カワサキバリオス買い取り相場!年式・タイプ別高額査定のコツ

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると非常に励みになります!

2016-11-04_06h21_33

カワサキならninja 250 ヤマハYZF-R25 HondaもCBR250RRときてスズキもGSX250R。250㏄スポーツバイク、最近賑わってますよね。来年は4社そろい踏みでもっと盛り上がていくでしょう。

「4気筒のバリオスも乗りやすくていいバイクなんだけど、そろそろこの辺の最新2気筒スポーツに乗っかっちゃおうかな?」なんて思いませんか?

そんなとき必ず気になって来るのが、お手元のバリオスの買い取り査定価格ですよね。

どこがいいの?相場っていくら?この金額妥当なの?ええ、心配ですよね。

とりあえず、バイクワンの自動査定をご紹介します。

大体の査定額を見てみてください。30秒ほどで個人情報の入力も要りませんので安心してお試しいただけます。どうですか?ネットでも自動査定の金額って賛否両論ですけど、ココは結構いい線言ってると思います。

でも、どうして「いい線」なのかは後述していきますね。

今回はただい取られるのではなくこちらから値段を提示して「売り渡す」方法をお伝えしていきます。

オススメ買取業者をチェック

バリオスの概要と買い取り前提の準備

では、順番に「バリオスとはどんな乗り物なのか?」というところをチェックしていってみましょう。

バリオスってこんなバイクです

250㏄と言えば2気筒全盛の現代にあって、安価に手に入るスムースな4気筒エンジンを乗せたバリオスは今もエントリーモデルとして人気の高いモデルです。

当局の指導により開発競争の激化していたレーサーレプリカの新規形式認定が難しくなる中、各メーカーはそれまでのレプリカのエンジンを使って大人し気なネイキットバイクの路線に転向せざるを得なくなります。

バリオス今では過激と言われていますが、当時のバイクからすれば大人しいものです。そういう時代の合間合間の規制に翻弄されたバイクと言ってもいいでしょう。初代は1991年4月に登場しています。

初期のA1~A6・B1~B2型はカワサキの250㏄レーサーレプリカのZXR250のエンジンを空冷「風」にした「模造フィン」を付けてほぼ移植した形となっています。

その後後期のB4~B7F型にかけては最高回転数を19,000⇒17,000回転に落とし、1993年にさらに強化された業界自主規制によって最高回転数も15,000回転、馬力も45馬力⇒40馬力となってしまいます。

走りを求める層に人気のあった車両だったが故か、カワサキは1997年にバリオスのリアサスを機動性の良いモノショックからあえて大人しいツインショックにするという不思議なモデルチェンジを行います。

bariusu2

参考元;ttp://img.bikebros.co.jp/vb_img/guide/img/kawasaki/06/main.jpg

そこから10年カラーチェンジなどを繰り返しながら発売は継続され、排ガス規制と共にとうとう16年の車歴に幕を下ろしました。ですから大きく分けてバリオスにはタイプとして、初期モデルの規制前と規制後、そしてツインショックの3種類のモデルが存在します。

バリオスを売るのなら

初期型から25年、最終型からも約10年が経過したバリオス。

エントリーモデルとして割とバイク経験の浅い層に使われることの多い車種なので、現存する個体も痛みのあるものやちょっと「族」っぽい改造をされたものも少なくはありません。

たとえば…『とりあえず車種は××、距離1万5千、半年放置でバッテリー不動、買い取りの○○車を呼んで査定してもらったんですけど、△万円って妥当ですか』こういうのマジでネットに書いてあるんでお目めゴシゴシしちゃいます。

何も準備しないで後でネットに聞くような人に高額査定は有るはずがない!

ホコリまるけでサビサビ、おまけに不動のバイクを思い出したように、そのまま査定員さんに見せる時点でアウトです。

ネットで業者をたたこうとする態度にはう元業者として、ち震える怒りすら覚えます。

しかし、そうならないために皆さんをご案内するのがこの稿の使命。

たとえ自分のバイクでも「商品」として扱い、自分を客ではなく「売り手」として意識して積極的に準備をする。

まず意識の中でその辺から始めましょう。

そして具体的に「高額査定」の第一歩はまず洗車から

愛情を注がれなかったバイクには相場以下の値打ちしかないというのを覚えておいてください。

商品としての仕上げを意識した洗車の細かいテクニックはこちらで紹介しています。

バイクの洗車方法まとめ!やり方・コツと必要な道具&おすすめグッズ
バイクの洗車、どうしてますか?とりあえず水を掛けてゴシゴシしているでしょうか?ワックスもかけますか?それともフクピカで拭いて...

ご参考になさってください。

自分の主幹はさておき、次のオーナーからみてあなたのバイク「おっ、これ欲しいな」と思わせる状態になってますか?

ココが重要なんです。

バリオスの欠点やリコール修理や対策を万全に

バリオスには特にこれと言って誰もが知っているような大きなリコールや欠点や癖はないものと思います。

ただ、いずれの個体も相当に年月が経過しています。

保管状態、使用の丁寧さによって多少の個体差はあるでしょうが、特に注意したいのは以下のもの。

  • エンジン回りインシュレーター等ゴム管類の硬化・ひび割れ
  • ガスケット類の劣化によるオイル漏れやにじみ
  • カムチェーンの劣化による異音

流石にエンジン内部の傷みをわざわざ直すのは、赤字を作るだけで無駄です。

でも、ゴム類の傷みであれば多少直しておく価値はあります。

バリオスのキャブレターは温水キャブ。

ガソリンの気化を助けて高回転でもトルクが出るようにしてあります。

ここにもゴムの配管があるので、その辺も要注意。

またビギナーの多い高回転エンジンの車種故、前オーナーのメインテナンスが雑であった可能性も否定できません。

ワコーズのプロステージ等安いながらも100%化学合成のオイルにチェンジしてエンジンのメカノイズを多少和らげるのも手です。

できるならエアエレメントと一緒にプラグの交換をしておくのもいいでしょう。

その上でワコーズのフュエールワンなど燃料の改質剤を入れてバイクよよく振るとエンジンのかかりも改善されます。

後述バリオス各年式ごとの買い取り査定額の予想表をご用意します。

その金額を参考に整備予算を決めてひとまず、きれいで細かい部分にカビや汚れがなく、特にエンジンが問題なく元気にかかる状態を目指しましょう。

オススメ買取業者をチェック

ズバリ人気の仕様は?

バリオスには大きく分けて3種類あることはお伝えしましたが、燃料計が追加になったり少しづつ手が加えられていますが、大きな変更があるような特別仕様車は出ていません。

あるとすれば色ですね、96年の限定1000台のツートンはオシャレでした。

bariusu4

参考元;http://bike-lineage.jpn.org/kawasaki/zxr250_balius/zr250a.html

でもバリオス2の2トンはどういうわけか、左右で緑と赤を真ん中で半分に塗り分けた、色弱検査のような2トンカラーの特別仕様車。

bariosu5

参考元;http://bike-imeage.jpn.org/kawasaki/zxr250_balius/zr250b.html

しかしおそらくこれが高値を付けることはないでしょう。(ウ~ン)

カラーで言えば黒が標準的ですが、初期モデルのパープルはホールもスポーク部が同色でなかなきれいでした。このカラーとパールホワイトは人気で状態が良ければ他の色より評価は高いのではないでしょうか?

しかし何といってもZ1/Z2をオマージュしたKawasakiのヒストリックカラーのモデルは一番の人気ですね。

カスタムはどうしよう?

正直、買い取り屋さんからすると、

「なんかある車両」だと思われているのがバリオスです。

「なんか」っていうのは大体お話ししちゃいましたからお分かりの通り、訳も分からずいじくりまわしちゃった個体が多い車種だということです。

マフラー変更で「サンセイ」や「RPM」この辺はお約束パーツなのである程度プラスしてくれる業者さんがあるかもしれません。基本業者さん的には何がついていても「社外」は「社外」という分類で下げるのが基本です。

これは大体のバイクに言えますが、バリオスは高回転エンジンなので下手なものを付けるとバランスが崩れやすいということもあります。

また、真夜中の音響用にオニイチャンが使っていたようなのがバレバレな個体は、(ごめんね言っちゃうよ。)処分料1万円かタダが基本で、諭吉さんにはお目にかかれないでしょう。(部品としてしか買えないからね)

できるだけノーマルに近いものが査定を上げます。ノーマルパーツがあれば取り換えておきましょう。

バリオスの年式・形式別買取相場目安は?

お伝えしているように査定員さんの提示金額をただ聞くだけっていうのはもう卒業です。

売り手が金額を提示してできるだけ寄り付いてもらう方がいいですよね。しっかり整備と洗車をしたら、こちらから提示する額を策定していきます。そのためにはまず売り手が積極的にバイクの相場を研究把握しておく必要がありますよね。

更に相場を理解するためのポイントは2つ。

  • お手元のバリオスの年式や仕様を把握しておくこと
  • 中古車情報サイトでバリオスの相場を把握する

この二つです。

そう難しいことではありません。各年式ごと筆者が目安として予想金額をお示しします。

それでは参考までに下記をご覧いただきますね。

バリオス年式・特長・各予想相場
発売年車両名型式名相場
(万円)
1991~1992 バリオスZR250A1
ZR250A2
2.5~9.5
型式の特長

高性能レプリカZXR250のマスを少し重くして中低速を扱いやすく調整。

他社も同じ手法でレプリカディチューンのネイキットバイクを発売する中、

スポーツ性能がZXRとそん色無かったことからクラスとしては評価が高かった。 

1993~1996バリオス

ZR250A3

ZR250A4

ZR250A5 

ZR250A6

6~15

 

型式の特長・変更点

「業界自主規制」という名の行政?司法?当局の指導により、45PS ⇒40PSにパワーダウン。

マイルドな乗り味になりこれを「去勢」という人がいるほどおとなしくなる。

A5で初めて燃料系が追加になる。

A6に1000台限定のツートンカラーが発売される。

 1997~2007

バリオスⅡ

 ZR250B1~10

9.5~16.5 

 

型式の特長・変更点

なぜかものショックを2本ショックにしてしまう。

ネイキットらしさ=2本サスというイメージに従った形?

元モノサスのスペースはカッパが入るほどのユーティリティースペースになっている。

キャブにスロットルポジションセンサーが追加されレスポンスが良くなる。

2002年から

Kawasaki・スズキ間で業務提携が結ばれ、

バリオスⅡは「GSX250FX」としてOEM販売される。

ちなみにスズキのスカイウェーブは「ばくおん」でライム先輩がレースで乗るイプシロンとして Kawasaki からOEM販売されていた。

執事参考元:http://falcon.iinaa.net/HayabusaHistorys/GSX1300R%20Hayabusa.html

※予想価格は中古バイク情報誌の12月8日現在の販売価格から参照。

今回は距離を15,000km~30,000km。下記条件にて設定して買い取り額を想定しました。

判定条件としては以下の通りです。

  •  完調・美車・欠品なし
  • ノーマル
  •  マフラー等小改造車

を想定しています。傾向としてノーマルで距離なりの一般的な査定価格です。

 まとめ

いかがでしたでしょう。少々生意気なことも書かせていただきましたが、買い取りって結構真剣勝負ですから、だらだらやってると買い取る側のペースに乗せられてただの「買い取り」で終わっちゃうんですよ。

とにかくできることはしっかり計画立ててやりきる。そうして商品として仕上げていく、ココが終始重要です

今回は買い取り金額を予想した表をご用意させていただきました。ただ相場は生き物のように変化します。

時期によって表の内の想定買い取り額も多少の差や変化があってしかるものです。

なのでこの通りでないからと言って怒ったりしないでください。

物事高みを目指して成功しようとするならば、こうしたものは参考として利用して、各々皆さんが工夫してより良い結果を導いていっていただきたいと考えています。受け身では高額査定での買い取りなんて成功しません。あしからずご了承ください。

でも実際に買い取り、というか売り渡しとご検討される際には、色々と準備が必要だということがご理解いただけたかと思います。

まだ少し言い足りないこともあります。

それは査定額をグッととあげちゃう方法をこっそりまとめた記事を用意しました。

これは業者さんが来る前に必ず読んでおいてください。

オススメ買取業者をチェック

もちろん、洗車と軽整備は事前に済ませておきましょうね。

ナンバーの手続きが心配な方もいらっしゃると思います。

これはどこの買い取り業者さんでも無料でサービスして大体2週間から3週間で手続き完了の証明書を送ってくるはずです。後はしっかり準備をして作戦を練って、業者さんを待ちましょう。

高額査定ゲット、応援していますよ!

フリーな人生を楽しむライダーになりませんか?




スポンサーリンク







いつも記事をご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると非常に励みになります!

コメントについて

コメントは記事のご意見やご感想、情報提供をする場としてご活用ください。

なお、筆者はコンサルティングファームに所属している激務ライダーであるが故

記事をマークザッカーバーグのごとくハッカーウェイの精神で執筆しております。

そのため、記事内容には若干の誤りがあったり、誤字脱字が出て来ることもあるでしょう

その場合には、コメントにて問題点をご指摘いただけますと幸いです

(ただ、人と接する時の”礼節”はサーキットでのSNELL規格ヘルメットの如く持ち合わせてください)

なお、コメントの反映には時間がかかることがありますので少々お待ちください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る