バイクを自分でオイル交換する方法!選び方と用意する道具・手順は?

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると非常に励みになります!

主なバイク用エンジンオイルの種類

エンジンオイルと言えば4輪車用とバイク用との2つがあります。

車用のオイルが安いからといって
4輪車用のものを使わないようにしましょう。

4輪車用とバイク用のオイルとでは微妙に配合されている成分が異なりますし、クラッチが滑ってしまい最悪の場合走ることもできなくなってしまうからです。

このように見た目は同じように見えて
細かい所は全く違うので
必ずバイク用を使用しましょう。

そして、一口に「バイク用オイル」といってもいろいろな種類があります。

車用オイルを使っては行けない理由や、
オイルの仕組みについて
詳しい解説をしていきますね。

4ストローク用と2ストローク用

本当にこう思っている人が実際にいたのでおさらいしますが、4輪だから4ストローク2輪だから2ストロークというわけではありません。

ストロークというのは
エンジンの燃焼方式です。

4ストロークオイルは潤滑しながら循環するので、一定期間使用した時点で交換する必要があります。

これに対して
2ストロークオイルは構造上
循環機構を持てないので
燃料ごと燃焼させるタイプのオイルを使います。

つまり共有性はないので、
気を付けてください。

車用とバイク用オイル

また、4ストローク用なら何でもバイクに使えるかというとそうではないのです。

車の場合オイルはピストンとシリンダ―、カムシャフトやコンロッド周りを潤滑して、ミッションについてはギア用のミッションオイルが担当します。

img1[1]img2[1]

参考元: http://www.ysgear.co.jp/mc/oil/yamalube/difference/

これに対してバイクの場合はエンジンとミッション、そしてクラッチも同時に潤滑する構造になっています。

バイクの場合、
車とくらべて潤滑範囲が多いこと
気筒ごとの馬力が高く
車よりも高回転で使います。

なのでより耐久性の高いオイルが必要になる、ということです。

逆に、2輪用4ストロークオイルを4輪車に使用しても問題はありません。(不経済かもですが)

でも、前述のとおり4輪用のオイルを2輪に使った場合、ゆくゆくクラッチが滑ったり、ミッションが焼けてしまいます。

そのため同じ銘柄でもバイク用と車用があって、バイク用あるいは4輪と兼用できるオイルにはミッションを痛めないための減摩材剤が入っていて規格も異なります。

4輪車用オイルと2輪車用オイルの見分け方は?

見分け方はというと
次のようになります。

車用ですと、APIという米国石油協会の定めたSL<SNの規格か、ILSAC国際潤滑油認証&承認委員会が定めたGF-3<GF-5という規格でグレードが缶に書かれています。

バイク用はオイル缶に

JASO MA
あるいはJASO MB

と書いてあればバイクに使用できるオイルです。

JASO規格はMAで品質安定性(せん断性)に優れるもの、MBは摩擦係数に優れたバイク用の低燃費オイルであることを示す日本うまれの規格です。

くれぐれもオイルはバイク用のものを選びましょう。

まあ、バイク用品店でオイルを買うようにすればいいですね!

エンジンオイルの材質と特徴は?

オイルの材質には大きく分け3種類あり
それぞれ見た目は同じように見えても
性能は全く違います。

このような感じですね。

 種 類 特      長  経 済 性
鉱物油原油をろ過したり、焼き込んで精製して作られ、基本性能は確保されている。 リーズナブル
 化学合成油 期待される性能を引き出すため、人為的に分子レベルで科学的に設計・合成され、潤滑油として最適なオイルです。鉱物油より高くなる
 半合成油 鉱物油と化学合成油を混ぜて、それらのいいとこどりをしたオイルで、性能的にもバランスが取れています。 鉱物油と半合成油の中間の値段

また、オイルの粒子の大きさは鉱物油>半合成油>化学合成油 となっていて、鉱物油は昔から存在しているため古いバイクに適しています。

古いバイクに化学合成油を使っても性能を発揮します。

しかし、

鉱物油の使用を前提に設計されているエンジンを使用しているので、化学合成油を使用するとオイルの分子が細かすぎてオイルが滲む、という現象が起こります。

なので、オイルについては
その車種の時代に合ったものを
メインに使っていくといいでしょう。

オイルの選び方

オイルの選び方について、さらに細かい所まで説明していきます。

目的で選ぶオイルの種類

ここまでで、大体オイルの大まかな種類や分類がご理解いただけたのではないかと思います。

たまにご質問をいただくのですが、

「同じバイクのオイルで100%科学合成油なのに、
かなり値段の違うものがあるのはなぜか」

というお話をしていきます。

オイルは先述のように、合成・鉱物・半合成という種類があり、これらをベースオイルにして、様々な添加剤が添加されて一つの製品になっているのです。

例えば、100%科学合成オイルの素材も
エステルをメインの原料にするもの、
パラフィンを原料にするものとがあります。

一般的にエステルの方がせん断性や、熱安定性に優れるとされ、高級オイルには大概このエステルをメインにしたものが多いようです。

しかし、原料の比較的安いパラフィンに添加剤を投入することによって弱点を克服し、エステル以上の性能を引き出すことも可能なのです。

あるいは添加剤の量を減らし、
ベースオイルの純度を高める方法で
高性能で安いオイルをつくる
というメーカーもあります。

こうして各オイルはその狙いによってベースオイルの質や、添加剤の質が違うという為、値段も違ってくるのです。

そうしたことも加味して、ご自分のバイクの走行では、オイルにどんなことを求めるのか、

例えば、熱ダレをしてほしくないとか、高回転まで回しても大丈夫なものとか、あるいは値段を極力抑えて基本性能を押さえたい等の要望に合ったものを選ぶということです。

オイル粘度とは?

エンジン内部の部品には、部品どうしの隙間、つまりクリアランスがあります。

特にピストンとシリンダーで、
クリアランスが大きいもの小さいもの
メーカーやバイクによって様々です。

例えばSSバイクのような高回転高出力バイクにはクリアランスの小さいエンジンが、反対にSR等エンジンのゆっくりまわる空冷エンジンのバイクなどはクリアランスは比較的大きめに取られています。

オイルの粘度は隙間の大きさや
狙ったエンジン回転の速さによって
設計段階で指定されたものです。

なのでカタログや、メインテナンスノートに指定のオイル粘度が記載されているはずです。

必ずこれをチェックしましょう。

高いオイルでも
指定された粘度のオイルを使わないと
壊れてしまいますからね。

オイル粘度表記の意味

オイルの缶によく5W-40とか
15W-50という表記があるのを
見たことがありますか?

これがオイルの粘度、つまりオイルのやわらかさ、かたさを表しています。

このW冬のWinterのことで、最初の数字は使用できる寒さを表しています。つまり0Wの場合、零下35℃、5Wは零下30℃、10Wは零下25度でも使えますよという意味です。

また後半の数字はオイルが100℃になったときの粘度を表しています。

数字が高くなるほど
オイルは固いオイルになります。

バイクでは、例えば5W-40が指定オイルのところを、10wー50を少し混ぜただけでもシフトが重くなったり、エンジンのフケがやや重くなったりします。

先述の通り、設計上その粘度のオイルが必要となっているわけですから指定粘度は守りましょう。

たったのこれだけを知っておくだけですから簡単です!

あとは車種ごとの特性を知れば
簡単にオイル交換ができるようになります。

不安な場合は用品店の店員さんに車種を伝えて選んでもらいましょうね。

では、実際にオイル交換をしていきましょう。

フリーな人生を楽しむライダーになりませんか?




スポンサーリンク







いつも記事をご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると非常に励みになります!

コメントについて

コメントは記事のご意見やご感想、情報提供をする場としてご活用ください。

なお、筆者はコンサルティングファームに所属している激務ライダーであるが故

記事をマークザッカーバーグのごとくハッカーウェイの精神で執筆しております。

そのため、記事内容には若干の誤りがあったり、誤字脱字が出て来ることもあるでしょう

その場合には、コメントにて問題点をご指摘いただけますと幸いです

(ただ、人と接する時の”礼節”はサーキットでのSNELL規格ヘルメットの如く持ち合わせてください)

なお、コメントの反映には時間がかかることがありますので少々お待ちください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る