新型CBR250RRの発売はいつ?気筒数やスペック・価格まとめ

2016-02-23_061501

2008年、Kawasakiが、250㏄クラスにフルカウルをまとったスポーツバイク、Ninja250をデビューさせました。

そしてこのクラスで新型車が噂されるたびに、巻き起こるのは「4気筒DOHCの復活」という話題です。

今回もホンダが、「CBR250RRを4気筒で復活させるのではないか」という話が、バイク雑誌やネット上で熱く語られています。
その真意は、どうなっているのでしょうか。

スポンサーリンク

過去のCBR250RRも!「マルチクオーター」と呼ばれたバイクたち

今こうして待望論が巻き起こる4気筒DOHC250ccエンジン、そしてCBR250RRですが、一体どんなバイクだったのでしょうか。
4気筒DOHC250ccエンジンは1980年代後半、「マルチクオーター」と呼ばれていました。

レーサーブームにのり、熾烈な4社の開発競争で活況を呈した「マルチクオーター」。

中でもCBR250Rは、最高出力45PS、MAXレブ18,000回転という超高回転エンジンを持ち、レーシーでありながらも、乗り手を選ばないホンダらしさが好評だったんです。

1990年、このCBR250Rに、高剛性アルミフレームやダブルフロントディスク採用で、よりレーサーレプリカとしてのスペックを進化させて登場したのがCBR250RRだったのです。

naru

2008年に250ccクラスの雄としてNinja250Rを発売したのを皮切りに、2011年にホンダがCBR250Rを発売。やや遅れてヤマハは2014年7月にYZF-R25をデビューさせ、このクラスはいま、久々の活況に湧いているといったところ。

スズキも、間もなく2気筒でGSX-R250を発売するとみられており、4社そろい踏みとなる新生フルカウル250ccスポーツの一時代が築かれつつあります。

そしてホンダ以外の各社が2気筒を採用し、単気筒のホンダのCBR250Rはセールス上やや苦戦を強いられ、新モデルへの移行が噂されています。

排ガス対応を余儀なくされ「マルチクオーター」は絶滅

好セールスを記録したCBR250RRですが、レプリカブームの終焉を受け、2000年に製造が終了しました。

定評のあったエンジンは、ネイキットバイクのホーネット250に受け継がれ、その後約7年間愛されていました。

しかし2007年に、電子制御燃料噴射装置の採用や触媒マフラーの採用などを必須とする新排ガス規制が実施されました。

これにより多くの車種は適合させることなく生産を余儀なくされ、250㏄クラスで4気筒を搭載する車種は、これをもって絶滅したのです。

新生CBR250RRは4気筒で登場!?

こうして4気筒DOHC250ccが絶滅したわけですが、一方でホンダは、人気車種CB400SFでこの規制をクリアさせ、今日もロングランヒットを続けています。

他社メーカーの場合は、単気筒や2気筒の既存モデルをインジェクション化して延命しましたが、4気筒モデルがラインアップに残ることはありませんでした。その理由はやはり環境対応のための手段なのでしょう。

そして現在、このCB400SFが唯一新車で手に入る普通二輪4気筒モデルとなっています。

それゆえに、「400ccに4気筒を残したホンダならこの方法で250cc4気筒の復活もありうる」と噂されるのも自然な流れなのでしょう。

しかし、噂に反して現在CBR250Rの名を冠しているのは、タイで製造された鉄フレームで単気筒のバイク。確かに、かつてのレーシーでたくましいCBR250RRを知る者にとっては、やや拍子抜けするタイプのバイクだといえるでしょう。

新型CBR250RRの噂の真相やいかに

新生CBR250Rが登場して早6年、他社2気筒勢が好評を得る中、「4気筒か?」と目される噂の新CBR250RR。その登場はあるのでしょうか。

筆者は、ホンダにくわしいとある関係者にコンタクトを取り、ズバリ真相を訪ねてみました。

まず車名について。

噂の通り「CBR250RR」として出るのか尋ねたところ、「CBR250RRという噂ですが、現在、CBR250RRは復活予定もそういった話も全くありません・・・。

ただ、CBR250Rでしたら、一部に動きがあります」という返事が。つまりRR(ダブルアール)の名称は封印がされたままになるようです。

さらに、更新機がCBR250Rだったとして、どんな内容のマシンなのか尋ねたところ、「あまり直接的な事は言えないのでヒントだけですが。」という前置きの後、重々しく彼は、「比較車についてはインドネシアという国がヒントです。」という重要なヒントをくれました。

もうお分かりの方のいらっしゃると思いますが、「インドネシア」は重要なキーワードですね。

さらに、気になる気筒数について彼は、「気筒数は開発愛称が○○twinという名前ですのでそこからお察しいただければと思います・・・。」と手で口をふさぎながら小さな声で話してくれました。つまり・・・、2気筒エンジンだということです!

開発愛称の○○の中身も気になりますが、どうやらここまでしか話が続けられないと、彼は足早に埼玉の雑踏に消えていきました。

しかし、このバイクの内容は、彼の言葉からもはや十分に予想することができます。

「脱、4気筒」その理由と新CBR250Rのカンケイ

「ホーネットのエンジンにインジェクションでRR!」確かに考えるだけで楽しいバイクになりそう。

しかし現実には、相当バイクを取り巻く状況は優しいものではなく、そう簡単にはいかないようです。

2016-03-02_170214

世界経済の低迷に伴って、日本のみならず、欧米各国でも2輪の需要が伸び悩み、各メーカーともに、従来のコストで小排気量車の生産を続けるのが難しくなっています。

かつてのように日本向けのバイクを自国生産、自国消費する時代は遠く過ぎ去っていたのです。そこで現在各バイクメーカーは、小排気量のバイクの生産拠点をアジア新興国に移しました。

ホンダとKawasakiがタイ王国、スズキが中国、ヤマハはインドネシアに工場を持っています。この250㏄クラスのフルカウルスポーツバイクの使命は、単に低コストの安いバイクであることだけではありません。

アジアのバイク需要整備をはじめ、冷え込む欧米の需要拡大、さらには悲願となる日本のバイク復興という壮大かつ重要なミッションが盛り込まれているのでしょう。

主軸となっている各メーカーの大型フラッグシップバイクの名を冠することもその一つです。

基本性能の高さ、作りこみの良さはシリーズの末端を担わせるにふさわしいもので、各メーカーがこのクラスにかける意気込みが感じられます。

次期CBR250Rについても、相当の内容が盛り込まれるのではないかという期待ができます。

スポンサーリンク

新型CBR250RRの車体のディメンション(装備)について

Indian motor blogがネット上で、「2015年の東京モーターショーに展示されたHonda Lightweight Super sports Conceptとして紹介されている実車の写真」を参考に見ていきましょう。(トップの画像ですね)

2016-02-23_062451

参考元:bylines.news.yahoo.co.jp

フロントフォークは倒立。
前後ウェイブディスク採用(おそらくニッシン製)。
液晶メーターパネル採用。
フルアジャスタブルサスペンションを装備。

これはまさに先述の背景を反映するマシンであることがうかがえます。しかしながらこの造り込みにしてこの外見。スイングアームだってCBR600Rに迫る剛性感すら感じさせる頼もしさです。

この装備でデビューするとなると、かなりレーシーさを前面に出したバイクになりそうです。

ただ、倒立フォークを採用するのであればフロントディスクはラジアルマウントのほうが良かったかもしれませんね。

人によってはすぐにカスタムでブレンボのキャリパーに変えると思いますので、ここはコストダウンと走りのバランスを兼ねたポイントとでも言いましょうか。

写真での推測となりますが、サイレンサーは標準でアクラポビッチを採用しているのであればかなり本格的な印象を受けます。純正の重くて野暮ったいものに飽き飽きしている層にはマフラー探しの手間が省けるチョイスだと思います。

新型CBR250RRのスペックは過去最高出力!

「比較車がインドネシア製」、本文をお読みいただいている方はもうお分かりですよね。

そのインドネシア製のバイクは、現時点でクラス最高の36psをたたき出しています。ですから次期CBR250Rは38か39PSを狙ったツインエンジンを搭載する可能性が濃厚です。

現行CBR250Rが29PSなので、これは楽しみですね。

新型CBR250RRの価格はいくらくらい?

現行のCBR250Rが498,960円、Ninja250が533,000円、そして「比較対象車」が556,200円です。

先述の通りこのクラスの使命として新規若年層顧客の獲得ということが織り込まれているとすれば、スズキもホンダも57~58万円以内のプライスを狙ってくるのではないでしょうか。

気になる日本での発売開始時期

気になる発売時期についてですが、ホンダやヤマハの場合、初めに製造国で先行発売されて、こちらの反応を見極めたうえで日本にデリバリーされる傾向があります。

ズバリ予測します。新CBR250Rは今年の鈴鹿8耐に現車が展示され、同時にタイ国内で発売、ハロウィンあたりまでには日本で見かけるようになっているのではないかと思います。

※9月14日追記※

いよいよ日本でのCBR250RRの発売が決定しました。

価格や仕様・スペック情報などを大ボリュームで書き溜めてしまいました…。特に気になる価格についても言及していきましたよ!

関連記事

CBR250RR日本発売秒読み開始!マル秘のスペック・価格を大予想
2015年の東京モーターショウで プロトタイプが展示されてから、 その発売が心待ちにされている HONDAの新型CBR...

新型CBR250RRを安く購入するには?

ユーザーの需要に応えるべく、ディテールにはこだわりつつも価格は抑えめにして提供されるであろう新型のCBR250スポーツ。

ただ、あまりにも高いと負担になりますし、なるべく安く購入したいのが本音でしょう。

また、そのまま今乗っているバイクから乗り換えを検討する方もいると思います。

そんな場合にオススメなのがバイクの買取代行サービスですね。

個人で売買するよりも時間や費用をムダにすることがなく、一番高い査定額が出たところと気軽に取引できるのも大きな魅力です。

新型CBRを購入する前に、今あるバイクを売却する必要がある、という場合にはこちらの関連記事をチェックしておいてくださいね。

関連記事 →  バイク買取のオススメ業者4選!査定額を上げる5つのテクニックも紹介

まとめ

Ninjya250やYZF-25のパフォーマンスを見る限り、軽量コンパクトなボディーに、相当高回転までよどみなく回るパラレル(並列)ツインエンジンが搭載されています。

次期CBRは彼らと同等のパッケージングでありながら、街乗りはもちろん、峠やサーキットに至るまで、あなどる隙を与えない新生ライトウェイトスーパースポーツとして頂点を目指してくるに違いありません。

となれば、もはや4気筒搭載見送りを、残念に思う必要はないのではないでしょうか。時代にそって生き方を変えるのはなにも人だけではなくバイクだって一緒ですからね。

次期CBR250Rの登場は期待以上の楽しさで、250㏄クラスの価値観を再構築し、バイクシーンに新たな活気をもたらすことでしょう。

今後発売予定(未定含む)バイクの関連記事はこちらでチェックできます。

もし興味があればどうぞ。

ホンダ CBR1000RR
カワサキ Z900RS
ホンダ RVF
ヤマハ YZF-R6
スズキ KATANA

スポンサーリンク

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると非常に励みになります!

あなたのバイクの買取り値段、1年後には半額かも?

もしも今乗っているあなたのバイク、売ろうと思っているなら今が一番高いかもしれません。

本当に欲しいバイクがあるのなら、早いうちにコツコツ資金を用意しておいたほうがいいです。年数を経るごとに金額が安くなっていくのも事実ですから…。

査定自体は無料ですし、金額だけでもチェックしておいて新しいバイクを買う準備をしておきましょう。

筆者オススメのバイクの査定額をUPする方法と、キャッシュバックもやっているオススメ業者を紹介します。

コメントについて

コメントは記事のご意見やご感想、情報提供をする場として活用していただければと思います。

なお、コメントの反映には時間がかかることがありますので少々お待ちください。

『新型CBR250RRの発売はいつ?気筒数やスペック・価格まとめ』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2016/03/02(水) 11:35:54 ID:8e0e38428 返信

    gsr400も4気筒で、新車買えますよ。

    現行cbr250rは29psです。

  2. 名前:匿名 投稿日:2016/03/14(月) 01:58:05 ID:4645c209d 返信

    新CBR?250を待っている者です。
    面白い記事でした!

  3. 名前:マツ 投稿日:2016/04/23(土) 12:41:11 ID:e0fb6c718 返信

    大型を購入したいと思ったいましたが250RRが発売されるならそちらを検討するのはありですかね

    • 名前:dr34mm4k3r 投稿日:2016/04/28(木) 20:01:14 ID:6e9add3e1 返信

      バイクは感性で選ぶに限るので、乗ってビビッときたもので契約書にサインをしてしまいましょう!

  4. 名前:くま 投稿日:2016/05/05(木) 12:07:38 ID:280f79aa6 返信

    4ストではHONDAは負けたくないでしょうね。

    大昔の歴史を考えると。

    NRの事がありますから。

    4ストのホンダ、カワサキ

    • 名前:dr34mm4k3r 投稿日:2016/05/05(木) 15:12:21 ID:02c08861c 返信

      コメントありがとうございます。
      そうですね。4スト250クラスの製品ではカワサキという強力なライバルもいることですし、今回の250RRの完成度がホンダの腕の見せどころでしょう・・・。

  5. 名前:匿名 投稿日:2016/05/31(火) 12:59:56 ID:b41cc295a 返信

    FZR250R(3LN)が始めてのオートバイだった自分にとってやはり『スポーティーなオートバイ』というと250ccなのでかなりシケてしまった中免クラスでこの新型CBR250RRはかなり楽しみに待っています!!
    600のSSにすれば良いじゃんという意見は良く聞きますしぶっちゃけ中古なら相当安く買えますけど『使いきれる出力』となるとやはり素人には250が限界!

  6. 名前:匿名 投稿日:2016/11/17(木) 13:31:43 ID:587ca5eeb 返信

    インドネシア公式サイトで最高出力が出ましたね、28,5 kW (38,7PS) / 12.500 rpmらしいです。

    • 名前:doshiri 投稿日:2016/11/17(木) 22:33:13 ID:85846d7ab 返信

      情報提供ありがとうございます!

      ますます期待が高まります☆

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る