夏のバイクの暑さ対策!グッズ紹介&ヘルメット内部を涼しくする方法も

atusugi

満月を見ると変身するのは狼男ですが、太陽を見るとライダーに変身したくなるのが我々バイク乗りです。
もうすぐあの、どえりゃぁ暑い夏がやってきます。

追いかけてくる日常の気ぜわしさから逃れて、太陽の下をどこまでも駆け抜けていきたい、いっそバイクの一部になってしまいたいとさえ考えてみたりして・・。

とはいうものの、 バイクで渋滞に巻き込まれたりしたときなどは、太陽だけでなく、バイクのエンジンの熱、周囲の車(特にトラック)の熱に囲まれて、それはもう大変な思いをするものですよね。

かくいう筆者も、過去に暑さのため何度か気絶して、渋滞中にバイクを倒したことがあります。

さて、夏はもうすぐ、「バイクにエアコンがあればいいのに」なんて思っているライダー諸氏に、とっておきの情報をお届けしますよ。

スポンサーリンク

バイク暑さ対策の基本は地道な体力づくりから

太陽に照らされ、他車の熱に囲まれ、自分のバイクの熱に大手をかけられているような状況下ではまず、倒れないようにすることが大前提です。

熱中症にかかりにくい条件を整えるために、熱を逃がしやすい身体を作りましょう。そのために、サウナなどに行って、汗をかく練習をしておくと良いです。

2016-04-04_021904atui

とかく現代人は、好むと好まざるとにかかわらずエアコンの下にいることが多いので、自分で体温調節をする機能が弱っている人が多いようです。

軽い運動をして汗をかくのもいいのですが、わざわざその時間を作りにくいもの。

癒しの時間の中でも、意識的に汗をかき慣れておくということが熱中症の予防になります。

炎天下で熱中症予防のためにできること

バイクに乗っている時に、熱中症予防で気をつけたいことは以下のとおりです。

  • 水分、特に電解質をしっかり補給すること。
  • 塩分補給も同時に補うこと。
  • 食欲がない場合にはヨーグルトや高機能ゼリー等、完全食を使って体力の低下を防ぐこと。
  • 休憩をよくとり、日陰で身体をマメに冷やす努力をすること。

水分は吸収の良いスポーツドリンクなどがよいでしょう。また、塩分は、岩塩のかけら、塩キャンディーや梅干し等、携行しやすいものがいいでしょう。

それから、暑いとついつい食が細くなりがちですが、固形物が摂れなくなっても、上記のものを摂ればしっかり、体力を保てます。

コンビニなどで手に入る汗ふきパッド等は、効果絶大、 体の熱を取るのに大変有効で、顔をひと拭きすれば、眠気も飛んでいきますよ。

asehukki

参考リンク → 汗ふきパッド

バイクで暑くてもTシャツ1丁は厳禁!

我々の皮膚は、ひとたび何かに接触すれば、簡単に穴が開いたり、裂けたりしてしまうものなのです

夏場になると、半袖、短パン、サンダル、半キャップでバイクやスクーターに乗る、大胆な暑さ対策をしたライダーに遭遇することがあります。

本人は涼しいのでしょうが、見ているこちらは別の意味で寒くなりますよね。

実は、炎天下に肌をさらすのは日射病の条件を整えてしまいますし、何より危険です。

違法ではありませんが、法律が取り締まらないからと言ってこういう服装の危険性について考慮しないというのは大問題です。

しかし、悲しいことに、人は実際の被害に遭うまでそれらを真剣に考えようとしません。

ライダーには、走行する時間や距離が短くても、危険予知などの予防的運転にこだわり、自身の被害についても最小にとどめようと努める責任があるのです。

この責任に対して、暑さは全く言い訳にならないでしょうしね。

当然暑い夏でも、長袖長ズボン、ヘルメットそれにグローブやシューズもしっかりしたものを着用してプロテクションを確保しなくてはいけないので、大変です。

バイク乗り必見の専用暑さ対策グッズ

そこで、本稿では最適なグッツをご紹介していきたいと思います。

まず、夏対策で一番ポピュラーなのは、用品各メーカーから発売されている速乾性のあるインナースーツです。

2016-04-04_022133ku-rusu-tu

参考リンク → おすすめの速乾インナースーツ

これは、汗などで蒸れて不快になるのを防ぎ、肌にあたる面をさらっとした感じに保つ素材でできたものです。バイクだけでなく、最近では背広の下に着るような、一般生活の中でも幅広い用途で用いられていますね。

このスーツをインナーにして、メッシュジャケットやメッシュパンツを着ると効果は大です。

特にこだわりたいところは、胸部プロテクターや、脊椎プロテクター等の取り付けが容易にできるようなものや、肘や方にもプロテクターが入っているものがいいですね。同じように、パンツでは股下にクッションが入っていたり、膝パットが入っているものがいいでしょう。

purotecter

参考リンク → 胸部プロテクター

近年は死亡事故の死因として、頭部へのダメージの次に、胸部圧迫によるものが増えているといいますから、これは外せません。

更に、涼しさに特化した素晴らしい商品が、こちらのVENTZエアインテークです。 これは、ジャケットの手首の裾部分に装着して、積極的に風をジャケットの中に入れるためのものです。

ventz

参考リンク → VENTZエアインテーク

これだけでも体感温度は下がり、快適性は上がるといいます。また、インテークも装着するなら、手元の涼しさとプロテクションも考えましょう。 皮のレーシンググローブもよいのですが、暑いときは積極的に風を通すメッシュグローブがお勧めです。

2016-04-04_022738gurouve

参考リンク → メッシュグローブ

最近では手の甲に硬質パットを設けたものや、手の表面にジェルを入れて振動を吸収するものなど、ツーリング中の疲れを軽減する機能が盛り込まれたものが主流です。

皮素材よりもナイロン素材のものの方が、急な夕立等ツーリング中の天候の変化にも対応しやすいと思いますし、洗濯や洗い替えに数枚用意するのにもリーズナブルで良いでしょう。

これらを組み合わせれば、肌を露出することなく、最低限のプロテクション効果を確保しかなり涼しい快適なツーリングが楽しめるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

バイク乗り必見!頭のいい頭を涼しくする方法は?

頭もまた簡単に割れますし、我々の脳は、とうふ程の強度しかないのです。

手や体はひとまずこれでよいとして、肝心なのは頭です。

よく「おまわりさんに捕まるからヘルメットをかぶる」と言う人がいますが、たぶんそういう人は捕まらないためにヘルメットを被るのでしょう。

簡易的なヘルメットにどれほどの強度があるのかわかりませんが、ライダーとしての資質が備わった人であれば、通気性に富み、強度の確保されたヘルメットを選ぶでしょう。

最近では走行中、ライダーの背後に発生する負圧を使って、前方から積極的に外気を取り入れるエアダクトを備えたものも珍しくはありません。

クトがないものと比較すると、ダクトの効果で全く快適性が異なるのを実感できます。

feature1107

参考リンク → エアダクト付きのヘルメット

また、さらに最近ではこの効果を助けるヘルメットインナーキャップが発売されています。

heruinnar

参考リンク → ヘルメットインナーキャップ

これは先ほどご紹介させていただいた、速乾インナースーツとほぼ同じ素材で、頭の湿気をいち早く外に出し、気化熱で頭を冷やす機能を持っています。

このインナーキャップに、緊急救出機能を持ったヘルメットリムーバーも発売されているので、さらに安全性を重視する方には、こちらの方がお勧めです。

remover

サーキットでは定番ですね。

参考リンク → ヘルメットリムーバーヘルメットリムーバー

バイク乗りの暑さ対策!人体水冷化のススメ

渋滞中の、上下左右から熱に囲まれたような過酷な状況下でこそ、『スポットクーラーのように自分だけ冷やしてくれるような、バイクに使えるエアコン欲しいなぁ』なんて思ったりしますよね?

これまでご紹介した方法は、かなり有効ではあるものの、走って風を受けないと効果がないという欠点があります。

ドラえもんの道具もいくつか実用化されている現代です。ぜひドラえもんの声でこの商品名を読んでみてください、

参考リンク → マクナドライクールベスト!

makuna

そうです、着るクーラーが既に発売されているのです。

これは、胸の注入口から500mlの水を入れて、気化熱を使って冷却するというものですが、冷媒を冷やす構造なので、水に浸かって身体が濡れる心配もありません。

効果はなんと約三日間、体感温度を最大15℃下げることができるといいますから驚きです。

お値段も13,100円(税抜き)とお手ごろです。※JAPEX.NET参照

他社からも冷却スーツはいくつかでています。ただ、それらは非常に高価な割に効果時間が短かったり、クーラーボックス並みの大きなポータブルユニットが必要だったり、今回のご紹介には不向きと判断しました。

ですので、気軽に導入するとなると、このマクナダライクールベストは、ベストだけにベストな選択かと思います。

「塗る」方法でバイクの暑さを乗り切る手段

大体このあたりの情報は用品店に行けば大概手に入る情報で「そんなの知ってるよ」という方もおいでになるかもしれません。
そうおっしゃる方のために、とっておきの秘策をお教えしましょう。

多くのサイトでは、冷感の為にいろいろと「着る」ことをアドバイスしていますが、本稿ではもう一つの方法として、

「塗る」

ことを提案させていただきたいと思います。
何を「塗る」のかというと、日本のお家なら、救急箱に必ず一つはあるもの、そうあれ。それはメンソレータムやメンタムです。

mentamu

参考リンク → メンソレータム・メンタム

このようなメンソールの入った軟膏を肩や首筋など、に塗ると、風があたる度にものすごくヒンヤリするのです。これは有効成分のメントールが体に作用して、体感的に涼しくなるから

ちなみに、この方法、冬場にやってみると、なんと塗ったところがしばらく温感になるのです。

メンソールの強いタイガーバームや各種肩こりなどの塗り薬もお勧めです。一度お試しになってはいかがでしょうか?

※肌の弱い方は炎症の恐れがありますので、一部に少しだけ塗ってみて様子を見るようにしましょう。

まとめ

夏の時期は、バイクのベストシーズン、私たちライダーとしては暑さに負けない体づくりを基本に、しっかりとした知恵で乗り切りたいものですね。

プロテクション効果の高いライディングギアを選び、中・長距離移動や都市部内の移動、用途に合わせ安全で快適なライディングをお楽しみいただきたいと思います。

この夏は、メンタムと新しい冷却ベストもお試しになると楽しいかもしれませんね。

スポンサーリンク

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると非常に励みになります!

あなたのバイクの買取り値段、1年後には半額かも?

もしも今乗っているあなたのバイク、売ろうと思っているなら今が一番高いかもしれません。

本当に欲しいバイクがあるのなら、早いうちにコツコツ資金を用意しておいたほうがいいです。年数を経るごとに金額が安くなっていくのも事実ですから…。

査定自体は無料ですし、金額だけでもチェックしておいて新しいバイクを買う準備をしておきましょう。

筆者オススメのバイクの査定額をUPする方法と、キャッシュバックもやっているオススメ業者を紹介します。

コメントについて

コメントは記事のご意見やご感想、情報提供をする場として活用していただければと思います。

なお、コメントの反映には時間がかかることがありますので少々お待ちください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る