バイクのメッキのサビ取り方法は?おすすめの通販グッズを紹介!

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると非常に励みになります!

ドシリ大尉
こんにちは。

バイクのサビって、取るのが結構大変ですよね?

屋内保管ならまだしも、屋外で、しかも雨ざらしになっているようなバイクだとみるみるうちにサビたりします。

メッキなんかは特に金属の中でも敏感なので、ブツブツと気持ち悪い斑点のサビができたり、簡単にくすんでしまったり、酷い時には赤サビが出たりして…。

サビを除去しようと思ってもちょうどいいサビ取り剤が無くて困ったライダーも多いはず。

きっと、この記事を読まれているライダーは同じ事で悩んでいるのかもしれません。

ただ、そこら辺のホムセンやバイク用品店に売られているものは眉唾ものが多い印象。どれも中途半端な効果しか感じなかった、というのが筆者の印象でもあります。

私もバイクに乗っていますし、愛車のピカピカを保つために何かいいものはないだろうか…と思い悩んでいた所、メッキ施工会社として有名な「メッキ工房 NAKARAI」より発売中の

  • 「メッキング」
  • 「サビトリキング」

という強力タッグの商品に出会いました!

世の中にメッキのくすみやサビをとる製品は多いものの、実際の効果は微妙なものが多い中、メッキングとサビトリキングは

「流石メッキ屋さんの作る商品だ!」

と、素人ながら太鼓判を押す評価となりました。

では、メッキのサビ取りに対しどのようにアプローチしていけばいいのか?というお話を中心に、「メッキング」「サビトリキング」を実際に使用してレビューしつつ、評判通りの魅力をお届けしていきたいと思います。

バイクメッキのサビが酷い件!

バイクのサビ、どうにかならんものかな??って思ってしまいますよね。

  • 曇ってモヤモヤとしたメッキ
  • 赤錆が発生したメッキ
  • ブツブツが発生したメッキ

などなど。

色々な種類のサビがメッキに付着することがありますが、メッキのサビは訳が違う。

鉄部分ならワイヤブラシやサンドペーパー、真鍮ブラシを使ってゴシゴシすればいいのですが、メッキは薄い金属の皮膜で作られたものですから、一瞬で傷が入ってしまいます。

そのためバイク用品店などでメッキのサビ取り除去剤なんかを購入しようと思いますが、適当なものを購入しても安物買いの銭失い。全然効果が無いものもある訳で…。

取れたとしても、気づけばまたメッキにイヤなプツプツやくすみが…もう、何度も相手をするのは大変てなもんです。

では、どうすべきなのか?

そのバイクのサビ、取れますか?

新車のうちから洗車や、定期的に磨いてあげていればメッキの心配はなかったでしょう。

しかし、

中古車を購入した場合、前オーナーの手入れが雑だとかなりサビが目立ちます。

とくにリムやスポーク、ヘッドライト、メーターケース周辺など…。

また、いつも自分で手入れしたとしても、足回りなどのメッキサビにはなかなか目が届かず、いつの間にか…なんて事もよくあるのではないかと思います。

ライダーであれば愛車に対してこんな思いを抱くことでしょう。

  • 一度落としたのにサビが何度も発生するので何とかしたい
  • ゴシゴシと磨いて余計な傷をつけたくない
  • メッキに浮かんだ変なブツブツが取れない
  • メッキパーツの輝きを維持したい
  • 新車の輝きを維持したい
  • そもそもメッキをキレイにする方法がわからない

などなど…。色々あると思います。

メッキは単に表面に点サビが出来ている場合、マザーズやネバダルなどのメタルコンパウンドで磨くのもアリです。

が、

それらの研磨剤の含まれているもので擦っているといずれメッキ層が薄くなっていき、いよいよ素地が出てきてしまいます。

つまり、「メッキがはげた状態」ですね。

ここまで進行してしまうと今度は再メッキをする必要があり、かえってコストが高くなってしまうのです。

バイクのサビを取るのに必要なポイント

メッキは金属表面に行う皮膜処理であり、うすーい膜をはるようにして金属表面にコーティングされています。

ただ、金属の性質をもつため、経年劣化やサビで表面がどうしてもくすみます。

バイクにかけられているメッキは「クロームメッキ」であり、もともと耐食性(サビ)に強いものとされ、バイクのパーツには良く使われる印象があります。

ただ、このクロームメッキ、知らないと怖い致命的な弱点があるんですよね…。

それは、

「目には視えない細かい小さな無数の穴」

が、メッキを作る時にどうしてもできてしまうという点です。

皮肉にもピカピカの表面は水を保持し、サビさせてしまう特性を持っていると…。

メッキがサビる前には、この穴から腐食が進みサビが起こっているのです。

では、どうすべきなのか?

そうです。

この「無数に空いたメッキの穴」を

「表面に浮いたサビを優しく除去」した後に

「何らかのコーティングを施して塞ぐ」ことが重要なんですね。

そのために開発された最強タッグが、まさに今回紹介する「サビトリキング」と「メッキング」なんです。

サビ取りの最終兵器サビトリキング&メッキング

今回紹介する一押しの製品がこちら。

IMG_20170914_084920

サビトリキングとメッキングは、メッキ施工のプロ業者「メッキ工房 NAKARAI」で5年の歳月をかけて開発された、メッキ愛好家御用達の専用メッキサビ取り&メッキ保護グッズです。

(※商品詳細は下の画像をクリック)

  • どんな錆びたメッキ、くすんだメッキもピッカピカ
  • クロームメッキのもつ青い光沢を最大限に引き出す
  • 何度もコーティングを重ねることで、メッキがどんどん強くなる

といった特性を持ち合わせており、商品の公式サイトでは「たいていのメッキは一瞬でサビやくすみが取れてしまう」とのこと。

メッキのサビ除去を謳う製品は世の中に沢山ありますが、何と言っても一番信頼度の高いフレーズは

「メッキ屋さんが作った、メッキ専門のメンテナンスグッズ」

という点です。

サビ取り専用剤はメッキのサビをやさしく、かつ強力に除去することを前提に作られていますし、コーティング用の保護剤はメッキ施工業者ならではのノウハウが凝縮された珠玉の逸品に仕上がっています。

また、他のメーカーのメッキ保護剤と比較すると、メッキングの強みとしては

「使えば使うほど、メッキ表面に強力な皮膜ができサビやくすみがつきにくくなってくる」

という点も非常に魅力的です。

雨や水の影響を受けやすいバイクだからこそ、使い続けるほどにサビに強くなるというのはこの上ない魅力でしょう。

では、言っていても始まらないので実際にサビトリキングとメッキングを実際に使ってみる事にします。

とくとご覧あれ!

サビトリキングを実際に使ってみた!

では、実際に「ホントにサビが取れるの?」

という部分をチェックしていきましょう。

サビトリキングのなによりの強みは、やはりメッキのような表面に特化したサビ取りノウハウが凝縮されている、という点。

専用品ですし、期待も高まります。

また、サビトリキングはメッキに対しての効果はもとより、ステンレス製品にも効果があるとの事。

バイクではメッキの他にもアルミやステンレス部分も存在するため、それぞれの素材に対しての効果もあわせてチェックしてみようと思います。

メッキ部分に対しての効果

筆者のバイクにはメッキがそこまでないのですが、効果を視覚的に実感しやすい所で色々試してみる事にしました。

まずは雨上がりからタオルでサッと拭いたミラーに対しての施工。

こんな風に雨ジミがスゴイ事になっていますが…。

IMG_20170914_084454

こんな風に、専用の磨きクロス(付属しています)で磨いてみると…。

こんな感じでピッカピカ!

いつもはマザーズで磨いていましたが、メッキ表面への負担も少ない(黒くなりにくい気がする)ので必要以上に研磨してしまわないという点もGoodです。さすがはメッキ専用品!

IMG_20170914_085340

個人的には細かいところのメッキ磨きに使えるのも◎だと感じました。

たとえば、キレイにしているように見えて以外と見落としているリアショックの内側部分とか。

最初はこんな風に赤サビが出ていましたが…。

IMG_20170914_094551

こうやって、クロスに薬剤を染み込ませて乾布摩擦のように磨けば…。

IMG_20170914_094722

ほら!

こんなにピカピカ!

IMG_20170914_094932

さっきの赤サビがウソみたいでしょ?

メッキの表面に浮かんでいるサビ(つまり侵食していないサビ)であれば、ここまでキレイになるんです。素晴らしいですね。

他にもこういった細かい所にもガンガン使えるのが魅力的です。この程度の雨ジミであれば、簡単に落としてピカピカにできてしまいますね。

IMG_20170914_090116

ピッカピカ!

IMG_20170914_090328

また、メーターまわりなどでよく見かける樹脂メッキにも効果があるのか?といった点も気になります。

筆者のバイクには樹脂メッキがありませんでしたので、車のエンブレムに対して施工させていただきました。

ただ、取れるのは表面のくすみだけのよう。

これはNAKARAIさんの公式サイトでも説明されていますが、

「メッキ層を通り越して、素材部分まで穴が出来ている状態」

です。

なのでメッキのない部分に対して磨きをかけている事になるため、↓の画像のように微妙に映るプツプツとした部分に対しては効果がありませんでした。まあ、当たり前ですね。

(ただ、メッキングを塗布するといくらか目立たなくする事はできます)

IMG_20170914_091727

他にもバイクのフェンダー部分なんかにも施工することができます。

こんな感じでツヤツヤですよ~。

IMG_20170914_085553

アルミの腐食に対しての効果

筆者のバイクはSR400なので、とにかくアルミパーツが多い!

ただ、アルミパーツのくすみを気にしているライダーは多いのではないか?と思いますし、サビトリキングが1つで何役できるのか?というのも知りたくて…。

ついでに検証してみることにしました!

以下、右側がサビトリキングを使った面、左側がそうでない面です。

IMG_20170914_090752

もうパット見でわかりますよね??

ツヤッツヤです!鏡面度もマザーズなどのメタルコンパウンドより上な印象にあります。

NAKARAIさんの公式サイトのほうは、「アルミ等に対しての施工は、サビトリキングよりも普通の金属磨きを推奨します」と説明されていますが、筆者的にはアルミに対しても磨き効果がかなり高いと見受けました。

コンパウンドの目も細かく、粒もしっかりしているためか軽い力でピカピカになる印象ですよ。

専用の磨きクロスも汚れを吸着しながらキレイな面で磨けるような繊維の構造をしているというだけあって、柔らかいアルミで磨いたときに発生するダストも吸着してくれますし、磨きやすさは格別な印象です。

こんなふうにセパハンのアルミ部分にも…。

IMG_20170914_085429

塗り込んで磨いたら一瞬でピッカピカ!

IMG_20170914_085528

個人的には、サビていなくてもアルミに対して効果があったことは嬉しい誤算です。

あとは、ついでに数多くのライダーを悩ませることもあるフロントフォークのアルミ腐食に対してもダメ元でやってみました。

結果はこんな感じ。

筆者のフォークはクリア層が侵食されているわけではないので大きく見た目は変わりませんでしたが、研磨剤が含まれているので汚れや雨ジミが簡単に取れた印象です。

まあ、アルミに関してはクリア層の侵食が見た目を悪くしていますし、本気で直したいなら一度クリアを剥いで再研磨する所からでしょうね。

もちろんフロントフォークのインナーには効果を発揮します。

IMG_20170914_091307

ステンレスに対しての効果

サビに強いとされているステンレスですが、長年放置しておけばそりゃサビます。

では、ステンレスの上に発生した頑固なサビに対してはどれだけの威力があるのか?

サビトリキングはステンレスのサビ取りにも適しているというので、実際に使ってみましたが、そのサビ取り威力は予想の斜め上をいく結果に。

今回はサンプルとして、バイクよりも過酷な環境で保管されやすい自転車を使うことにしました。

長年屋外放置で、ブレーキワイヤすらサビだらけの自転車の、ステンレスキャリアに対して施工しました。

ご覧のとおりキャリアはガンガンに錆びてます。

bty

それが、こんな感じでひとたびゴシゴシすれば…。

こんな風に一瞬でサビが取れちゃいました!(下にある横棒部分はささっと磨いただけですが、もうちょっと時間かければ完全にとれると思います)

bty

ステンレスはもともとの金属が強いので、サビトリキングとの相性もバッチリみたい。

その後もサビトリキングの猛攻は続きます。

こんだけサビた自転車カゴが…。

bty

ものの数回こするだけで、こんなにピッカピカ!

これは病みつきになりそうです(このままやってたら日が暮れてしまうのでここまで…。)

bty

サビトリキングは総括すると

  • 非常にサビ落としの能力が高い
  • 赤錆や、メッキ表面の浮きサビには効果てきめん
  • ほんとにゴシゴシしなくても取れる
  • かといって、手が荒れる気配は一切ナシ(筆者は敏感肌です)

といった印象にあります。

バイクのサビには総じて強く、非常に高評価です。

ただ、注意点として。

こんな風に、表面だけでなく金属の芯までガッツリ侵食していそうな、爪でなぞるとゴリゴリ、カサカサと音がするぐらいまで侵食しているサビには別の処置をする必要があります。

この場合、新品に交換するか、ボンスターやワイヤーブラシで削って再メッキをするか、塗装すべきでしょうね。

(サビトリキングを買って「効果ないじゃん!」と言われたくないので念のため。)

IMG_20170914_093131

メッキングでいざコーティング

では、サビ取りをひとしきり楽しんだ後はコーティングをしていきましょう。

現状、サビトリキングをしたままだと、なーんにも表面に乗っかっていない状態。

つまり守備力がゼロの状態なので、保護する膜を作りたいのです。

そこで役に立つのが「メッキング」。

これでサビに強い被膜をほしいままにすることができちゃいますよ。

メッキングの使い方は極めて簡単。

  • メッキに付着した汚れをとる
  • メッキングを1,2滴垂らして均等に伸ばす
  • 5分~10分後に磨いて表面を均す

これをするだけです。

パッケージはガラスで、中身は強いアルコール系の薬品であることが伺えます。

サビトリキングはプラスチック容器ですが、こちらは落としちゃうと割れるので注意!たっぷり入っていて結構重たいです。

2017-09-14_160743

除光液をコットンに出すかのごとく、専用のシルク(サテン?)のような、ツルツルとした付属の「史上最鏡クロス」にふりかけます。

こちらのクロスも会社独自の工夫があるようで、

「ホコリや汚れを吸着するので、巻き上げられた細かいゴミで引きずり傷が発生しにくい」

といった特徴があります。

さわった感じでは、メガネ拭きよりもかなり繊細でサラッとしたさわり心地です。

なお、メッキングはNAKARAIさんの公式サイトによりますと、「1~2滴で10㎡ほど塗布できる」とのこと。

ミラーぐらいであれば一振りでOKです。

IMG_20170914_100445

コーティング剤は高額なものが多いですが、大量に使わなくてもOKなのは魅力的ですね。

施工はこんなふうに行っていきます。

優しく、クルクルと毛穴の汚れを取るように…。ではないですが、必要最低限の力で撫でるように磨いたほうが効率的に薬剤を広く伸ばせます。

見た目にもわかりますが、とにかく、うすーく伸ばしつつなじませるようなイメージでやっていきましょう。

5~10分ほどでコーティングが硬化しはじめるとの事なので、時間を置いて再チェックします。

塗り方にムラがあると、こんなふうにもわ~んとした「虹ムラ」ができます。

こうなったまま硬化してしまうと、もわ~んとした仕上がりになって除去が難しくなります。

明るい所でじっくり表面を観察しながら、硬化前にしっかりムラをとりつつ磨く作業をやっていくといいでしょう。

2017-09-14_161104

こちらはしっかりと塗り込んだ状態。ピッカピカですし、表面もサラサラとしていてコーティングされているのが肌触りでも確認できます。

あとは、24時間後まで水をかけないようにしたら完成。雨に強いメッキの完成です。(経過については、今後機会を見て掲載予定です。)

IMG_20170914_100522

バイクにも使えるメッキ専用のサビ取り剤、コーティング剤は初めて使いましたが、「本当に効くの?」という疑問を一瞬にして吹き飛ばしたサビトリキングとメッキング。

単なる雨によるサビ以外にも、海沿いのライダーの心強い味方でもあります。潮風によるサビもメッキングで強力なコーティングによりサビ対策ができますからね。

製品はかなりの大容量ですし、実際に1度で使う量はほとんどないのでペアで1本ずつあれば、しばらくの間はメッキはもちろん、バイク全般のサビに困ることはなさそうです。

セットが断然お得!今なら専用クロスも無料でついてくる

1本あればバイク100台分のコーティングができるとの触れ込みが公式サイトでは掲載されていますが、コスパ的には最強でしょう!

価格は単品ですとメッキングが5980円します。が、100回コーティング出来るのであれば、1回あたりの費用は59.8円。バイクを乗り換えたとしても、ずっと愛車をサビから守ることができます。

あるいは、友達同士で共同購入すればランニングコストはももっと安くなるでしょう。

よくわからないサビ取り剤を使用するよりも、専用品で安心できるサビトリキングをセットで使ったほうが相乗効果も期待できます。

また、今ならサビトリキングとメッキングをセットで購入すると、500円する別売品の専用磨きクロスも付属します。

詳細は公式サイトでも確認してみてください。

メッキ工房 NAKARAI

メッキ施工のためにはサビトリキングでしっかりとした下地を作るのも必須ですし、何より気持ちがいいです。

もともと付属しているクロスもありますが、今回の撮影1回の使用でこんな感じに…。笑

まあ、しっかりと汚れがとれている証拠ですね。

IMG_20170914_102325

長く使うことを前提として商品のボリュームも設定されています。

専用の拭き取りクロス以外でもキレイに落ちるかもしれませんが、特殊構造をしているこのクロスは汚れを取り込む性質があるので、

「落ちた汚れでメッキ部分を不本意に傷つける」

という事を最大限回避することができます。

クロスの無料プレゼントはいつ終わるかわかりませんので、お早目に!

まとめ

それでは、バイクのメッキのサビ対策を中心に、サビトリキングとメッキングについて紹介していきました。

よくわからないバイク用品店で薦められたものを使うよりも、実積のある専門業者の開発したもののほうが安心して使えるのは間違いありません。

ぜひ、サビ取りやメッキ施工のプロが開発した商品を公式サイトからチェックしてみてください。(専門業者なのでメッキ施工も見積もり受付中です)

公式サイトはこちらからどうぞ。↓
メッキ工房 NAKARAI

フリーな人生を楽しむライダーになりませんか?




スポンサーリンク







いつも記事をご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると非常に励みになります!

コメントについて

コメントは記事のご意見やご感想、情報提供をする場としてご活用ください。

なお、筆者はコンサルティングファームに所属している激務ライダーであるが故

記事をマークザッカーバーグのごとくハッカーウェイの精神で執筆しております。

そのため、記事内容には若干の誤りがあったり、誤字脱字が出て来ることもあるでしょう

その場合には、コメントにて問題点をご指摘いただけますと幸いです

(ただ、人と接する時の”礼節”はサーキットでのSNELL規格ヘルメットの如く持ち合わせてください)

なお、コメントの反映には時間がかかることがありますので少々お待ちください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る