ホンダCBR250RR(MC22)の中古買取相場!高額査定の裏技ソっと教えます

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると非常に励みになります!

2016-11-04_06h21_33

CBR250RRをお持ちの方。

「もう相当古いから、買い取りったってそう値段いかないっしょ」って思ってません。

いやいやどうしてどうして。

「思ったより結構、あらまっ!」

やってみないとわかんないもんですよ。

最初に30秒ほどで済むバイクワンの査定をして査定相場をサクッと把握しておきましょう。この記事で紹介している高額買取のノウハウでは、一番高いとされる査定額に際限なく近づける方法を紹介していきます。

今回は中古車一括査定サイトを使って

積極的にあなたのCBR250RRを売り込んじゃうとっておきの方法をお伝えしますよ。

お楽しみに!

オススメ買取業者をチェック

結構高値のCBR250RR

mc22

参考元;http://moto.zombdrive.com/image-model/3063-honda-cbr250rr-6.jpg.html

ホンダのCBR250RR、20年は有に立ってるバイクのはずなのに、結構値段落ちないんですよ。

そろそろ新型のCBR250RRが
ハイテク満載で出てきますよね。

乗り換えようかなと
思っている方も多いはず。

とりあえずお乗りのCBR250RRがいくらになるのか知りたい。

そんなことってありますよね。

一括査定サイトを一層有利に利用しよう!

バイク一括査定サイトのサイト内にある「査定を申し込む」というボタンを押すと、

数分後には…

「今ならCBR250RR、ウチは○○万円でご案内できるんで、バイクを観ながらお話を…」

という電話が、実にたくさんの会社からかかってきます。

「ご都合のいい時間を教えてください」
ということになるのですが、

大抵の会社は「今すぐ行ける」と言ってきます。

申し込みをした後、全く用事が空いているならその日の時間を調整すればいいのですが、

何か用事があったり忙しい時間は絶対にさけましょう。

買い取りは高額取引です。

こちらがバタバタしていては正常な判断ができなくなる恐れがあります。

その場合、

ついつい弱気になって、買い手ベースであれよあれよという間に買い取られてしまいます。

なので、

こちらが積極的に主導権を握り、

彼らになるべく間を置かずに来てもらい、一度に多くの査定額を引き出す場を作る。

これは高額の査定額を引き出すための第一歩なんです。

「買い・取る」のではなく、「売り込んで渡す」のです

sales

今回お伝えしているのは、

単純に「一括査定を使いましょう」ということではありません。

賢い売り手になって積極的に値段を提示して寄り付かせる方法をお伝えしています。

「買い取り」という言葉の主語は査定員さん、ですよね。

でもCBR250RRはあくまであなたのもの。

なのであなたが主役の「売り渡し」が必要なんです。

「売り渡し」具体的にはどんなことを…?

積極的にこちらから提示額を出していく。=[勝ちに行く!]

teian

これを「売り渡し」と言っているわけですが、

適当な値段をいくらでも出していいわけではもちろんありません。

買い取り現場における査定員さんのお仕事は

  1. そのバイクの車種・年式・走行距離の基本的な相場を把握すること。
  2. そこから各々の個体の劣化ぐらいを差し引いた額を依頼者に提示すること。

大きく分けてこの2つです。

もっとかみ砕いて言えば、
そのバイクの相場の範囲で

商品状態にするまでにその個体にどれくらいのコストがかかるのかを見ているわけです。

コストのかけ方や販路の違いが
業者さんによって多少あるので、
提示額にも差が出てくるのです。

この話の「主語」を入れ替えて全く逆にお話しするとこうです。

  1. 年式・走行距離に合った相場をしっかり理解する
  2. 消耗部品や傷・劣化は、安価で改善

 次のオーナーに渡せる状態に可能な限り近づける努力を惜しみなく!

これの二つを行ったうえで、査定員さんに値段を提示する、つまり「売り渡す」のです。

さて、ここまでで総論的なことはお分かりですね。

オススメ買取業者をチェック

CBR250RR「売り渡し」大作戦を遂行しよう!

まずは遂行準備!

まずはしっかり整備してピカピカにすることから

基本的な洗車の方法は関連記事をご用意しました。

買取前には、洗車・各部グリスアップを欠かさずしておきましょう。

特にチェーンは、チェーンクリーナーや専用ルブを使ってきれいに磨き上げましょう。

この辺は普段の整備状況を判断されやすい部分ですので入念に。

めんどくさがって
ホコリがかぶったまま
バイクを査定員さんに
見せるのだけはやめましょう。

保管状態から言ってマイナスですし、基本的にいい印象を査定員さんにもたらしません。

ノーマルパーツ持ってますか?

CBR250RRはノーマルに近いきれいな完調車ほど高額が狙えます。

当時物のマフラーも
劣化が激しくなければ
持っている価値はあります。

しかし、綺麗なノーマルが安価で入手可能ならそろえておくことをおすすめします。

近年、「才材屋」というメーカーから

CBR600RR(PC37型)に似せるための外装キットが発売されています。

saizai

↑才材屋のCBR600RR外装キット、きれいですよね。

参考元;http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/saitaniya/

この外装キットが
しっかり組まれていて、
塗装まで完璧である
個体については高価が期待できます。

いずれにしても
状態と走行距離数も
当然加味されます。

買い取り店によっては
パーツに興味を持たない
ところもあるので、

ない場合は仕方ないとして、

ノーマルパーツがある場合には、戻した方がいいかどうするか電話の段階から相談ですね。

相場を把握する方法とは

結構ざっくりした方法ですが、結構ストライクな方法です。

kane

中古車情報サイト(できれば複数)覗いて、
あなたがお持ちのCBR250RRと

同年代同色走行距離・カスタム具合が近い車種を複数選定します。

これは抽出条件に年式・ 距離を入れることでより簡単にできます。

この中に出てきた値段をおおよそ「低い方」・「高い方」というふうに

把握してそこから15~20を引いた額、これがおおよその相場です。

そうです。

業者さんは利益を上げたくて買い取りに来るわけです。

会社の規模にもよりますが、
だいたい多くの会社が

一台のバイクから得たいと考えている利幅は15万円~20万円だということです。

なので、これでいいんです。

オススメ買取業者をチェック

「売り渡し」作戦の神髄

いよいよこちらから仕掛けます、「ニイタカヤマノボレ」

査定員さんの提示価格、ほんとに上限?

査定員さんも、実は最初から目いっぱいの金額を言ってくるわけではありません。

多少お客さんに粘られても
大丈夫なように幅を持って
低い方から攻めてくるんですよ。

「しょうがないですねぇ、今だけですよ」くらいの額は想定内の額。

でも今回は、あなたが主役の
「売り渡し」の方法をお伝えしています。

こちらもあえて想定より高い金額を2・3用意して応戦です。

さぁこれからが天下分け目の関ケ原、
いい国造ろう鎌倉パスタですよ。

具体的な戦術

こちらから提示する金額もCBR250RRの場合、

  • 1万5千円~4万5千円位の幅を持つ
  • 高い方から譲れないところまで下げていく。

例えば、本当は15万円欲しいとしたら、「19万5千円」と言ってごねるわけです。

このやり方だと、
大抵の査定員さんは
社長さんや会長さんに
やマネージャさんに
電話を入れて交渉します。

通らばそれでラッキー。

  • この段階でどの会社も寄り付かなければ下げます。
  • でも15万以下は何社か帰しても下げずに粘ります。

3社~5社来たところで、

査定員さんが上役さんに交渉して「限界」と言われる平均額が大体わかってきます。

これが業者オークション(中古バイクの市場)の時価相場だと判断できます。

つまりその辺がリアルなそのバイクの上限です。

こちらが想定した下値がその値段とかけ離れている場合は、
来てくれた中で一番高値に合わせて下方修正し、その業者さんに売り渡します。

いかがですか?

これができればトラトラトラ。

基本的なことはもうだいたいマスターできましたね。次はCBR250RRについて知識武装です。

CBR250RRのうんちくを売り渡しの武器に!

CBR250RRというバイクそのものについての特長や欠点などを知って売りトークに活かそう。

CBR250RRってどんなバイク?

1990年HondaはCBR250Rをモデルチェンジさせ、CBR250RRへと進化しました。

mc18

参考元;https://image.middle-edge.jp/medium/8c071723-96ab-4d68-9638-49e24fcf548d.gif

このときの最大の特徴は

 鋳造部と押し出し材を大胆に組み合わせた、L.C.Gフレームの採用です

mc18-2

参考元;http://bike-lineage.jpn.org/honda/cbr250r/mc22.html

このフレームで低重心化と、しなり・剛性を両立しました。

このおかげで、

非常に頑丈で使い易い車体と、エンジンの組み合わせが功をなして、
結果として同年代同クラス他車よりも多い現存車を数えます。

搭載される

超高回転の4気筒16バルブエンジン

  • エンジンの軽量化
  • 熱バランス向上
  • 高回転化

を狙い、

カムシャフトを連続するギアで駆動させる「カムギアトレイン」を採用。

「ギュイーン」という独特なジェットエンジン音はこのギアーたちの音。

とにかくこれが壊れにくい!

1994年には自主規制強化により馬力上限を45馬力⇒40馬力へとパワーダウン。

mc18-3

40馬力モデル↑

参考元;https://image.middle-edge.jp/medium/a79988dd-fbf5-4618-8231-d63f018268b0.jpg

このため、CBR250RRは実証45馬力の前期モデルと40馬力の後期モデルに分かれます。

オススメ買取業者をチェック

DOHC4気筒250㏄CBR250RRと相場を支える要因

既にご承知のように2016年冬、Hondaはハイテクな新型CBR250RRを発売します。

cbr250rr

参考元;http://response.jp/article/2016/07/31/279333.html

当時とは違う様々な規制の中で今、このクラスに光明が差しています。

業界悲願の若年層顧客開拓成功!

その要因となっているのが…

  • NEASE諸国への生産拠点移行
  • 限られたコストの中でベストを尽くす工夫

その結晶が、高張管フレームであり、2気筒DOHCの高回転エンジンなのです。

しかしこの2気筒全盛の昨今、いつもついて回るのが

今度は「どこが250に4気筒を復活させるか」という噂。

しかし、ちょうど今は

バイクブームジュニアたちが、ようやくバイクに関心を寄せるようになったばかり。

ハイコストの4気筒でペイできるほど
期は熟していないとする見方が大勢です。

今や高額で取引される2ストロークスポーツ同様、
DOHC4気筒250を乗せているCBR250RRは、

本来なら

新型が出て型が落ち、下がるはずの相場が下がらるはず。

しかし4気筒が希少になったことで、横ばいか微上昇する可能性があります。

しかしながら、「絶滅した」という2ストロークスポーツのように、

高騰はないとする見方が優勢です。

本来これだけ時間が経過している車種であれば、

2万円~6万円痛みが激しければ処分料をいただくこともあるような年代物です。

後述相場予想の表を見ていただきますが、

CBR250RRの中古売価は当時の希望小売価格599,000円をわずかに下回る価格が最高額。

これを上回るプレミアはありません。

当然、当時の売価近辺を維持しているというのも凄いことです。

つまりそれだけ完調車については、本人立ち寄りのもと、しっかりと知識を持って強気の売りが必要なだということがご理解いただけるでしょう。

CBR250RR(MC22型)の欠点

先述のように頑丈なLCGフレーム、そして極めて精密で壊れにくいエンジン。

同年代他車種に完調車が少ないことをみれば、

CBR250RRは設計時点での完成度が高く欠点の少ない車種と言えます。

高回転エンジンゆえに

オイル交換をさぼった個体は音が大きくトルクやトップスピードは下がります。

法定内での使用には十分耐えるでしょうが、

何台もMC22を見てきた査定員なら見抜くでしょう。

経年車ですのでやはり悩ましいのは
交換部品が年々減っていくこと。

調べてみると、MC22の部品は部品番号こそ変わっても、

多車種と共通のものが多く、消耗部品もまだまだ手に入るものが多くあるようです。

しかし、致命的なことに、

キャブレターに繋ぐコネクティングインシュレーターチューブ(ゴム製品)に
現状代替品がありません。

もしこれが劣化していた場合、

デットストック(要相談品)扱い、
メーカーも在庫を持っていない為、
どうしても必要だと譲らない場合は、

最悪部品の再生産を部品メーカーに依頼し、その依頼が受理されたら作ることになります。

小ドットでの依頼の為、
単価が非常に高価になり、
数カ月に及ぶ納期が必要となります。

(要は、新品はあきらめてオクってくださいってことなんですけどね…。)

高回転エンジンではありますが、

やはり経年車なので、所有感を楽しみ、労わって使わなくてはいけないのは確かなようです。

この辺もしっかり認識して整備に活かしましょう。

売り渡し提示価格を策定しよう

CBR250RR11月4日(金曜)現在の年式相応の買い取り提示額予想です。

こちらは先述を方法を応用して

  • 20,000㎞~30,000㎞走行
  • 上外装、
  • 欠品なし
  • 低改造(マフラー程度)
  • タンク内錆なし
  • 完調車

を基準に年式ごとに大まかにまとめたものです。

こちらから提示価格を決める目安にしていただければと思います。

なお、相場は思いもよらないことで急な変動をすることもなくはありません。

表示はあくまで上記日における目安です。

多少実際の買い取り額との間に差が生じる可能性がありますのでご了承ください。

オススメ買取業者をチェック

CBR250RRのグレードや年式別の特長

CBR250RR(MC22) 年式・特長
そして各予想相場
発売年車両名 型式名相場万円
1990

CBR250RR​前期MC22

10~25

型式の特長

先代モデルからMC14Cエンジンを
受け継ぎつつ細部をリファイン。

19500回転でエンジン保護のため
リミッターが利くようにした。

フロントブレーキがダブルになった。

L.C.Gフレームと高剛性ガルアームで頑丈な車体となった。

現代なら差別問題だが、
フレームがもたらす
低重心と低い足つき性から、
当時「女の乗り物」と揶揄された。

生産目標は22,000台とされ大ヒットだった。

1992年カラーリング変更

1994

CBR250RR​後期MC22

15~28

型式の特長

販価が620,000円と
値上がりした。

業界自主規制強化で
45馬力⇒40馬力にパワーダウン

しかし
中低速での使い勝手を
向上させる変更が行われた。

販売目標はわずかに2000台
しかしパワーダウン車ゆえ希少価値は相殺されている。

2000年生産終了を発表

まとめ

筆者の近所の大学の周りでもCBR250RR、
大事そうに乗ってる大学生に出会うことがあります。

そうやって乗り継がれているモデルだというのは立派なものですよね。

今回は売り手主体の「売り渡し」についてご紹介しました。

実をいうと筆者は元買い取り店の店員、自分で買い取ってきたバイクを自分で整備して店頭で売ることも経験してます。

逆にその経験を活かして、客の立場に回って安くバイクを買ったり、

今回の方法で高く売ってみたりということを何度となくやっています。

買取の方法については、こちらの関連記事で損をしない買取業者の選び方や、高く買い取りをしてもらうための方法について紹介しています。興味があればぜひチェックしてみてください。

オススメ買取業者をチェック

スポンサーリンク







いつも記事をご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると非常に励みになります!

コメントについて

コメントは記事のご意見やご感想、情報提供をする場として活用していただければと思います。

なお、コメントの反映には時間がかかることがありますので少々お待ちください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る