お尻が痛くならない・足つきの良いバイクシートの選び方と対策グッズ

2016-08-22_135739

皆さんはお持ちのバイクのシートについて
困っていることってないですか?

シートについての悩みというと
たいていはこんな感じです。

「高さが合わないんだよね」とか
「長く乗ってるとお尻が痛くてさ」

などということではないでしょうか?

今日はそういった方のお悩みを解決する方法や、社外シートの選び方をお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

バイクのシート高さ解消の方法は?

身長が高い方でしたらこの悩みはまずないでしょうし、
どんなバイクも悩まず乗れると思います。

筆者も実は身長162㎝しかないちっちゃいオッサンなので、つま先立ちで乗らなきゃいけないいわゆる「バレリーナ状態」のバイクはたくさんあります。

中でもオフロード車のWR250Rに乗ったときなんか白鳥の湖状態でした(笑)

v

参考元;http://www.arl-design.com/ballet/gypsy/index.html

特に女性ライダーにはこれは教習所の「引き起こし」に続く第二の関門になるかもしれませんね。

この問題の解決には4つの方法があります。

  • バイクをローダウンする。
  • ローシートを購入する。
  • シートを加工する。
  • 我慢する。

では、順番に紹介していきますね。

方法その1.バイクのローダウン化

シートについて触れる前にあえて最初の項にしました。

これにはちょっと訳があります。

純正社外を問わず、
ローダウンキットやローダウンサスは
幅広い車種に渡って用意されていますよね。

これを付ければ、高さ的な問題はたいていクリアできると思います。

それはそれで結構なことなんですが、
これにはいくつが犠牲が伴うことをご存知ですか?

メーカーはバイクを開発するにあたって、
人間を重心の一部として考えて設計します。

いささか語弊ものは承知ですが、
わかりやすく単純に言うとそういうことです。

ですから、

  • 着座位置を前にするのか、
  • 高くするのか低くするのか。

どちらか選ぶことになります。

これはステップの位置もそうなんですが
1㎝単位で結構違ってくるんです。

ちょっとメトロノームを思い出してください。

mm

参考元;http://img.kb-cdn.com/imgviewer/Q2R4UHZGbnlsYktYY2xMRktwMUFIaTJCc
kFCaTI2TUZ1U3RRc2lzS05wU2xCZjlnR3pzQVk2Q01CaVljbCs0clc5YngzLzNmYTZaMlBPeTZmODJMSTc0VmdPS0pJa282a2RRMGtzOVRqcnNoaEh3UEE1
YzlnRmQ3dnpFcm1RMFRLSHJsa2FlaFdrLzNqZWZhM3p6Vmo2Szd6N0FTbnhhL1QyL1RDQlFXUk4zTTVSM3YwZzkzNm16TVBrYzNJRDZh?square=0

メトロノームの針には速さを変える重りがついていますよね。

メトロノームの針をバイクを後ろから見たところ、
その重りをライダーだと思ってください。

1990年中盤までのバイクは低重心かを狙って、
着座位置を低い位置に設計していました。

これは安定性の確保を狙ったものです。

750

’94 YZF750SP

参考元;http://www.yamaha-forum.net/forum/82-fzs-fzrs-yzf-750/4298-my-new-yzf750sp.html

でも最近のバイク、特にオフ車もそうですが、
全体的に重心位置が上がっています。

scr

最新の2CR型YZF-R1

参考元;http://blogs.yahoo.co.jp/purun_010/35305561.html

どうでしょう、同じ角度の写真を大体同寸で上下に並べましたが、新しいバイクの方がエンジン搭載位置もシートの位置も高いのお分かりになります?

ライダーが低い位置にあるとき、
バイクを寝かせようとする力は重くなり、
ライダーの位置が高ければ高ければ軽くなるんです。

なので、よりバイクにライダーの意思を伝えやすくした結果、
今では多くのメーカーのバイクの重心が高くなってきています。

またシートやステップが高いほど
バンク角も稼げるということになります。

オフロードバイクで言えば、これは
サスペンションの稼働量を稼ぐためでもあるんです。

yz

2016年型 YZ450F これはもう天狗の下駄がいるレベル(笑)

参考元;http://www.autoevolution.com/news/yamaha-shows-2016-yz250f-and-yz450f-competition-bikes-photo-gallery-96295.html

当然バイクなので、単純に左右の振り方だけではなく前後のサスの稼働量とかそういったものも大きく影響してきます。

ですからやたらとローダウンしてしまうと、
もともとのバランスが崩れ、
そのバイクの設計者が狙った形での
バイクとは違ったものになってしまうんです。

簡単に言えば、バイクの持ち味を削いでしまうかもしれないということです。

先に挙げた選択肢で

「我慢する」

というのを上げました。

つまりこれはバイクの持ち味を優先し
ライダーが工夫して何とかするということです。

筆者もWR250Rを買って家に帰るときに、本当にどうしようかと思いましたが、乗り降りを工夫して縁石頼みの信号待ちで我慢しました。

筆者の周りでも何人かこういうふうに
バイクの性能最優先の人はいました。

絶対にローダウンはするな
ということではないんですよ。

色々仕方ない事情もあると思います。

できるだけローダウンはバイクの性能を優先して、シートもいろいろやった先であくまで最終手段として考えた方がいいと思います。

多少なら靴やブーツで工夫もできますからね。

「いや、それでも必要だ!」という方のために一品だけ例としてご紹介しておきましょうね。

wr-s

参考元;https://www.ysgear.co.jp/Products/Detail/top/model/1069/item/Q5KYSK057F01

ワイズギアのWR250R用ローダウンキット 60,480円です。

これはコースでのジャンプを想定していない林道用のサスになる。」
と説明書きにもあので、だいぶバイクの性格も変わるというのがお分かりいただけますよね。

スポンサーリンク

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると非常に励みになります!

あなたのバイクの買取り値段、1年後には半額かも?

もしも今乗っているあなたのバイク、売ろうと思っているなら今が一番高いかもしれません。

本当に欲しいバイクがあるのなら、早いうちにコツコツ資金を用意しておいたほうがいいです。年数を経るごとに金額が安くなっていくのも事実ですから…。

査定自体は無料ですし、金額だけでもチェックしておいて新しいバイクを買う準備をしておきましょう。

筆者オススメのバイクの査定額をUPする方法と、キャッシュバックもやっているオススメ業者を紹介します。

コメントについて

コメントは記事のご意見やご感想、情報提供をする場として活用していただければと思います。

なお、コメントの反映には時間がかかることがありますので少々お待ちください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る