいですねぇ、好きですよその心意気。

バイクに乗ることっていろんなことの
ブレイクスルーになりますから、
ぜひぜひここは何としても乗りましょう。

そのためなら筆者も一肌脱ぎますよ。

その前に身長の壁をブレイクしなきゃですよね。

今回は、身長が150㎝140㎝台の方が
乗れるシート高、そして乗れる車種を
ご紹介しながら、あこがれのバイクに
乗りたいという人のための秘策までを
じっくり考えていこうと思います。

スポンサーリンク

そもそもバイクの身長基準って何さ?

スキーの板だったら、身長別に必要な板の長さってわかりますよね?

でも意外に、バイクに乗るとき、
「私、身長○○㎝だからバイクは○○○ね」
とはいきません。

これは困った!

背の低い方がバイクに乗るときに一番心配になるのが「足つき」ですよね。

足つきの良いバイクを選ぶのが
一番いい方法です。

が、それが必ずしも自分が求める
バイクである保証はないわけで…。

欲しいバイクが足つきが悪いバイクだった時の解決方法は後でまとめます。

でも、素直に足つきで選ぶ場合にはさほど苦労もありません。

メーカーのカタログを覗けばシート高も載っているので、参考にすればいいでしょう。

ある程度は…。

kat

参考元;http://www.honda.co.jp/motor-lineup/?from=motor_header

しかし、かかとまで完全に足がつくバイクというのは意外に少ないですね。

筆者の身長は160㎝前半、
幸い国産車で一部を除けば
ほとんどの車種に乗れます。

我々日本人の平均身長はバイクに乗る年齢で大体約171㎝と言います。

その平均を狙ってバイクが造られるとしすれば、ちょっと大きなバイクでも両足が付き始めるのはそのあたりからなんでしょうかね?

筆者の間内でも、155㎝位の人が大きなバイクにつま先立ちで何人か乗ってます。

大体スーパースポーツ(以下SS)
等オンロードバイクが多いんですが、
みんな涼しい顔して乗れてますね。

ざざっとHONDAのカタログを見てみると、

  • 大型SSバイクが大体765mm~830mmくらい
  • 250㏄~400ccクラスだとスクーターまで入れて710mm~795mm
  • 原Ⅱで715mm~780mmくらいですね。
  • アメリカンタイプのクルーザー、だと660mm~720mmといったところですね。

先ほど話題に挙げた身長155㎝の筆者の仲間の場合は820mmくらいのバイクに乗れてます。

何とかすればその辺までは
OKということでしょうか。

t

145㎝の妻

私には身長が145㎝の小さな妻がおります。

特に筆者が懇願したわけではないのですが、
自分から「バイクの免許を取る」と言い出し、
紆余曲折の末免許を取得…。

それはいいのですが、彼女のバイク選びが超難航。

とっかえひっかえショップで全メーカーの
小型車種を制覇するもしっくりくるものがなく、

たどり着いたのがシート高が社外部品で
極低にしてある400ccの車両でした。

筆者の145㎝妻が乗るバイクがこれ

妻のSRXはシートカウルが改造してあって、

101
ノーマルよりさらにシート高が低くなっています。

このバイクを購入するとき145㎝の妻が、
比較で760mmのノーマルシートのSRXに
またがったとき、 つま先立ちでした。

計っていませんが妻のSRXはシート高が
恐らく725mmくらいになっているはずです。

200代くらい在庫しているお店だったんですが、
これ以外に乗れるものはなかったんですよ。

そこでわかったんですが、シート高755mm以上のバイクは身長150㎝以上あった方がいいのかなと思いました。

145㎝以下になると
シート高620mm~730mm以内で
車体がスリムなツインか単気筒。

これが140㎝台のミニマムライダーの守備範囲だと思います。

もし身長が150㎝くらいあれば、
780mmでやはりVツインか単気筒。

155㎝位で820mmつま先立ちというのが、身近な人々を見ての準実測データーです。

バイクショップに妻を連れて行って一つ気づかされました。

筆者は妻に対してついつい、

「せっかく免許持ってるなら大きいの挑戦したら?」

なんて言ってしまいます。

でもこれは背の小さい人にとっては残酷な言葉だったりするようです。

このとき改めて、その人の視点になって
考えるって重要だなぁと思ったんです。

というのも自分が小柄だと、バイクは、端で見る以上に大きく見えて怖いのだそうです。

人によって乗ってみてバイクが好きになっていくか、
怖くなっちゃうかってこの辺に境があるということ、
その人の「ちょうどいい」をちゃんと考えるって
とても大切なことだと改めて気づかされました。

一般的に背の低い方、特に女性にはアメリカンを選ぶと言われていますよね。

カタログ値を並べると確かに
小排気量ほど有利に見えます。

あえて分けたんですが、アメリカンは軒並みシート、低くできてますね。ハーレーの大き目な車種でも意外とシート高が低かったりします。

hd

いや、アメリカンや小排気量以外に乗りたいバイクがあるんだけど?
っていう人もいるでしょう。

でも心配いりませんよ。

次のページを見てご安心ください。

そもそもバイクの「足つき性」の要素について考える。

カタログのシート高、
確かに大事なんですけど
実はそれだけじゃないんですよ。

肝心なのはシート周りのスリムさ

足つき性に関しては、
ついついカタログの
シート高だけを見て
しまいがちなんです。

でも、

シート高の数値はあくまで横から見た高さなので、参考値と考えた方がいいでしょう。

人を上から見た場合、骨盤があって
そこから2本の足が出ているのは
言うまでもありません。

バイクで足つきの良し悪しは、単に足の長い短い、シートの高い低いだけではないんです。

骨盤の幅が人によって
まちまちだというのを
脚の長さ以前に忘れ
ちゃってる人って
多いんですよね。

例えば、同じシート高シート
幅の広いスクーターだと幅の分、
足を余計に横に出しますでしょ。

それと同じで、骨盤の広い女性は同じ足の長さの男性より有利なんですよ。

幅が広いバイクに乗って時でも、
足をまっすぐ下ろせて踏ん張りが
効くのでその差がでるわけです。

つまり足つきの良いバイクの要素としてはシート高が低くてスリムことがまず肝心です。

sii

参考元;http://livedoor.blogimg.jp/xoozic/imgs/8/7/87cb38cb.jpg

文字通り足を引っ張っているのは前傾姿勢?

シート高の話ではどうしてもシートに目が行きがちですが、もっと注視すべきはハンドル!

警察で言う「傾斜走行」、
いわゆるジムカーナを
強烈に難しくした競技です。

そこに身長153~155㎝の小柄な女性隊員が華麗に白バイを操っている。

身長とバイクの関係で興味深いお話ですよね。

sp

参考元;http://1080.plus/女性白バイ隊員_バランス走行操縦競技_VFR800P_[2010_11_27]/-FkiBuQXR6g.video

筆者がここで見たのは、VFR800Pに乗る女性隊員。

訓練された隊員とはいえ、白バイは
重量も300㎏に迫る重量車です。

「女性用に白バイのシート高下げてあるんじゃないの?」
って思いますよね。

基本的にVFR800Pのシート高は
市販のVFR800と同じ805mm。

でもフレーム番号によって5種類くらいの
シートが用意されているという話です。

でも、ここで白バイの話題を出したのはシート以外の別の部分を注目して頂きたいからです。

どうしてもシート高の話なので
シートに目が行くのは必然ですが、

注目してほしいのはハンドルの位置です。

白バイってどんな車種が白バイになっても、アップハンドルでしょ。

r1-p

参考元;http://blogs.yahoo.co.jp/yzfr1le/45783047.html

ネットでこれ見たときは度肝抜かされましたけど、やっぱりコラージュでしたし…。(汗)

つまりハンドルの位置が手前の近い
位置にあるということが重要なんです。

もちろん白バイはあの激しい動きを
実現するためにそうなっているのですが、

同じシート高でもハンドルが遠く低かった場合、足が引っ張られて足つきに影響します。

805mmは普通に考えて150㎝台の人には
相当きついはずですが、何とか乗れるのは
ハンドルが手前にあって、上体を起こせる
ためにその分足の自由度が増すためなのです。

つまり「ハンドルが近いこと」が「足つき」を考えるもう一つの要素というになるのです。

そしてこれまでのことをまとめると、身長の低い方にとって
「シート高が低くてシート周りがスリムなアップハンドルのバイクがベスト」だと言えます。

ど知りたいおすすめ、背が低くても足つき安心なバイク

実際、その条件に当てはまるバイクとはどういうバイクでしょう?

小さい排気量から順にいくつか考えていきますね。

まずは125㏄クラスなんですが、
意外にこのクラスは現行車だと
スクーターが多いですよね。

現行車のMTはちょっとシート高が高めなので、
いろいろ探してみました。

こんなかわいいバイクはどうでしょう?

yb

参考元;http://www.bikebros.co.jp/community/IMP_bikeData.php?m=2&s=92&b=7

YAMAHAのYB125SPです。

シート高は760mm。

見ての通り、人気のロングセラーモデルSR400にクリソツ。

もともと単気筒で125㏄ですから
車体がスリムに収まっています。

結構ユーザーレビューでも足つきに関しては好評の一台です。

よく初めての二輪の教習を普通自動二輪から受けにきて
結局125から受けることになる人もいますよね。

そんなときにも、YB125SPなら取り回しも軽いので、バイクを動かす要領を体になじませて自信をつけるにはちょうどいいバイクだと思います。

でも「なんとか普通二輪で」という方はこちら。

250㏄ならこれは鉄板でしょう。

ds

参考元;http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/purchase-support/simulation/ds250/#RidingArea

YAMAHAのドラッグスター250です。

シート高は670mm

ヤマハのサイトでも150㎝のライダーと
比較したシュミレーションができるのですが、
これくらいの感じになりますね。

dss

参考元;http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/purchase-support/simulation/ds250/#ScaleArea

アメリカン以外で選びたいということもありますよね。

となるとこちら、

vtr

参考元;http://www.honda.co.jp/VTR

HONDAのVTR250、これは外せませんね。

シート高は755mmです。

こちらはシートがだいぶ腿の当たりを絞り込んであります。

ここ結構重要ですよね。

クローズアップすると、

set

こういう感じで絞ってるのわかります?

参考元;http://3.bp.blogspot.com/-iB17XmQQjSo/Ul3bfoTS1oI/AAAAAAAABvk/hdrJ00G90DE/s1600/IMG_8325.JPG

400ccクラスも車種がめっきり減っちゃったんで新車で選べるのは少なくなりましたが…。

cb

参考元;http://www.honda.co.jp/CB400SF/

HONDAのCB400スーパーフォア、これも定番ですね。

シート高は755mm。

ひょっとしたら社外のLOWシートがいるかいらないか
ギリギリ微妙ですが、なんといっても一度は乗ってる教習車。

車体は同じですから馴染みある車両と言っていいでしょう。

なのできっと要領さえつかめれば、乗れると思います。

400ccクラスに乗りたいけどもうちょっと軽くてスリムなのはないの?

という方のリーサルウエポン(最終兵器彼女)がこれ!

srx

参考元;http://carcast.jp/5533

YAMAHAの1990年型SRX400!

シート高は760mm

美しいデザインじゃありませんか。

ってオーナーだから言うわけ、なんですけど…。

え、SRは?って思うかもしれませんが、
SRXの方が断然スリムで乗りやすいんですヨ。

発売から30年近くなるバイクですが、
ベストオブシングルと言われながら
今も高い人気を保っています。

恐らくいま手に入る400ccクラスのバイクとしても最もスリムなバイクだと思います。

優しいバイクですよぉ。

SRXには600㏄もラインナップされてましたから、
大型を初めて乗る方にはそちらもお勧めですね。

良いバイクなんでメーカーにお願い!
ヤマハさんもう一回インジェクションでこれ造ってくださいよぉ。

今こそこいつの出番だと思うんですが…。

まぁそれは横に置いといて、っと。

身長が低い人に大型ロードスポーツな無理なの?

気になりますよね、大丈夫です。

いいの入ってますから、次でお見せしますよ。

つま先立ちで何とか大丈夫だと言える人なら1300㏄も夢じゃありません!

ちょっとお店を選べばいいものがありますヨ。

xjr

参考元;http://cdn.autos.goo.ne.jp/protoucar/usedbike/850/8502447/G1/640/8502447B3016073000500.jpg

こちらはXJR1300Lです。

シート高は765mm。

なかなかHONDA以外の教習車ってみないですが、ヤマハさんもちゃんと造ってるんですよ。

そうです、これはXJR1300の教習車で、
一般の車両よりシート高が30mm
下げてあるのがこのLという特別仕様。

最近、

教習車にハーレーがある教習所もありますので、意外にハーレーへの道って開けてるんです。

でも、アメリカン以外の車種を
身長の低い人が乗る道って
まだまだ長いような気がします。

身長150㎝ちょっと気合があれば、ガッツで大型ゲット出来るでしょう。

150㎝前半ならつま先OKでしょうし、
148㎝くらいならおしりを半分ずらす
「半ケツ乗車」で何とかいけるかもです。

ちなみに新車では一般発売ませんが、XJR1300Lで検索すると中古車があるのがわかります。

恐らくものによってはバンパーがつけられる
状態で売られているものもあるでしょうから、
法的に問題のない安全な空き地で一発試験の
練習に使うのもいいかもしれませんね。

大概ナンバー付けたことない車両なので、中古なのに新車登録できちゃいます。(笑)

方法はいくらでもある…かもしれない。

問題はどうしてもその車種に乗りたいのにシート高が自分に合わない場合ですよね。

「足つき問題」を解決するにはいくつか方法があります。

なんとか「半ケツ乗車」に慣れるのが手取り早いですが、
それでもやっぱり、という方には以下の方法がいいでしょう。

  • カタログを参考にシート高の低いバイクをリストアップして実際にまたがって決める方法
  • LOWシートに交換したりシートを加工する方法
  • 車高調整キットなどを使う方法
  • ハンドルを手前に寄せる方法

シートを変更するのは手っ取り早くて比較的簡単な方法ですね。

LOWシートも社外でいろいろ揃っていますし、
シート加工を専門にやってくれるショップも
いくつかあります。

シートの変更や加工の方法については関連記事をご用意しましたのでご参照ください。

お尻が痛くならない・足つきの良いバイクシートの選び方と対策グッズ
皆さんはお持ちのバイクのシートについて 困っていることってないですか?シートについての悩みというと たいていはこ...

そしてキットなどで
車高を変える方法ですが、
確かに足つきに関する問題はこれで
解決されるとは思います。

しかし、サスペンションの動き方を変えてしまうことがあるので、そのバイク持ち味をだいぶ制限してしまうことにもなりかねません。

なので「ど知りたい」においては
いわゆる車高調キットのオススメを
極力避けていく方針です。

ではどうするかですが、

ご紹介した足つきの要素を踏襲して改善するべきは、ハンドル位置を近くすることです。

ハンドルも、ハンドルの根元のポスト部分から、
ハンドルそのものまで、実にいろいろなものが
売られていますね。

ちゃんと変えようとなると、ブレーキホースやワイヤー類の
長さ調節も必要なので、お近くのショップとご相談されて
みてはいかがでしょうか?

まとめ

筆者は身長162㎝、どちらかというと
男性では小柄なうちに入るでしょうか?(笑)

恥ずかしながら、座高が91㎝ですから
人類では短足なうちに入るでしょうね?(泣笑)

何度かブログでご披露したお話ですが、
筆者はWR250Rも持っています。

CA3H0163

しかしWRはシート高895mmと
短足の筆者にはまさにキリン。

筆者は完全バレリーナ状態で信号待ちの度に一人くるみ割り人形踊っちゃうんですよね。

この前なんて、後続車に乗ってた若い子がそんな筆者を見て
手をたたいて大爆笑しているのがバックミラーで見えましたよ。

お楽しみいただけたようで良かったですけどその実、悔しかったですよぉ~、

確かに、シートをLOWシートにしたり、車高を落とす方法もあります。

足がつかなくて縁石頼みだった筆者ですが、
車両のトータルな寸法とそれによる動体性能を
変えたくなかったので、ライダーの方で
工夫して乗り方を考えて乗ることにしました。

最初は普通に跨って乗るのも大変でしたし、
シートにおしりを付けたまま足を下しても
どうしようもなかったくらいだったんですよ。

でももう「笑いたい奴は笑え」くらいに開き直ったらちょっとブレークスルーできましたね。

普通にはどうやっても乗り降りが難しいWRでした。

でも、乗るときは左足をステップにかけて、半クラッチで
スタートしながらバイクの上で着座する方法に落ち着きました。

降りるのも「半ケツ」でやっとこさ降りるようにして
癖をつけて対応しました。

だからやって気が付いたんですけど、
バイク自身、歩み寄ればいくらでも
友達になってくれるし、遠ざければ
それだけ距離ができる。

なんだか乗り物の癖に、妙にそういうところが人間っぽいんですよね。

そうしてバイクに乗りこんでいくと、
どんどんバイクと無言の会話が
できるようになる、そんな気がします。

例えば、
気持ちがこじれてるとき等、バイクに乗ると理屈抜きにブレークスルーできたりします。

立ちごけは最初怖いし、
足がつかない乗って
本当に不安ですよね。

でも、
「とにかく私はこのバイクに乗りたい、いやのって見せる!」
みたいな強い気持ちでバイクを遠ざけなければ、
バイクって必ず答えをくれる。

そんな風に思いました。

バイクは老若男女身長の低い高いを問わず人の優しさとはまた違った形の優しさをくれます。

今回は、あきらめずにどんな人にでも
その優しさに触れてほしい、いつでもそれは強く思いますね。

皆さん、がんばって!!

スポンサーリンク

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると非常に励みになります!

あなたのバイクの買取り値段、1年後には半額かも?

もしも今乗っているあなたのバイク、売ろうと思っているなら今が一番高いかもしれません。

本当に欲しいバイクがあるのなら、早いうちにコツコツ資金を用意しておいたほうがいいです。年数を経るごとに金額が安くなっていくのも事実ですから…。

査定自体は無料ですし、金額だけでもチェックしておいて新しいバイクを買う準備をしておきましょう。

筆者オススメのバイクの査定額をUPする方法と、キャッシュバックもやっているオススメ業者を紹介します。

コメントについて

コメントは記事のご意見やご感想、情報提供をする場として活用していただければと思います。

なお、コメントの反映には時間がかかることがありますので少々お待ちください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る