バイクのABSブレーキの効果と仕組み!必要性や義務化についても

2018年バイク用ABS義務化決定

既にヨーロッパでは2016年から
バイクにもABSが義務化されています。

日本では国土交通省主導で車両安全対策検討会(2015年11月)において方針が打ち出され、これが確定しています。

内容は、2018年10月1日以降の原付から大型車までの新型車にABSあるいはCBSを義務化するというものです。

※(現行車が継続生産される場合にも2021年10月以降登録車から義務化されます。)

これだけだと、

  • 原付が高くなちゃうんじゃ~ん
  • オフロードでブレーキターンできね~じぁゃん
  • そもそもABSもCBSも要らねぇんだけど

なんて言われちゃいますよね。

この辺はさすがにバイク議連理事長の
三原じゅん子さんも
偉い人なんでちゃんとしてますよ。

原付に関して

原付にABSユニットつけると重くなるという意見もありますが、この辺を簡易なCBSでもいいよということにするそうです。

これまでもCBS付の原付はありますから
既にユーザー層には受け入れられているのでしょう。

dio

Dio (AF35)の機械式ABSwithCBS 珍しい!

参考元;http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-5b-51/bikelab_k/folder/723986/79/36898579/img_6?1296194400

また、原付には機械式ABSなんて珍機能も汎用化できる領域にありますから心配ないでしょうね。

足として使う原付ならこの辺は問題ないでしょう。

ただミッション車はABSで軽いものにしていただきたいかと・・。

オフロード・トレイル車両について

tuti

積極的に前後のブレーキを使い分けたり、それぞれの強さを任意で変える必要があるオフロード車についてはさすがに今回の義務化から除外されることになりました。

これはちゃんと乗ってる人の
意見が反映されていて
賢明だと思いますね。

乗っている人はわかる話ですが、サスのストローク(稼働量)が大きく、キャリパーも比較的小さ目なオフ車はそもそもフロントロックってめったにしないもんです。

とりあえずこの辺を心配してた人一安心ですね。

ABSをキャンセルしたい

「そもそも人間の方で何とかしたいんでABSはいりません」

という人もいるでしょう。

政府もその辺はわかっているようで、ABS装置がついていればという条件付きですが、それをキャンセルできるというのが今回の決定内容です。

つまり、ABS自体を取っちゃうのはダメですが、スイッチなどでオフにするのはアリにします。

ということです。

この辺はうまく使い分けられればいいですが、スイッチのいれ忘れとかで事故らないように気をつけなくちゃいけませんね。

また今のバイクもいろいろと走行モード調整機能がついてますよね。

r1

参考元;http://o.aolcdn.com/dims-shared/dims3/GLOB/crop/1268×844+28+0/resize/590×393!/format/jpg/quality/85/http://o.aolcdn.com/hss/storage/midas/f8241dcf6e43f777a22abfc0ef2d0594/201854285/2015_YAM_YZF1000R1_EU_MS1RB_DET_008_03.jpg

どうせ運転補助装置なんですから,、ABSの設定も組み込めるといろいろな走り方ができて面白いかもしれません。

昔と違ってユニットも小さくなって
高度化して安くなってます。

今はABS価格が設定されてますが、もっと汎用化するので値段も下がるかもしれませんね。

ですので、「義務化」と聞いてドクサイだとかアベノセイダ―なんて学生組織して騒ぐ必要もなくて、極めて民主的な方法で粛々とやってくれるそうなので安心ですね。

スポンサーリンク




いつも記事をご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると非常に励みになります!

コメントについて

コメントは記事のご意見やご感想、情報提供をする場として活用していただければと思います。

なお、コメントの反映には時間がかかることがありますので少々お待ちください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る