MotoGP日本2016参戦日本人選手と日程!チケットとテレビ放映日程も

gp

バイクレースの世界最高峰カテゴリーMotoGP!

さぁ、いよいよやってきますよぉ。

今年も10月14~16日の3日間、
栃木県茂木市にあるツインリンクもてぎで、MotoGPの第15戦日本ラウンドが開催されます!

特に初めてご覧になる方にも
間口を広げたく、観戦初心者
にもわかる文章となっています。

今回は今シーズン、そして今年のもてぎならではの情報を凝縮し、滴るようにお届けします。

はじめてご覧になる方も、
毎年行ってらっしゃる方も、
ご家族、お友達お誘いあわせの上、今年もツインリンクもてぎで日本人選手を盛り上げよう!
 

スポンサーリンク

Contents

今期2016年の日本ラウンドでの見どころ

今年の日本ラウンドの見どころは、

  • 日本人選手の母国優勝の可能性と、
  • ワイルドカード出場の日本人選手の活躍

その他も話題はたくさんありますが、今回はこの2本に的を絞ってご紹介していきます。

今季参戦中の日本人選手を各クラス別に紹介

Moto3クラス(250㏄4ストローク単気筒クラス)

moto3

参考元;http://haajashare.com/ajo/yleinen/miller-unfortunate-at-assen-but-maintains-moto3-lead/

バイクごとの大きな差がないため、ライダーの腕の差が勝敗に大きく影響するのが見所です。

生え抜きの若い選手が多く、
若さゆえのミスも見られて面白いところ。

33名の選手で争われるこのクラスには現在2名の日本人選手が参戦中です。

鈴木竜生#24

susumai

参考元;http://www.motogp.com/ja/riders/Moto3
参考元;http://www.motogp.com/ja/riders/Tatsuki+Suzuki

千葉県出身、参戦2年目で20歳を迎えたばかり。

所属チームはCIP-Unicom Starker。

年間ポイントランキングでは現在26位。

マンヒドラ製のマシンを駆り、
昨年の日本グランプリでは
レインコンディションの中
13位でポイント獲得しています。

今年こそは上位で入賞してほしいですね、彼の若さを応援しましょう!

尾野弘樹#76

onohon

参考元;http://www.motogp.com/ja/riders/Moto3
参考元;http://www.motogp.com/ja/riders/Hiroki+Ono

奈良県出身の24歳。

参戦は2年目、Honda Team Asia所属

鈴鹿の地方選から勝ち上がり、旧全日本125㏄クラスで2008年ランキング3位。

活躍を期待されワイルドカード枠
(のちに説明します)で2008年
世界選手権日本グランプリ125㏄クラス
(現250㏄で行われているMoto3)
に出場。

さらに、2011年からロードレースグランプリ世界選手権旧125㏄クラスに出場。

周囲が最新のマシンを持ち込むなか、
尾野選手は3年前にすでに開発が
終わっている型落ちのマシンで参戦、雨のスペインGPを走り悪条件の中8位入賞。
↑これ凄いことです!!

2012年から活躍の場をアジアに移し、
Hondaがアジアのライダーを育成する
ために創設した
アジアドリームカップの日本代表として2013年にチャンピオンに輝いています。

若いながらも苦労人、応援しましょう。

Moto2クラス(4ストローク4気筒600㏄クラス)

moto2

参考元;http://forum.jorsindo.com/thread-2470658-1-1.html

Moto2は各チームが購入または
制作した車体に、Hondaから供給
される市販車の600ccエンジンを
等しいコンディションで使います。

このためマシン差の少ない、腕一本の勝負と戦術の立て方の頭脳戦がみどころ。

出場は全21チーム34名がエントリー。

その中に参戦中の日本人は中上貴晶ただ一人。

中上貴晶#30

nakaide

参考元;http://www.motogp.com/ja/riders/Moto2
参考元;http://www.motogp.com/ja/riders/Takaaki+Nakagami

中上選手はIDEMITS Honda Asia所属。

マシン(車体)はカレックス製。

千葉県出身の24歳。

Moto2は今年4年目。

4歳からポケバイを与えられ、
6歳でレースデビュー。

9歳から50㏄の
ミニバイクレースで3年連続優勝。

最年少出場・優勝、このころから将来を嘱望された存在に。

若干12歳でロードレースに参戦
13歳で全日本にスポット参戦13位。

スペインのMotoGPアカデミーに留学し、17歳から2年間世界選手権125㏄に参戦。

しかしその後1年間出場できない
辛い時間を過ごすも、負傷選手の
代役で出場したレースでの活躍が買われ、Moto2 での世界復帰を果たす。

タイヤを計算して最後まで使い切り、
レース後半に伸びる戦術的頭脳派
として知られています。

他の選手からも「レース後半の中上の動きには注意が必要」と言わしめるほど。

今季は飛躍の一年の予感。

第8戦のオランダGPで初優勝!

この運気をお土産に
母国グランプリ優勝なるか?

海外GPでは意外にヒール役的存在の中上。

そこはホーム開催、みんなの応援が必勝を呼びます!

後編戦のもてぎでは、レース前後に
ライダーの去就が決まって来ます。

上位のライダーがMotoGPに昇格することもあるので、その辺りも見どころです。

目指せ久々の日本人GP選手!!

MotoGPクラス(4ストローク4気筒1000㏄レース専用開発車クラス)

motogp

参考元;http://www.bmwblog.com/2016/01/22/should-bmw-enter-motogp/

参戦チームは日本のヤマハ・ホンダ・スズキ、ヨーロッパのドュカティー・アプリリア。

出場は全12チーム22名がエントリー
(ドゥカティ8台/ホンダ5台/
ヤマハ4台/アプリリア3台/スズキ2台)。

最低重量157㎏、最高出力250馬力以上最高時速350km/h overというモンスターマシン。

これを精密に操るには尋常ならざる体力と精神力が要求されます。

残念ながら、今季最高位のGPクラスには日本人選手はエントリーされていません。

その昔、本田宗一郎はレースを「走る実験室」と呼んだ通りレースは実践であり、研究の場。

新素材や新技術をふんだんに注ぎ込み、
戦績の良い技術やパーツは市販車に
フィードバックされていきます。

そのために各メーカーは
巨費を投じてマシンを開発。

参戦するバイクはレースの為に専用開発されたもので、一台3億以上ともいわれています。

ワイルドカード枠って何さ?

日本での活躍が認められ、今後期待の選手を母国開催時に出場させることができる出場枠。

それが「ワイルドカード枠」

日本期待のエースを世界に送ることで
選手の育成を図りレースを盛り上げ、日本のバイク界の厚みをUPさせるのが目的です。

かつてあのノリックこと
阿部典之選手も
ワイルドカード枠で
いきなり世界の強豪の
トップ集団を追い回し、
ついにはトップを取った周回も!

この活躍がヤマハの銘選手ウェインレイニーの目に留まり、世界デビューしたのは有名です。

なので
出場のチャンスをもらった選手はガラスの靴の片方を手に入れたも同然。

世界をかけたシンデレラ目指して
必至に頑張る姿を応援しましょう!

今年のワイルドカード枠は粒ぞろい!

今年のワイルドカード選手は話題に事欠きません。

MotoGPクラスへ参戦する選手

中須賀克行

nakasu2

参考元;http://www.racingheroes.jp/sys/wp-content/uploads/2014/11/IMG_9970.jpg

福岡県北九州市出身の35歳。

泣く子も黙るワークス
YAMALUBE YAMAHA
FACTORY RACING所属。

中須賀選手は3歳~12歳までポケバイに
のめり込み、2000年から全日本参戦。

250㏄1000㏄と数々の
全日本タイトルに輝き、

ヤマハワークスのエースとして活躍中。

2015・16年鈴鹿8耐連続優勝の快挙を成し遂げた今最も旬なライダーです。

nakasu3

参考元;http://www.twinring.jp/motogp/wildcard/

今時AKBのセンターは忘れても、
世界に出せるライダーは?と
聞かれたら中須賀選手の名前が
自然に出るように
しておきたいものです。

何といっても、
YAMAHAのワークスに所属して、
ロッシやロレンソのマシン、YZR-M1の開発ライダーを務めていることは強みですよね。

何と2012年のMotoGPバレンシア戦で
ロレンソ選手の代役にもかかわらず
なんと2位表彰台!!!←この速さ、神っす。

来季ロレンソがヤマハにいないし、GPに中須賀に行っちゃえば、て言ったら怒られますね。

Moto2クラスへ参戦する選手

 長島哲太

naga

参考元;http://www.webike.net/motosport/wp-content/uploads/2014/09/gp03_arg_box_teluru_team_jir_webike-635×423.jpg

神奈川県横須賀市出身

Moto2出走チームは
AJO MOTORSPORT ACADEMY

既にCEVレプソル国際選手権という国際レースで活躍中のライダーです。

実は2014年にMoto2に参戦
しかしこの年ケガに泣かされ、
昨年から現在のカテゴリーの
レースに出場して鍛錬を重ね、
表彰台でおなじみの顔ぶれに。

naga3

参考元;http://www.twinring.jp/motogp/wildcard/

今季は14戦のアラゴンGPから
MotoGPに参戦しているので、
来年シンデレラライダーになる可能性が楽しみなライダーです。

2015年には全日本の600㏄クラスで
もてぎを走り優勝しているので、これはもしかしてひょっとするかもしれませんよ

本人も世界の頂点目指してやる気十分です。

そしてMoto2にはもう一人。

浦本修充

uramo

参考元;https://news.webike.net/wp-content/uploads/2016/04/160412_kagayama005-269×300.jpg

なんかアイドルっぽいっすね。

東京都出身の23歳

2009年から全日本に125㏄クラスに
参戦しその後600・1000とホンダの
Teamで順調にステップアップ。

今年から往年の選手加賀山就臣氏率いる
TeamKAGAYAMAに移籍して、
初めてのスズキ車を駆ります。

ure2

参考元;http://www.twinring.jp/motogp/wildcard/

今年の全日本のJ-GP2というクラスで開幕4連勝し、ワルドカードを掴んだ実力派。

周囲の期待度の桁が違います。

彼が出場するチーム名は「JAPAN-GP2」このチーム名にはものすごいドラマが…

Moto2は先述の通り、
エンジンはHonda製。

現在スズキを駆る浦本選手は
条件が違い過ぎるのでは?と
一度はつかんだワイルドカードをあきらめかけたといいます。

しかし、幾多の条件や障害を
乗り越えてでも浦本選手を
世界の舞台に出したいと、
加賀山就臣氏が各方面に掛け合い、Moto2 出場が決定したというドラマがあります。

これはどっかテレビがドキュメントでやらないかですよね。

筆者も誰かにこんなに期待されてみたいっ、アイドルっぽいマスクも欲しい!!(泣)

そしてMoto2はもう一人!

関口太郎

seki

参考元;http://www.superbike.jp/news/images/20120804_02.jpg

東京都府中市出身の40歳

出走TeamはTeam Taro Plus One

中1からミニバイクレースに目覚め16歳からロードレースにという遅咲きのライダー。

しかし2001年に全日本(250㏄)で
チャンピオンになり、翌年には
ロードレース世界選手権
(旧MotoGP250GP)に出場、
更に2003年にはロードレース
ヨーロッパ世界選手権GP250に
参戦し8戦前線優勝でチャンピオンに輝くなどその才能で数々の偉業を成し遂げています。

seki2

参考元;http://www.twinring.jp/motogp/wildcard/

2005年のチーム移籍の際、スポンサーが音信不通になる事件が発生。

自身のWEBページから
スポンサー募集を行った結果
2ちゃんねるから資金提供を
受けるなど、この営業関連の
話はドラマそのもの。

まさに亀の甲より年の功、サーキット外でも火事場の力を発揮するすごい人です

現在全日本のJ-GP2でランキング2位
の実力でワイルドカードを
手に入れました。

「まだ成長したい」と語る40歳。

何だか親近感を覚える筆者47歳。

頑張れおじさんの星ぃ!

Moto3へ参戦する選手

佐藤 励
sato

参考元;http://www.twinring.jp/motogp/wildcard/

出走チーム名;41 Planning

2016年から全日本ロードレース J-GP3クラスにフル参戦

現在は長い間世界で活躍する名選手、
宇井陽一氏率いる41 Planningに所属。

マシンはKTM製を駆ります。

satou2

参考元;http://www.twinring.jp/motogp/wildcard/

宇井氏から負けん気の強さを買われ、
彼が推して世界を体験させるべく
今回世界の舞台を踏むことになりました。

絶大な期待を受け、飛び切りの若さが光る現役高校2年生のライダー。

実に羨ましい環境だ!

そしてそして、今年の大きな話題はこの人。

岡崎 静夏

za

参考元;http://www.racingheroes.jp/sys/wp-content/uploads/2013/11/photogallery_003_17.jpg

神奈川県横浜市出身の24歳

TSRのマシンを駆り、UQ& Teluru Kohara RTから出走します。

10歳の頃から弟の影響でポケバイに
目覚め、15歳で国内のロードレース
アカデミーに入学。

当時から「日本一速い女子高生」として他方から注目を浴びていました。

最初は女性限定のレディースレースで
チャンピオンタイトルを総なめにし、
2009年には国際ライダーに昇格。

sizuka

参考元;http://www.twinring.jp/motogp/wildcard/#

2010年から全日本GPーMONOに参戦
2012年からJ-GP3に昇格

「日本一早い女子高生」も既に産業能率短大を卒業。

日本人女性ライダーの世界舞台としては1995年の井形とも子以来21年ぶり!

スペインから今季参戦中の女性ライダー、マリア・ハレラ選手#6の先が見えるか?

期待が高まりますねぇ。

MotoGP2016日本、筆者一推しのお楽しみポイント

勢いの増す日本人選手も見逃せませんが、
勢い上昇中の日本メーカーも、母国グランプリは一味違いますよぉ。

昨年繰り広げられたYAMAHA・HOANDAとの激しいバトルに粘るDUCATIという構図。

しかし、今年は参戦2年目となる
SUZUKIのマシンの仕上がりが良く、
12戦シルバーストーン(英)で
マ-ベリック・ピニャーレスによる
悲願の初優勝を成し遂げ、上位の勝敗にも競り込んでくるようになりました。

mppu

参考元共に;http://www1.suzuki.co.jp/motor/sports/race/2016/motogp_report_rd12_2.php

スズキ悲願の母国優勝なるか?これは鈴菌感染者ならずとも目が離せませんな!

期待の日本人選手たち、いかに海外選手勢を倒すのか?

かつてMotoGPがWGPと呼ばれていた90年代は日本人選手の黄金時代と言われていました。

多くの選手が最高峰500㏄クラスの
ワークスチームのエースとして活躍。

特に日本グランプリでは、表彰台を独占していた時代も…。

oka

参考元;http://www.honda.co.jp/WGP/spcontents2010/japangp/02/index3.html

岡田忠之選手やノリックこと阿部典史選手なども当時のスター選手として数えられます。

昔のWGP日本グランプリの中継で
表彰台の映像を観ていたとき、
「なんか、全日本みたいだね」と
言っていたほど、日本人の表彰台は
多かったんですよ。

しかし、今では世界の壁も厚くなり、日本選手がその壁を破れない状況が長い間続きました。

これが世界の「壁」かと実感したとき

筆者はあの阿部典史選手と、もてぎのスポーツ走行で同じ走行枠を走行したことがあります。

nori

参考元;http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/10/post_fb6b.html

阿部典史選手は1995年から
WGP(MotoGPの旧称)にフル参戦。

500㏄時代1992年の日本GPで
当時14年ぶりの日本人優勝を飾り、
王者ヴァレンティーノ・ロッシと
チームメイトだったこともある
文字通りのスーパースター。

ロッシのバイクには今も「ろっしぃふみがんばって!」というステッカーがあるのは有名。

rossi9

参考元;http://sachiura-naps.seesaa.net/article/125538914.html

これはロッシが、「自分も彼のような走りをしたい」と阿部典史選手にあこがれていた証。

スーパースターの彼をもってしても
後半輝かしい戦績を残すことができず、
WSB(市販改造車1000㏄クラス)に
活躍の場を移します。

そして、
一年間世界を転戦した後、
全日本SBKに返り咲きます。

筆者が阿部典史選手と一緒に走ったのは彼が全日本に戻る2007年の冬。

SBK仕様のYZF-R1 (5vy)で、
非公式に練習に来た阿部典史選手と
幸運にももてぎで同じ走行枠で走る
ことができたのです。

まぁ、筆者も2分10秒が切れない素人ですから当然なんですが、追いつこうってのが間違い。

多分冬場のテストですから
そんなに本気で走っては
いなかったようですが…。

あっという間に見えなくなり、あっという間に後ろから来て一瞬で抜いて消えていきます。

「お金を払ってバイク乗る人と、お金もらってバイク乗る人って違うんだね~」
なんてみんなで笑ってましたけど、
同時にそこに居たみんなが口々に
言っていたのは、
「こんな超絶早い人が勝てないってMotoGPって世界っていったい?!」ってこと。

ノリックさんは我々にとって
空前絶後のスーパースターなのは
間違いありません。

しかしそのときはクソ生意気にも、世界に挑む大変さを垣間見た気がしました。

母国サーキットを追い風にできるか?

しかし、
 壁をぶち破るべく参戦中のライダー達は己の持てる100%以上の力で各戦を戦っています。

今回何より見どころとなるのは、
勝手知ったる母国サーキットでの戦い。

日本の選手なら
ツインリンクもてぎは庭のようなもの。

motegi

参考元;http://www.twinring.jp/course_m/

どこでどのタイミングでどう動くと速いのか体に刻み込まれているのが日本選手の特権です。

実はツインリンクもてぎは、
非常にテクニカルでブレーキングが難しく世界的に難しいと言われているサーキットです。

実際、あのヴァレンティーノロッシさえも
もてぎでは数多く転倒リタイヤを
喫しています。

ssaa

参考元;https://i.ytimg.com/vi/n19a29ir95I/maxresdefault.jpg

その他の選手もやはり
もてぎについては「難しい」
という選手が多くいます。

筆者も何度となくもてぎを走っていますが、はやり難しく感じますね。

コース図では平坦に見えますが、
実はアップダウンが多くあり、
これに加えて絶えず猛烈な
ストップ&ゴーを要求されます。

そして時折急こう配をフルスピードで
下ってブレーキングする場面
(V・ロッシが幾度も転倒したところ)
もあるので、
ブレーキへの負担が大きいサーキットと言われています。

特にMotoGPnoトップスピードと言えば350km/h以上!

このため特にブレーキついては、
選手たちによる取り決めで、もてぎ開催だけは特別な強化ブレーキの使用が許されています。

つまり、
多くの選手が特別視するサーキットに慣れているという点が日本人選手の武器になるのです。

みんなの応援でライダーの力を倍増させよう!

現地での応援は何より選手自身でも気が付かないほどの強く彼らの負けん気を倍増させます。

もしもてぎに足を運べなくても、
世界を相手に命がけで戦う彼らに
関心を強く寄せることがレースを
盛り上げることになるのです。

そして強いてはそれが日本人選手たちを強くしていく後押しになっていきます。

しかし、せっかく年に一度のスーパーイベント。

目の前で起きていくモータースポーツの歴史の目撃者に、あなたもなってみませんか?

 まだ間に合う!日本開催日程とチケットの購入方法

「それならよしっ、サーキットだ!」と思ったら、まずはチケットをゲットしましょう!!

日程についてのご紹介

Motogp  2016 日本ラウンドの日程は以下のようになっています。

10月14日(金)フリー走行
10月15日(土)フリー走行/公式予選
10月16日(日)決勝レース

全日の詳しい時間内容はこちらの公式ページをご覧ください。

http://www.twinring.jp/motogp/timetable/

レース以外にも選手のトークショーや
キャンギャルの撮影イベントなど、
ステージイベント盛りだくさん。

イベントの詳細内容はこちらをどうぞ。

http://www.twinring.jp/motogp/event/schedule.html

15日の前夜祭クラブナイトは見ものですね。

チケットについてのご案内

チケットには席によっていろいろなタイプがあり、それぞれのお求め方法が違います!

チケットは全部で42種類、
ほとんどがSOLD OUTですが、
まだ間に合う19種類について
ご案内してまいります。

基本的にこの3日間すべてを観ることができる通し券になります。

大きく分けると、
観戦券・指定席券・オプション券・駐車券
そしてセット券です。

駐車券がセットになったものもありますが、ほとんどが別売りのものが中心です。

まずは、観戦席ガイドをご覧ください。

kansen

参考元;http://www.twinring.jp/ticket_m/2016/motogp/

全体的に観戦席はこのように配置されています。

(ソフトの関係でちょっと字が
読みにくくてゴメンナサイ)

大きく分けると、
指定席スタンド席と
自由観戦エリア

そして、
今残っている指定席はテラス席とA席・V席・G席。

自由観戦エリアの券もまだ購入可能です。

ツインリンクもてぎのHPには
各席からの見え方を動画で紹介しているページがありますので、参考にしましょう。


http://www.twinring.jp/motogp/race/seat.html

自由席

キックボードやスケボーなどで自由席を移動しながら観戦するのがツウの観戦方法!

芝生で昼寝をも良し、
家族でピクニック気分を
味わうもよし。

フリースタイルが観戦の基本!

だいたい決勝日以外は全部自由席です(笑)

詳しい自由観戦エリア案内はこちらをどうぞ
http://www.twinring.jp/ticket_m/2016/motogp/pdf/unreserved-seat.pdf

※各端末オンラインコードはチケット案内の最後にご案内しています。

 大人
(高校生以上)
 子ども
(中学生まで)
 9,300円 無料 
三日通し券、

別途駐車券が必要。

10月14日(金)はVIPスイート
など一部を除き全席自由席。

お子様のレース観戦には、
観戦券持ちの大人の同伴が必要。

ホスピタリティガーデンは
自由席観戦券でOK。

 MOBILITY STATION
チケットぴあ
ローチケHMV
ローソン、
ミニストップCNプレイガイド
青山ウェルカムプラザ
ツインリンクもてぎ
チケットセンター窓口
TEL.0285-64-0080
※チケットぴあは
セブンイレブン、
サークルK/
サンクスの発券機。各端末でチケットぴあを
選択して購入。

指定席

A席

a

参考元;http://www.twinring.jp/ticket_m/2016/motogp/reserved/seat-a.html

A席はグランドスタンドの席でメインストレート前の席です。

最終コーナー立ち上がりからマシンが
トップスピードで駆け上がって来る
ところ、やピットワークを
観ることができます。

子ども連れでお子さんが飽きちゃっても
遊園地やレストラン等の施設への
アクセスが楽なので、観戦初心者と
ファミリーにはお勧めです。

 大人
(高校生以上)
 子ども
(3歳~中学生)
チケット販売方法
 14,000円 1,600円MOBILITY STATION
チケットぴあ
ローチケHMV
ローソン、
ミニストップCNプレイガイド
ツインリンクもてぎ
チケットセンター窓口
TEL.0285-64-0080※
チケットぴあは
セブンイレブン、
サークルK/
サンクスの発券機。
各端末で
チケットぴあを
選択して購入。
  • 観戦券と指定券のセット売りです。
  • 別途駐車券が必要です。
  • 3日通し券ですが、10月14日(金)~15日(土)が
    自由席、決勝日のみ指定席券となります。

A席にはファミリーにお得なファミリーセット券(3日通し券)が用意されています。

こちらは、

 A席指定席
大人2枚・子ども2枚

スーパースピード
ウェイ1ターン駐車券
MOBILITY STATION

ツインリンクもてぎ
チケットセンター
窓  口
TEL.0285-64-0080

セブンイレブン

 37,000円
 子ども券は3歳~中学生が対象となります。

南ゲートよりご入場ください。

10月14日(金)15日(土)は自由席、
16日(日)は指定席です。

テラス席

tera

参考元;http://www.twinring.jp/ticket_m/2016/motogp/reserved/terrace.html

写真のように、A席の上にあり、さらに奥のコースの様子を見ることができます。

新幹線ならグリーン車、特製弁当付き!
カップホルダーとリクライニングは勿論
専用トイレまで完備!!

しかも
大人ふたりなら駐車場券もセット!
お相撲で言えば桝席みたいな席ですね.

何より、
選手やキャンギャルを間近に見ることができるピットウォ―ク3日間通し券付!!!

それでこのお値段はイケてます↓

 大人
(高校生以上)
 子ども
(3歳~中学生)
チケット販売方法
 25,000円 14,200円MOBILITY STATION

ツインリンクもてぎ
チケットセンター
窓      口
TEL.0285-64-0080

  • 特性弁当は決勝日のみのサービスです。
  • 3日通し券ですが、10月14日(金)~15日(土)が
    自由席、決勝日のみ指定席券となります。

V席

v%ef%bc%90

参考元;http://www.twinring.jp/ticket_m/2016/motogp/reserved/seat-v.html

V席は写真の白く囲った部分。

最終コーナーを駆け上がり、1コーナー飛び込んでいく様子が観られます。

メインストレート沿いでマシンと
選手の躍動感を一層近く感じられます。

V席はV1~V6までの席があり、各メーカーの応援席にもなっている超人気席。

9月30日現在売りれてしまった席も
あります。

ここではまだ購入可能なお席をご紹介です、さらに売り切れの際はご容赦ください!

vseat

参考元;http://www.twinring.jp/ticket_m/2016/motogp/

V1~V6の位置はこのようになっていて、
V6か最終コーナーをV1が1コーナーを
間近に観ることができます。

また、メーカー応援席では各チームの応援グッズがもらえます!

大人
(高校生以上)
 子ども
(3歳~中学生)
チケット販売方法
V1
ローソン
シート
21,000 円2,000円ローチケHMV
ローソン、
ミニストップ
V2
MICHELIN
応援席
19,000円2,000円MOBILITY STATION
チケットぴあ
ローチケHMV
ローソン、
ミニストップ
※チケットぴあは
セブンイレブン、
サークルK/
サンクスの発券機。
各端末でチケットぴあを
選択して購入。
V3女性
ビギナーズ
シート
19,000円2,000円限定150枚!

ローチケHMV
ローソン、
ミニストップ

#レース初観戦女性
スペシャルシート。

グループに女性が
いる場合の限定発売。

V4
ドゥカティ
応援席
21,000円2,000円ローチケHMV
ローソン、
ミニストップ
DUCATI 正規販売店店頭販売
販売数が残りわずか。 
V5スズキ応援席21,000円2,000円販売数が残りわずか。

オンライン販売在庫完売。

SUZUKI 2輪販売店購入。

V619,000円2,000円MOBILITY STATION
チケットぴあ
ローチケHMV
ローソン、
ミニストップ
CNプレイガイド
青山ウェルカムプラザ
ツインリンクもてぎ
チケットセンター窓口
TEL.0285-64-0080
※チケットぴあは
セブンイレブン、
サークルK/
サンクスの発券機。各端末で
チケットぴあを
選択して購入。
V6
アプリリア
応援席
19,000円   /MOBILITY STATION

アプリリア
正規販売店

販売数が残りわずか。

V6KTM
MotoGP応援
2輪セット券
21,000円 /MOBILITY STATION

KTM
正規販売店

販売数が残りわずか。

 V6
セブン
イレブン
シート
19,000円2,000円 セブンイレブン
のみの取り扱い
  • 観戦券と指定券のセット売りです。
  • 別途駐車券が必要です。
  • 3日通し券ですが、10月14日(金)~15日(土)が
    自由席、決勝日のみ指定席券となります。
女性ビギナーズシートだけの特典

サーキット案内ツアーが付きます。

元MotoGPライダーの中野真矢氏が観戦についての解説講義をしてくれます。

G席

90

参考元;http://www.twinring.jp/ticket_m/2016/motogp/reserved/seat-g.html

G席はツインリンクもてぎで
一番高いところ、ビルにしてだいたい
5階ぐらいの所から一気に350km/hで90°コーナーに突進してくる選手達が見られます。

毎年ドラマの多いコーナーが目の前、筆者としてはここが一番面白いところだと思います!
大人
(高校生以上)
子ども
(3歳~中学生)
チケット販売方法
12,000円 1,100円MOBILITY STATION
チケットぴあ
ローチケHMV
ローソン、
ミニストップ
CNプレイガイド
青山ウェルカムプラザ
ツインリンクもてぎ
チケットセンター窓口
TEL.0285-64-0080
※チケットぴあは
セブンイレブン、
サークルK/
サンクスの発券機。各端末で
チケットぴあを
選択して購入。
  • 観戦券と指定券のセット売りです。
  • 別途駐車券が必要です。
  • 3日通し券ですが、10月14日(金)~15日(土)が
    自由席、決勝日のみ指定席券となります。

オプションパス

パドックパス

ari

参考元;http://www.twinring.jp/ticket_m/2016/motogp/

椅子はないけど、思いっきり選手たちを間近で観れちゃいますよ。

ここはマシン好きメカ好きには
たまらない昼飯代を
このオプションに宛ててでも
行きたいエリア。

2コーナー~5コーナーまで観戦できる特設観戦エリアです。
観戦券のオプション扱いになります。

 10/14(金)
練習
10/15(土)
予選
 10/16(日)
決勝
 MOBILITY STATION
チケットぴあ
ローチケHMV
ローソン、
ミニストップ
※チケットぴあは
セブンイレブン、
サークルK/
サンクスの発券機。
各端末で
チケットぴあを
選択して購入。
 10,000円 11,000円 12,000円
  利用可能エリア

・パドックエリア内、
サービスハウス上
(2コーナー~5コーナー)
まで観戦可。

・特設観戦エリア
(最終ビクトリーコーナー付近)
にご入場が可能。

※入場制限実施の可能性あり。

3歳以上共通料金。

各日1日の料金。

別途観戦券が必要。

引換券での販売。

レース開催期間中にツインリンク
もてぎチケットセンター窓口にて
引換を実施。

ピットウォ―クパス

sing

参考元;http://www.twinring.jp/ticket_m/2016/motogp/

ピットウォーク開催時間になんとピットレーンに入れちゃいます!

これは持っておくべきでしょう!

10/14(金)
練習
10/15(土)
予選
 10/16(日)
決勝
 MOBILITY STATION
チケットぴあ
ローチケHMV
ローソン、
ミニストップ
※チケットぴあは
セブンイレブン、
サークルK/
サンクスの発券機。
各端末で
チケットぴあを
選択して購入。
 2100円2100円2100円
3歳以上共通料金。

各日1日の料金。

別途観戦券が必要。

前売り完売にて終了。
当日券はありません。

ビクトリーコーナー激感エリア

bik

参考元;http://www.twinring.jp/ticket_m/2016/motogp/

立ち見エリアですが、
セカンドブリッジをくぐって
ビクトリーコーナーを登って来る選手たちを思いっきり間近でみられます。

限定各日30枚!!(9/10発売なのにまだあるらしい!!!)

10/14(金)
練習
10/15(土)
予選
 10/16(日)
決勝
セブンイレブン
のみの取り扱い
 3000円3000円3000円
3歳以上共通料金。

各日1日の料金。

別途観戦券が必要。

前売り完売にて終了。
当日券はありません。

駐車場券

これがないと
車もバイクも止められません!!

サーキットも広大なので、バスライドパーキング(4輪のみ)はありがたいですよ。

続々と売り切れている駐車エリアが増えていますのでお急ぎください
!!

前売り駐車券
  4輪2輪
 北エリア 東エリア 南エリア
 2,000円 2,000円 500円
別途観戦券必要。

・2.5m×5.0mのエリア区画内
大型車、キャンピングカーも駐車OK

・北エリア駐車券の場合は
北ゲートより、
・南エリア駐車券の場合は
南ゲートより、
・東エリア駐車券の場合は
東ゲートより入場のこと。

 チケット販売方法

MOBILITY STATION
チケットぴあ
ローチケHMV
ローソン、
ミニストップ
CNプレイガイド

青山ウェルカムプラザ
東エリア以外)

ツインリンクもてぎ
チケットセンター窓口
TEL.0285-64-0080

※チケットぴあは
セブンイレブン、
サークルK/
サンクスの発券機。

各端末で
チケットぴあを
選択して購入。

   バスライドパーキング(Aエリア)/4輪
2,000円
   別途観戦券必要。

10月14日(金)・15日(土)は
ツインリンクもてぎ場内の
N5駐車場利用OK。

北ゲートより入場のこと。

10月16日(日)は指定の
場外駐車場を利用のこと。

場外駐車場から無料送迎バスを運行。

10月16日(日)5時~20時

・Aエリアは茂木町内
「グリーンパークもてぎ
または並松運動公園」が指定駐車場。
当日は、係員の指示に従ってご入場のこと。

・Aエリアが完売した場合、
他のエリアを追加販売する場合あり。
追加エリアはツインリンクもてぎに
近いエリアから順番に販売。

・無料送迎バスが混雑する場合があり、
バスライドパーキングのご利用は、
時間に余裕を持って来場のこと。

・カーナビでの設定住所
:栃木県芳賀郡茂木町茂木1824

 MOBILITY STATION

ローチケHMV

上記が9月30日現在購入可能で、それ以外はSOLD OUTです。

ご注意!

※MOBILITY STATION
オンラインショッピングサイト
の券売終了は
10月8日(土)24:00です。

※ツインリンクもてぎ
チケットセンターの
電話による通信販売券売終了は、
10月8日(土)16:30です。

各端末オンラインコードは
ツインリンクもてぎ特設
WEBにご案内があります。


http://www.twinring.jp/ticket_m/2016/motogp/index.html#Sales-Guide

MotoGPテレビテレビ中継予定

筆者としては、やっぱり現場の臨場感を一度は味わってほしい!

ヨーロッパの人たちがピクニックの
ように寝転がったり、キャンプを
しながらレースを観戦観戦したり。

kkya

一度はそんな風にのんびりと家族の休日にするのはいいものですよ。

ってのはわかってるんだけど、
結局忙しくてTVで観ちゃうんですよね。

はい、筆者もこんだけ書いといて結局そうです。

では今年のTVの放映日程を確かめておきましょう。

t%e2%85%a4

日テレG+が今年もやってくれます。

全クラス予選;10月16日(日)7:15~10:45

全クラス決勝;10月16日(日)10:45~15:30※最大16時まで拡大

見逃しても大丈夫!再放送もあるよ!

全クラス予選;10月18日(火)8:30~12:00

全クラス決勝;10月18日(火)12:45~17:00

日本テレビ地上波

MotoGP決勝のみ;10月17日(月)午前1:40~3:00(日曜深夜)

このほかにも、
日テレの特設HPで、10月16日(日)14:00~
空撮や各マシンのオンボードカメラなど、
自分の好きな角度からGPクラスを生で
見ることができる、
「MotoGPマルチスクリーン」も配信されます。

marul

参考元;http://www.ntv.co.jp/motogp/multiscreen/

詳しくは日テレのHP迄

http://www.ntv.co.jp/motogp/multiscreen/

更にMotoGPの公式サイトmotogp.comもすごいです。

moto%e3%82%82%e3%81%a8

参考元;http://www.motogp.com/ja/Results+Statistics/

VIDEOPASSに
登録しておくと、もてぎ戦は勿論、
全戦の映像をリアルタイムで観たり、好きなレースを好きな場所で観ることができます。

この機会にぜひ!

https://secure.motogp.com/ja/subscribe?utm_source=Banner&utm_medium=MPU&utm_content=Half_Season_2016_dto1&utm_campaign=VideoPass

まとめ

皆さんはMotoGPを生でご覧になったことはありますか?

もし「ない」というお答えでしたら、
ぜひ一度は広大なサーキットの中で
繰り広げられる世界一のバイクレース
の雰囲気に包まれてみてください。

筆者の友人でMotoGPが大好きな人がいます。

その方は毎年家族で3連休を取って
ツインリンクもてぎに行くんです。

小さなお子さんを連れて、周囲の施設で
遊びながらのんびりとする大事な時間を
サーキットでつくっておいでです。

「たかだかバイクの競争」、なんて言わないでレースを肴にのんびりする。

いや、のんびりするきっかけにレースを観る。

それでいいじゃないですか?

文字通り世界を股にかけて活躍している多国籍な選手それにメーカーやスタッフ。

筆者はアメリカのオースティン空港で
次戦のスペインに向かうMotoGPの
スタッフの大移動に出くわしたことが
あります。

本当にものすごい大移動です。

ああやって約一年、世界中を飛んで歩くんですよ。

日本人選手やスタッフもね。

彼らに混じって子どもの時から
武者修行に行っている日本人選手もいれば、
今回初めて世界を知る高校生もいる。

年季の入ったライダーも女の子ライダーも。

これだけ大きな祭典の基軸に
なっているのは数多くの日本企業。

彼らが凱旋して帰ってきて、母国で錦を飾るところです。

テレビの前でビール片手に大声で
叫んじゃったっていいんです。

それもそれで立派な応援。

「人類の最大の敵は無関心」と言いますが、
10月16日、この日だけは栃木の
彼らに関心を寄せましょうよ。

オリンピックのように温かく迎えてみんなで盛り上げようじゃありませんか?

あ、そうそう、
忙しくてビデオ撮って楽しみにしている人もいます、結果のネタバレは気を付けましょうね。

ガンバレ本!

スポンサーリンク

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると非常に励みになります!

あなたのバイクの買取り値段、1年後には半額かも?

もしも今乗っているあなたのバイク、売ろうと思っているなら今が一番高いかもしれません。

本当に欲しいバイクがあるのなら、早いうちにコツコツ資金を用意しておいたほうがいいです。年数を経るごとに金額が安くなっていくのも事実ですから…。

査定自体は無料ですし、金額だけでもチェックしておいて新しいバイクを買う準備をしておきましょう。

筆者オススメのバイクの査定額をUPする方法と、キャッシュバックもやっているオススメ業者を紹介します。

コメントについて

コメントは記事のご意見やご感想、情報提供をする場として活用していただければと思います。

なお、コメントの反映には時間がかかることがありますので少々お待ちください。

『MotoGP日本2016参戦日本人選手と日程!チケットとテレビ放映日程も』へのコメント

  1. 名前:MMGO 投稿日:2016/10/03(月) 01:40:52 ID:a45b2a119 返信

    面白かったです!もてぎに行ってみたくなりました。

    チケットの買い方がこんなにあるなんて、これだけですごい情報ですね。知りませんでした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る