【2017】GW東名高速の混雑予想!Uターンラッシュの渋滞ピークはいつ?

2016-09-01_145145

GWは子どもだけではなく大人も楽しみにしているはず。

2017年は最長10日間と大型連休になりますから、旅行へ行く方、帰省される方、自宅でゆっくり過ごす方など楽しみ方は人それぞれですが楽しく有意義に過ごしたいのは皆さん同じかと思います。

GWはどこに行っても混雑が予想されるので、事前に混雑に巻き込まれないような計画を立てるようにしておきましょう。

今回は2017年のGWカレンダーを基に、東名高速道路の帰省・Uターンラッシュのピーク予想をご紹介します。

途中休憩にオススメな場所もチェックしてみてください(^^)

スポンサーリンク

2017年GWカレンダーから渋滞箇所と混雑ピークを予測!

まず初めに、2017年のGWはいつからなのか把握しておきましょう。

一般的に5月3日(水)~5月5日(金)は祝日が重なるため3連休になりますね。

2017-01-07_181951
参考元: http://www.benri.com/calendar/

4月末の土日がもしもお休みであれば、あとは5月1日と2日休みが取れれば9連休!

かなりデカイ休みであることがカレンダーからも確認できます。

有給がとれることを切実に頼み込むしかないでしょう。笑

また、このカレンダーから予測できる渋滞ピークは、一般的に有給の取れない会社の初日となるであろう5月3日、4日の昼間となることが予想できます。

また、Uターンラッシュとしては最終日の夕方、6日の夕方であることが予測できます。

■2017年GWの渋滞予測

帰省ラッシュ:5月3日、4日の10時~

Uターンラッシュ:5月6日、7日の夕方~

東名高速道路 帰省・Uターンラッシュ予想をしてみた!

自動車で移動される方にとって渋滞は避けたいものですが、帰省などを考慮するとなかなかそうは言っていられない・・・。

少しでも渋滞を避けるためにピークの日時を事前に把握しておくと良いでしょう!

〇上りの渋滞・混雑ピーク予想

GW前半の帰省ラッシュのピークは2日目の4月30日(日)6時~13時にかけて、東京IC→海老名JCT間の大和TN付近で20kmの渋滞と予想されています。

GW初日も東名川崎IC→海老名JCT間の大和BS付近で15kmの渋滞との予想です。

できるだけスムーズに目的地へ到着したいのであれば、前日深夜3時ごろまでに出発するのがオススメでしょう。

GW後半のピークは初日の5月3日(水)7時ごろ、東京IC→秦野中井IC間の伊勢原BS付近で35kmの渋滞、また小牧JCT→岐阜羽島IC間の尾西BS付近で8時ごろに20kmと予想されています。

こちらも渋滞を避けるために、前日の出発もしくは深夜の出発がオススメです。

昨年(2015年)は東名高速道路・伊勢原BS付近で30km以上の渋滞が発生しました。
ピーク時を過ぎてもノロノロ運転が続くことがありますので、余裕をもって出発できるといいですね(^^)

〇下りの渋滞・混雑ピーク予想

GWのUターンラッシュピークは、5月7日(日)17時ごろ、御殿場IC→横浜町田IC間の大和TN付近で35kmの渋滞と予想されています。

また、ピークをすぎても同日12時~23時はUターンラッシュになるので渋滞は続くと思っていたほうが良さそうです。

5月7日(日)にも17時ごろ、御殿場IC→横浜町田IC間の大和TN付近で35kmの渋滞と予想されています。

スポンサーリンク

東名高速道路の休憩にオススメなSA・PAも紹介!

渋滞してノロノロ運転になったり、完全に停まってしまうと運転する方も余計疲れてしまうし、お子さんもご一緒だと
車内に飽きてしまいますよね。

目的地に早く着きたいと思いがちですが、東名高速道路を利用しないと入れない場所もあるんです。そう、サービスエリアですよね。ちなみにSAとPAでは、サービスエリアのほうが名前の通り格が上です。

通り過ぎるのはもったいないですし、ぜひ休憩時に立ち寄ってみてはいかがでしょうか(^^)?

・海老名(えびな)SA(下り/上り)

東名高速道路においてもとても人気のあるSAです。

グルメもファストフードからスイーツまで幅広く取り揃えているので、ついつい目移りしてしまいます。

有名なのが大きなメロンパン!ふんわりしていて美味しいのでぜひ食べてみてください♪また、混雑していてサービスエリア本体で買えない場合はトラック用のサービスエリア施設に行くと速攻で入手出来る確率が高いです。

・足柄(あがら)SA(下り/上り)

国内でも珍しい立ち寄り入浴施設があり宿泊も可能。タオルなども販売しているので手ぶらで入浴することができます。箱根外輪山の最高峰である金時山を眺めながら疲れを癒すのもアリ☆

ドッグランやドッグカフェもあるので、ワンちゃんも伸び伸びできます。

・富士川(ふじかわ)SA(下り/上り)

富士山が綺麗に望めるサービスエリアで人気があります。富士山にちなんだ商品まで幅広く取り揃えています。
渋滞疲れは富士山を見てリフレッシュしましょう!

富士宮やきそばは必ずおさえておきたいですし、富士山をバックに記念撮影なんかもいいですね。

まとめ

それでは今回の2017年のゴールデンウィーク混雑予想について、東名高速をピックアップして紹介させていただきました。いかがでしたか?参考になりましたでしょうか?
大型連休となると渋滞は避けられないものですが、事前に交通情報を得てなるべく渋滞に巻き込まれないように注意が必要です。

また、新東名高速もできましたが東名高速でしか立ち寄れないサービスエリアもあるので、寄らなければむしろ損するといってもいいでしょう。

たとえ渋滞に巻き込まれてしまっても、渋滞の合間に途中にあるSAを楽しみにするとまた気分が違ってくるかもしれないですね(^^)

スポンサーリンク




いつも記事をご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると非常に励みになります!

コメントについて

コメントは記事のご意見やご感想、情報提供をする場として活用していただければと思います。

なお、コメントの反映には時間がかかることがありますので少々お待ちください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る