バイク盗難の手口と盗まれやすい3つの車種!おすすめの対策法を紹介

d

筆者は幸い自分の愛車を盗まれたことはないのですが、
大学生の頃は友達が良く被害に遭いましたね。

大概は街のガキンチョのいたずらで、
多少壊れていたけれど
車体は何とか見つかる。

とりあえずゃんと帰って来るケースが多かったです。

それから10年くらいたった後だったか、’98年に初期型のYZF-R1が出たあたりでYZFのメーリングリスト(以下ML)に参加していたんです。

このときはまぁ、
あっちからこっちから
「盗られた」「やられた」
と被害報告の 嵐でした。

R1のカスタム自慢やメンバー同士の交流なんかが主なMLだったのに、いつしかどうやって盗難対策をするかと考える場になったりして。

今回はバイクが盗難に遭う確立や、盗難に遭いやすい車種、犯行が行われやすい状況などを調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

バイクで盗まれやすい車種は?

まずはじめに、盗まれやすいとされるバイクの車種について説明してきます。

ダントツで多いのはスーパースポーツ

スーパースポーツクラスは全般的に盗まれやすく、中でもYZF-R1は外国からも窃盗団が狙います。

scr

参考元;http://blogs.yahoo.co.jp/purun_010/35305561.html

全般的にこのクラスは海外で日本の相場の2倍から3倍で取引されるので、かなかりおいしい物件となるようです。

オーナーの方は注意が必要です!

2番目はやはり旧車

先日も大阪でCBX400に乗った人が後ろから来た車に止められてバイクを持ち去られる事件が起きてます。

cbx

参考元;http://www.motorcyclespecs.co.za/model/honda/honda_cbx400f%2081.

なんでも300万円で取引されてるんだとか?

昔、教習者だったのに
R1の現行車より高いって
世の中どうなってんだ?!

ってそこじゃないですよね。

でも追いはぎされるくらいですからオーナーさんは気が気じゃないですね。

三番目は、Zのつくスクーター

定番といったら怒られますが、ZXとかZ4とかZRとかZR4とかZZなんていう尖がったスクーターです。

zr

http://www.mbok.jp/item/item_485857433.html

それにしてもなんでみんなZとかXとか好きなんですかねぇ、まぁどうでもいいですわ。

この辺はガキンチョが狙うのも多いんですが、エンジンだけでも値段が付くんで、上がりの悪い泥棒なんかも持っていくらしいですね。

あとは一昔前のイモビライザーがないバイクも同様です。

気を付けましょう!

少年犯の多い「オートバイ盗」

前段の筆者の友人たちの経験からもこうした場合は車両が返ってくるケースが多いものです。

10年前と比較するとは平成16年度の被害オートバイ還付(盗まれて帰ってきた数)は37.7%

それが平成25年度になると
45.0%迄上がってきています。

(参考元;警視庁、平成25年度犯罪情勢。図表2-3-(5)-3)

言うなれば不幸中の幸いってことですね。

検挙率も上がってきて一安心?
じゃあいいのかって
全然よくありません。

残りの55%は還付されてないんですよね。

ライダーからしたらこの辺はすべからく、
逮捕してもらいたい所です。

taiho

参考元;http://r110.blog31.fc2.com/blog-entry-73.html

以前もブログの中で、盗難についてはお伝えしたことがありました。

この中では警察の犯罪白書によるといわゆる「オートバイ盗のほとんどは少年犯罪であることが多い」ということをお伝えしました。

もう少し詳しく言うと、
オートバイ盗は平成16年度で
9,203人が検挙されていて、
そのうち94%に上る8,735人が少年です。

それが平成25年度になると検挙が4,057人と減りましたが、少年の割合は94.3%と依然高い数値をキープし、3,826人の少年が検挙されています。

30代や40代でオートバイ盗で検挙されている人間はせいぜい2桁前半しかいないんです。

20台で3桁、それが10台だと4桁に及ぶ少年がオートバイ盗で捕まっています。

残念ながら犯人の年代別でのバイクの還付率に関する数値が分かる数値はありませんが、

子どもの犯行だと、たいていはイグニッションの電源にバイパスをつくって『直結』したり、マイナスドライバーでしてキーシリンダーを破壊するというのが常套手段ですね。

なので軒先に空いてあったり
団地の駐車場みたいに
誰でも手に触れられる状態のバイクで
スクーターとかイモビライザーのない
簡単なものを盗ってくことが多いようです。

ぬ~すんだバイクで走り出して乗り回して山に捨てる、「だれにも縛られたくないと自由になった気がした15のよ~る~」でしたっけ。

結局、気がするだけで自由でも何でもないんで本当やめてほしいですよね。

そうやってちょっとだけ尾崎な気分を味わった子ならどっかに乗り捨てて終わる子が多いようなので、少年犯の場合はバイクも比較的に見つかりやすいのではないかと思います。

少年犯でも、盗難車乗り回して
スカッとするくらいなら
まだ更生の道は明るいです。

それ以前に、この子らに盗ませないことが大事です。

犯人を憎む前にまず、盗ませない。

ガキンチョでも誰でもとにかく我々のお宝に手をかけるってことは許せません。

落ち着いて考えればですよ、
誰でも手をかけられる状態だった
ってことです。

なので 、どうやったらバイクに手がかからなくするかってことが大事なんです。

意外なことに、バイク盗の約三割のバイクは鍵を着けっ放しにしたことでおきているんです。

平成25年の数字で盗まれたバイクのうち、なんと13,265台ものバイクに鍵がついていたんですよ。

「ちょっとした時間なら大丈夫だろう」

みたいなことでしょうか?

またスクーターの「メットインシートを開ける鍵がぶらさがってるよぉ!!」って結構見かけますからね。

これらはみすみすバイクを「盗ませている」といっても過言ではありません。

とにかく隙を作らないことが肝心なんです。

スポンサーリンク

バイク盗の実像

平成25年度、全国のオートバイは3,575,746台の保有台数があるとされています。

同年全国では43,729台のバイクが盗まれました。

盗難に遭いやすい地域としては、関東一都6県はもちろん、愛知・岡山・大阪・福岡等やはり都市部での盗難は多くなっています。

台数当たりの盗難比率は1.233%ということになりますが、同年の国内向け二輪車の出荷台数が78万台ですから、かなりの数のバイクが盗まれたと言えるでしょう。

平成16年当時は、なんと126717件のオートバイ盗が起きていました。

ここ約10年で4分の1程度にまで減ったというのは歓迎されるべきでしょう。

今はバイク自体が少なくなったり、
バイクに興味を示す若い子が減っている
というのもあるのですが、
依然少年犯の比率は変わらずに多いわけです。

なので、一般に無力といわれているU字ロックや車体カバーも少年を泥棒にしないためには一役買っているんだと思います。

この辺は基本グッズとして引き続き使っていきましょう。

メーカーもカギにICチップを入れてチップの中の情報との整合性が取れない限り、エンジンが回らない仕組みを取り入れるなど盗難対策に力を入れてきました。

今時、「何色のコードと何色のコードでイグニッションを直結できる」なんてことを知ってるぐらいじゃ簡単に盗めませんからね。

それでも少年犯の比率がキープされちゃってる現実はあるのですよ。

s

筆者の知り合いに15の時バイク窃盗団入って
16で逃げるように辞めてきた子がいて、
その辺から話を聞いています。

組関係への道まっしぐらな子が認められたくて、「壱人前」になるために獲物を見つけて親分連れてくるんですな。

親分たちは組の人とつながってて、自前のヤード(工場)を持っていて、船まで確保してますから、あっという間に部品にして第三国にしちゃうんです。

バイクを盗られて最悪なのはこうやってプロの窃盗団に狙われ、イリュージョンのように愛車が消えることですよね。

オートバイ盗の手口

侵入経路や逃走経路まで周到に下見をして、
見張りを付けたりバイクを担ぎ上げたり、
大概は3人~6人くらいでやって来ます。

窃盗集団ともなれば、道具も簡単なものから高価なものまで取り揃えていて、巷の防犯グッズって大概無力化できちゃうらしいんです。

ここに獲物があるとわかれば必ずやってきて、U字ロックは×××でグイッと音もなく1発で外れちゃいますし、とにかく車体を台車に乗せて2分もあれば持ってっちゃうんです。

車種的にはバイクもSS系の高級車種、やハーレー等を専門にやっている輩もいるようですが、
とりあえず取りやすいバイクがあれば数を稼ぐために選ばないという輩もあるようです。

つまり高級車種はもちろん注意が必要ですが、
中型も原付もほぼ全車種に渡って
注意が必要なのは間違いありません。

bs

参考元;http://baikuyasakae.blog130.fc2.com/blog-entry-453.html

こりゃぁひどい。

防犯に有効なグッズや方法とは?

このように窃盗団に一度狙われると
かなり厄介なわけです。

でもちょっとした知恵で盗難に遭う可能性をグッと減らすことができるんですよ。

いいですか?

そのヒントは先ほどの黄色く囲った部分に隠れています。

防犯の大きなポイントが
4つあるんですが
わかりますか?

先に答えを言いましょう

  • 「獲物があるとわかれば必ずやって来る」
  • 「音もなく」
  • 「台車に乗せる」
  • 「2分もあれば」

これがキーワードです。

もし泥棒の養成校があれば試験に出るでしょうね。

「獲物があるとわかれば必ずやってくる」

そもそもの話ですが、バイクが誰でもさわれる場所にあるのは問題です。

窃盗団からすれば、

「触れるもの、行けそうなものは盗れる」

という意識があるのだそうです。

ですので、

バイクは極力隠すというのが鉄則です。

一軒家で少しでもスペースが取れるようなら、必ず敷地内で他人の手が届かないところに移動しておくことをおすすめします。

でもどうしてもバイクを野外の公共スペースに留めなくてはならない場合もあると思います。

こういった場合、
まず普段からバイクの洗車や整備を
軒先で行うことを避けましょう。

つまり、「ここにバイクあります」と言いふらしているようなものです。

とにかくバイクの存在を
目立たないようにするのが
最も大切です。

デイトナ(DAYTONA)バイクカバーブラックカバーシンプルL74452

Amazonにて3,480円

例えば車体カバーを黒いものにするもの一つで、これは夜に下見をするような犯人に効果があると言われています。

後述、「音を出す」ということにも言及しますがカバーでも音について工夫できます。

このカバーも複数被せてタイヤチューブなどで固定すると、かなりがさがさと物音がします。

これも泥棒の種類によっては
効果があると言われています。

 「音もなくロックを外す」

再犯防止のために詳しく書くことはできませんが、U字ロックに関して言えば、一般の人が良く知るあるものをひっかけて簡単に破壊できてしまいます。

ですがこれは先述のように初犯の少年に自分のバイクを狙わせないためにも一応かけておく、
というの必要です。

で、このあるものをひっかけられないようにしておくため、ディスクロックがオススメです。

泥棒の種類によっては
これであきらめてくれるようです。

こちらはバイク用ディスクロック【警報アラーム付】

Amazon1,930円で売っています。

問題は「音もなく」の部分。

つまり、触ったら音が出る仕組み、警報イモビライザーが必要です。

もちろんイモビライザー単体でも効果はあるでしょう。

しかし、多くは書きませんが
イモビライザーの電源が
独立していないと無力化される
という恐れがあります。

ですから、電源が独立しているアラーム付のディスロックの方がオススメなんです。

敵はどこにいるかわかりませんから、これなら携帯性に富みます。

出先の防犯もガッチリですね。

「台車に乗せる」ことができる状況を考え直そう

最終的にはワゴン車やトラックでやってきて、カギを付けたままのバイクを台車に乗せて車に押し込まれてしまいます。

こうなると車体に取り付けた
ロックだけでは太刀打ちできません。

これは電柱や地面から出ているポール等アンカー類にバイクを繋げる、いわゆる「地球ロック」で防ぎましょう。

tr

参考元;https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=252×1024:format=jpg/path/s116621567a45e33c/image/ib0aba35b3adb2cd4/version/1420707100/%E5%9C%B0%E7%90%83%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF.jpg

この地球ロックについてのポイントですが、極力太い鋼鉄製のチェーン等が良いですね。

またこれくらい大掛かりになると、
周到な下見と人数が必要になります。

そのため、場合によっては「予兆」がある場合もあります。

  1. バイクカバーがずれていた。
  2. 見かけない人が怪しくバイクをチラ見して通り過ぎる
  3. 普段見かけないワゴン車・トラック(大きさを問わず)路駐している。
  4. 怪しい人影がこちらを見るでもなく立っている、あるいは携帯で連絡している。

これ以外にもいろいろあると思います。

筆者が友人宅にいたとき
友人のバイクが盗られたのですが、
まさしく4はありました。

最初なんだろう、と思うのですが8割がたバイク盗と思っていいので、携帯片手に奴がバイクに手をかけるのを待ってから110しましょう。(怪しいだけでは警察は動いてくれません)

2分もあれば持っていく

そして3つ目の「2分」ですが
窃盗犯は時間がかかるのを嫌います。

ざっと2分から2分半以内で
盗れなさそうなら手を付けない、
あるいはあきらめる
と、言われています。

ですから、どうしても野外に置かざるを得ない場合は、かなり時間がかかるバイクの係留方法が必要になるということです。

つまり、

  • 軒先での整備をしてバイクの存在を知らしめない。
  • 明細柄や黒いカバーでバイクの存在を目立たなくする。
  • 地球ロックや複数カバー、何重にもロックを使いメンドクサイ方法で係留する。
  • しまいには音が出るようにする。

これが最低ラインだと思ってください。

安全はタダではないと心得る

アラームも地球ロックも関係なく狙ったら何分かかろうとも必ず持っていく奴もいるそうです。

泥棒誰もがそうだというわけではないそうで、泥棒界でもヒエラルキーの高い人間らしくそうわいないといいます。

ドロボーでヒエラルキー高くても
偉くはないですけどね。

しかし、たとえ一握りでも
こんな奴に遭ったらお手上げです。

何か有効な手はないのでしょうか?

ここまでの手立てをしても
持っていくしぶとい野郎には、
あと2つしか手が残っていません。

GPSを味方につけよう

一つ目は防犯用のGPSをバイクに装着することです。

ss

参考元;http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/navi/10/index2.html

携帯キャリア各社からも同様のサービスが出ていますが、いろいろ見る中ではSECOMのココセコムセコムが一番お勧めできると思います。

入会費(ネット割引適用で4,500円)月々の利用料はたったの900円~。

しかもいざというときは
セコムの警備員さんが
現場に急行してくれます。
(出動料、一回10,000円)

機器の種類がバイクの電源を使うタイプと独立タイプとがあります。

バイク電源型はコンパクトでいいのですが、電源独立タイプで予備バッテリーをお持ちになる方がいいと思います。

(一回の充電で最大340時間作動)

設置を見破る泥棒もいるらしいのですが、
泥棒にしても難しいことらしいので
かなり効果はあります。

実際このサービスは大きな組織のヤードをいくつも発見して窃盗団摘発に至った実績があります。

そんなサービスが月々900円はお得でしょう。

そもそも家に置かない

はっきり言って
「大丈夫」なんてものは
ないのかもしれません。

自宅の敷地やマンションの防犯カメラ付きバイク置き場でカギのかかるところなら工夫のし甲斐はありますが、これでも完全とは言えません。

まして置き場が軒先しかないというのは危ないですよね。

そういったときには月決めのバイクガレージやバイク用のコンテナボックスが便利です。

手っ取り早くバイクを隠すことができますし、予備パーツの保管などにも役に立ちます。

料金は場所にもよりますが、
探せば9,000円位からの
安いものも見つかります。

bg

参考元;https://tomybikepark-com.ssl-xserver.jp/chiba_area/chiba

ただ、コンテナの場合も選ばないといけません。

アンカーがないもの
簡単な南京錠でしか
ロックできないものなどは破られたり、
コンテナごと持ち去られることがあります。(ごく稀ですが・・・。)

筆者の友人は防犯会社と契約しているバイクを屋内型貸ガレージスペースに預けている人がいます。

aa

参考元;http://www.showakensetu.co.jp/garagehouse/

専用のピットがあったりするので
走りに行けなくても週末はそこで
バイクをいじって楽しんでいます。

月々はやはり少し出費が出ますが、防犯とバイク環境を買っていると割り切っておかみさんに反対されながらも死守している姿はいじらしくもあります。 ガンバレー!

ネットで探すとタイプや料金もいろいろなものがありますので、必ず現地を見ながらご自分の条件に合うものを選ばれてみてはいかがでしょうか。

まとめ

バイク自体の防犯技術も
これまでいろいろ開発され、
メーカーも工夫を凝らしてきました。

しかし敵もさるものです。

究極は防犯設備のあるガレージに入れておくのが一番なんですが、毎月の料金も確かに気になります。

犯人はとにかく顔が割れるのを嫌います。

なので人感センサーでようにするとか、
ダミーの防犯カメラも効果があります。

これまでお話しさせていただいた内容を考慮して、ご自分の状況に合うようにいろいろと工夫してみてください。

結局のところバイクの防犯は侮ることは許されず、コストがかかる問題であることは認識しなくてはいけないのです。

スポンサーリンク

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると非常に励みになります!

あなたのバイクの買取り値段、1年後には半額かも?

もしも今乗っているあなたのバイク、売ろうと思っているなら今が一番高いかもしれません。

本当に欲しいバイクがあるのなら、早いうちにコツコツ資金を用意しておいたほうがいいです。年数を経るごとに金額が安くなっていくのも事実ですから…。

査定自体は無料ですし、金額だけでもチェックしておいて新しいバイクを買う準備をしておきましょう。

筆者オススメのバイクの査定額をUPする方法と、キャッシュバックもやっているオススメ業者を紹介します。

コメントについて

コメントは記事のご意見やご感想、情報提供をする場として活用していただければと思います。

なお、コメントの反映には時間がかかることがありますので少々お待ちください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る