中古バイクのオススメの選び方とコツ!買ってはいけない特徴の見分け方

2016-03-19_213041

最近はお店に買い物に行かなくても、インターネットを通じて衣食住ほとんどのものが手に入る時代になりました。

しかし、商品に質を求め、保証を求め、他のネットショッピングと同様にお考えであるなら、それは中古バイクの上手な購入方法としていささか疑問です。

あなたが求める中古バイクは在庫さえあれば、フルレストアできる自信や根気、お金さえあれば何を買っても問題ないですが、下手な中古バイクの選び方をしてしまうとすぐに壊れてしまうのでむしろ高くついてしまいます。

今回は中古バイクを選ぶときのコツや、見過ごせないポイント、上手な購入方法を考えていきます。

スポンサーリンク

値段が安いだけじゃ、本当に安いバイクとは言えない。バイク選びのコツ

好みのバイクがあれば、できるだけ安くそれを手に入れたいというのは、当然のことです。

最近は中古バイクも例外ではありません。一昔前までは、中古バイクの写真だけだったバイク通販も、今では動画を使ってバイクのコンディションまで確認できるようになってきています。

今では「全国配送可能」というバイク屋さんもありますから、この際、安値で検索して、とにかく安い中古バイクを、いや値段的に低い数値を探そうと思って気が逸りますよね。

インターネットさえあれば、全国のバイクショップの在庫の中から、一番安いバイクを探すなど、今時カップラーメンのお湯が沸く前にできてしまうでしょう。

しかし中古バイクの場合は、新書の本をネットで買うのとは全く勝手が違います。いくら買い方が便利になっても、中古は中古。

バイクの中古車購入は「割りきって」考える

中古バイクは言い換えれば、使用や経年によって各車体ごとに、不均一に劣化したものを購入するのだということを忘れてはいけません。

ですから、新車を100点だとすると、

 「あなたは何点までを合格としますか?
「本当に、この車両がその合格点に達していると思いますか? 」

ということを判断するのが中古車を選ぶ、という作業なのです。

中古バイクを選ぶためのテクニック、つまり、しっかりした判断力を養うことが基礎的なバイク選びのコツということになります。

そう考えると単に「安い値段を探し出すための検索というのはナンセンスです。「安くて、良いバイク」を探すための目安をご自身の中にしっかりさせる必要があります。

「状態が良いわりに安いバイク」を探すにあたっては、当然、走行距離や年式、傷の有無や劣化の進み具合などを考慮するということが具体的なコツです。

情報誌やネットを使ってバイクを選ぶとすれば、

・その車種の「良い状態」
・その車種の中での「安さ」

この2つを条件に、数ある中から相対的に判断することが大切です。

文明の利器を最大限に利用して目を肥やす。ネットの便利なところは、その場でたくさんの車両の情報を閲覧できることです。

ですから、そのメリットを最大限に活用しましょう。

中古バイクの見分け方!絶対に買ってはいけないNGポイント

好みの車種が決まったら、この強みを最大限に利用して、できるだけたくさんその車両の情報に触れておくようにします。

まずは徹底的にリサーチの数をこなす

例えば、年式ごとの特長、モデルチェンジ時の改良点など、軽くそのバイクについてオタクになるくらいがいいでしょう。

とはいえ、全国のバイクすべてを見るわけにもいきませんから、まずは地域だけを指定して検索をかけ、その中の値段と外装状態などを細かく20件以上は見ておくといいでしょう。

そうすることで、外装状態や走行距離から判断される程度と相場の関係がだんだんと見えて、的が絞りやすくなります。

2016-03-19_213134

具体的には、「走行距離に対して、この外装状態だとこの値段なんだなとか、「外装はいいけど、走行距離で安くなっているのか」などバイクの値段が、より奥深く把握できます。

簡単に言えば、その車種を見る目が肥えてくるということです。

ですから、中古車を買おうと思って最初にするべきなのは、欲しいバイクの程度、相場、提示価格を立体的に把握するということになります。

この見方ですとどうでしょう、最初に「一番安い」と思ったバイクは相対的に見て「安くて、良い」バイクだったでしょうか。

ただ、ここで注意して欲しいのは「値段に飛びつくだけではしっかりしたバイクは選べない」ということです。

五感を駆使してスカタン中古バイクを嗅ぎ分ける

スイカなら、ヘタが緑で、たたいた時に他より高い音がして、緑と黒の濃淡がはっきりしているものを選ぶ。実がぎっしりして甘いものと、実の詰まっていない、まずいスカタンの見分けがつくのだそうです。

予算に見合って、しっかりした車両を手に入れるには、このスイカのようにわかりやすい見分け方があるのでしょうか。

ポイントを押さえて、買ってはいけないバイクを見分けましょう。

その見分け方のポイントをバイクの主要部分ごとに分けてみると、次のようになります。
事前にネットなどで、希望車種で同年式の新車状態の写真を用意して、見比べると良いでしょう。

1、中古バイクのフロント周りのチェックポイント

  • ⑴ブレーキを握ってフロントフォークを沈ませたとき、当たりを感じたり、フォークオイルに漏れやにじみがないか。
  • ⑵バイクをまっすぐにして、ハンドルを左右に振ったときに、
・左右のストッパーの位置が極端に違うか、ストッパーがないか
・ハンドルの回転のどこかに引っ掛かりはないか
・ハンドル操作に伴って車体が大きく上下していないか。
  • ⑶フロントのパーツがほかのパーツに比べてきれいで新しくないか。
  • ⑷キャリパーやホイールが旧年式や他車の流用品になっていないか(アフターパーツを除く)
  • ⑸ホイールやブレーキローターにゆがみがあるものはないか。

3,中古バイクの車体フレームのチェックポイント

  • ⑴車体打刻番号に削れ等、不自然な点がないか。
  • ⑵フレームに部分塗装の跡がないか。
  • ⑶フレームに傷・凹みがないか
  • ⑷フロントフォークが接触した後がないか
  • ⑸燃料タンクの内側がさびていないか。

3,中古バイクのフロント周りのチェックポイント

  • ⑴アイドリングが不安定ではないか。
  • ⑵異音はないか。
  • ⑶エンジンチェックそのものをお店が拒否しないかどうか。
  • ⑷マフラーやラジエーター、エンジン前部にフロントタイヤが接触した跡がないか

これらにあてはまる中古バイクは、まず選択肢から外さなければならないでしょう。

バイクをきれいに見せる技をバイク屋さんはいくつも心得ていますから、そこはこの方法で、中身を見抜いてください。

また、中古バイクの場合は、こうした微妙な違いが判りずらいので、現車に触れずにバイクを買うというのは、極力避けた方がいいのではないかと思うのですがいかがでしょうか。

スポンサーリンク

バイクはあくまで3次元の乗り物だということを忘れない

ここまで好みのバイクの質や相場についての判断方法、大まかな把握の仕方と具体的な点検方法などをお伝えしました。

ただネットにいい物件があったとしても、まだお話はこれからです。

契約書へのサインをしても、印鑑はどうか読み終わるまでお押しにならないでください。

2016-03-19_212634

まずはこうして相場を把握してみると、ご自分がその車種の中でどの程度のものを合格として買おうとしているのかがはっきりしてくると思います。

そこで、次なるミッションはズバリ、街に出ることです。

程度と相場を把握したうえで、先ほどの検索で目星をつけたお店に行って実車を見せてもらう、それもアリだとは思います。

筆者がお勧めする一番良い方法は、当該車両を在庫した、自宅から通えそうなバイクショップ数件に足を運んでみることです。

これは、ただ単にお店に行ってバイクを見るのが目的ではありません。

行動の内容としては、バイクのウィークポイントなどをお店のスタッフに直接聞いてみる、ということになります。

「ネットで調べてもいいじゃないか」という声も聞こえてきそうですが、あえてお店に行って、店員さんと話をするには明確な目的があるのです。

中古バイクの購入に踏み切る前の最終チェックポイント

そのポイントとは以下の3つ。

⑴店員さんが、その車種やバイクについてどれだけ情報を持っているか

車種・メーカーごとの知識が深く、車両にどんな癖があって、どんなメンテナンスが必要かなどを教えてくれる人を探しましょう。

車種固有のウィークポイントをよく知らいないと、機構装備やその調整の仕方について詳しくないため、最悪の場合、点検整備でスルーしている可能性があります。

⑵どういう接客をするか

契約書にサインさせることを急かすようなバイク屋さんは警戒したほうがいいです。

いかにお客さんのことを理解しようとしているか、豊富な知識から、より良い車種や条件提示をしてくれるかが基準です。

⑶お店の雰囲気(特に整理整頓)はどうか

端的に言えば、散らかっているところは、作業も雑です。

最低でもこの3点を見極めておく必要があります。

また、いざバイクを買うにしてもいろいろ丁寧に対応してくれるお店から買った方が、あとあとケアも丁寧にしてくれます。
さらに、イベントの案内やバイクとの付き合い方など、困ったときアドバイスが得やすくなります。

つまり、お店選びはバイク選びの一部なのです。

2016-01-29_211826

いかがでしょうか?こうした買い方で、ネットも強みにしながら、長く付き合えるお店も同時に探してしまう。

ただバイクを買うだけでなく、困ったときには相談に乗ってくれるお店から購入した方が楽しいですし、お店のイベントンも参加すれば仲間も増えて、充実したバイクライフを送ることができるでしょう。

気の合ったバイク仲間ができればそれはもう、プライスレスですからね。

まとめ

それでは、中古車バイクを購入するときに必ず意識してほしいことや注意ポイントを紹介させていただきました。

これらのポイントを守らずにとにかく安い中古バイクを購入してしまうと、後で必ず後悔します。

納車時にはいいかもしれませんが数ヶ月で欠陥や不良が出てきて、「これなら新車か、もっと高年式のものを買っておけばよかった・・・。」なんてことになりかねません。

そうならないためにも、今回紹介したチェックポイントは必ず守って中古バイク探しをするようにしてくださいね。

中古車市場で良いバイクに出会えることをお祈りしています。

スポンサーリンク

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると非常に励みになります!

あなたのバイクの買取り値段、1年後には半額かも?

もしも今乗っているあなたのバイク、売ろうと思っているなら今が一番高いかもしれません。

本当に欲しいバイクがあるのなら、早いうちにコツコツ資金を用意しておいたほうがいいです。年数を経るごとに金額が安くなっていくのも事実ですから…。

査定自体は無料ですし、金額だけでもチェックしておいて新しいバイクを買う準備をしておきましょう。

筆者オススメのバイクの査定額をUPする方法と、キャッシュバックもやっているオススメ業者を紹介します。

コメントについて

コメントは記事のご意見やご感想、情報提供をする場として活用していただければと思います。

なお、コメントの反映には時間がかかることがありますので少々お待ちください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る