オフロードバイク250cc~400ccのオススメ車種ランキングまとめ

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると非常に励みになります!

CA3H0170

オンロードスポーツには興味があるけれど、
オフロードは別物なのでそうそう興味はない。

そうおっしゃる方って多いと思います。

筆者もまさか自分があのとんがったオフ用のメットをかぶるとは思ってもいませんでした。

でも結局気が付けば、
オフロードコースでジャンプしてたんですよね。

今回はオフロード車の紹介や走り方楽しみ方についてシリーズでお伝えしていきます。

このシリーズはオンロードスポーツバイクを楽しんでいらっしゃる方、中でもオフ車未経験の方にこそ見ていただきたいシリーズにしたいと思っています。

今回は人気中型オフロード車の
それぞれの魅力をご紹介していきます。

そして、オフロードならではの走りの楽しみ方についても簡単にまとめてお話しします。

オンロードから見たオフロード

唐突ですが一つ質問です。

オンロードスポーツバイクを楽しんでいる方から見て、オフロードのバイクってどんな存在でしょう?

  • 非力なバイク
  • スピードが出ないバイク
  • 外見がバッタみたい

YZF-R1やZX-10Rみたいに最新技術コッテコテで、メーカーの看板しょってるような花々しさってオフ車にはないかもしれません。

むしろ泥臭い、ちょっと目立たない
なんてイメージ持ってないですか?

正直、筆者もサーキットでバイクを走らせながらオフ車についてはそんな風に見ていたように思います。

でもいざ乗ってみると、
目からうろこがボロッボロと落ちるんですよこれが。

とどのつまり、オフでも走りが舗装路でのライディングの引き出しを多くしてくれることに気が付かされます。

オフロードから見たオンロード

ホワイトベースの二宮祥平さんがよく言うセリフですが、「うまいっぽい」とか「速いっぽい」っていい言葉だと思いません?

筆者は以前もてぎで、今は亡きノリック選手の真後ろを走ったことがあります。

とーぜん一瞬で見えなくなりましたけど・・。

お金払って走る人と、
お金もらって走る人って
こうも違うんだと思い知らされたんですねその時。

なのであそこまで「うまい」とか「速い」ってのは凡人には無理ですが、「っぽい」ていうところまでは目指したいかなと思うわけです。

上手い人見ちゃうとやっぱり「欲」は必ず出てくるものです。

故ノリックの後ろを見た後は、シャカリキになってひっかきまわすようにサーキット走ってましたね。

でもなんかピンと来るものがなくて
途方に暮れていました。

そんな時に仲間に誘われてオフロードの体験走行に行ったんですよ。

  • 舗装路では体重移動だけで曲がってくれるバイクが全然曲がってくれない。
  • スライドも怖くてぎこちない。
  • 直線路もハンドルを取られてまともに真っすぐ走らない。

もう、最初は怖い怖いの連続でした。

このじゃじゃ馬に何とかゆうこと聞いてもらおうと、人にも教わりながらあの手この手と試していきました。

その結果「バイクに積極的に働きかけをしてやらないとこいつらいうこと聞かないんだ」ということが分かってきます。

滑ったり転んだりしながら、
文字通りの七転八倒。

色々なタイミングでオフロードバイクを何とか自分のコントロール下に収めることをマスターできました。

その次のサーキット走行が何と楽に感じたことか。

オフロードでとにかく暴れるバイクを相手にしてきたので、オンロードでは本当に楽だったんですよ。

走りに余裕ができたので、
その時のタイムは簡単に5秒ほど
自己記録を上回っていました。

速いっぽいでしょ。

もうその次は頭金5万円握りしめて近所のYSPに駆け込んでましたね。

ニコニコ顔でWR乗って帰ったら、かみさんは鬼の形相でした・・。

オフ初心者に乗ってほしいオススメ中型オフローダ―ベスト5

さて、今回も125㏄クラスに引き続き、筆者の独断とわがままで選んでいきたいと思います。

ポイントを上げる基準としては、
オフロード車としての基本性能は当然とします。

そして、

  • いかに初心者に親しみやすいか、
  • セカンドバイクとして持た場合の手軽さ

等を今回のコンセプトとして重視したいと思います。

それでは早速5位から上げていきましょう。

第5位は・・。

drz

参考元: http://www.motorcyclenews.com/bike-reviews/suzuki/drz400s/2001/

SUZUKI DR-Z400です。

「えっ、なんでこれが5位?」と思う方も多いことでしょう。

そうですよねクラス唯一の400cc高性能オフロード車が何で5位か。

40psもありますから、ダントツのパワーや性能で言えば全く申し分ありません。

パワーバイクとして絶版になった
今も多くの人に求められているバイクです。

しかし最初に申し上げた通りのコンセプトでして。

  • 初心者に向いているか
  • セカンドとしてどうかと

を考えるとき車検のある400㏄はコスト面で不利なのと、中古市場でも30~65万円と未だ結構なお値段です。

そして第4位は・・・。

wr

参考元: http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/sportsbike/wr250r/color.html

YAMAHA WR250Rです。

「オイオイ、これはさすがにこれは一位だろ」とおっしゃる人も多いと思います。

もちろんよくできたバイクであることは存じ上げています。

もとオーナーですから。

クラストップの31psを誇りフレームや細部の剛性に至るまで計算され、フルアジャスタブルなサスペンションはほぼそのままレースに出られるほどの実力を持っています。

これこそ皆さんに乗っていただきたいバイクです。

ただ、タダですね、

質を求めたあまり70万円越えの価格は
初心者にはきついのではないかなと思うのです。

中古でも35万円以下は下りませんね。

そして、シート高の高さ(895mm)も今回のコンセプト的にきついと思うところでした。

でも本当にいいバイクです。

続いてベスト3は・・・。

ks

参考元: http://inadome.net/usedbike-kawasaki-supersherpa.html

第3位はKawasakiのシェルパです。

KawasakiにはほかにもKLX250という本格オフローダ―があるのですが、やはりシート高が高いので大胆に選んだ結果シェルパになりました。

シェルパはGSX-R1000(K1)に乗っていた友人がオフ連の為に購入したバイクでしたが、最初はあまりの非力と遅さにびっくりしていました。

でもこのコンパクトな車体とその非力なエンジンは逆にオフ練習では有利に働き、彼もまたメキメキとタイムアップしていましたよ。

カワサキから既にカタログ落ちしていますが、中古では16~40万円くらいでまだまだ手に入るようです。

セカンドとしてお勧めですね。

そして2位は・・。

xr

参考元: http://vital.sakura.ne.jp/XR230.html

HONDAのXR230です。

迷いました、250にするかどうか。

よく見ると白バイ隊のオフロード訓練なんかはこちらの230が使われているようですね。

初めてのオフ車はやはり、軽くてパワーもある程度控えめな方がバイクの動きを把握したりするのに有利です。

また初心者や女性にも優しいので、
この小ぶりな感じがちょうどいいと思います。

Hondaのホームページ上では既にカタログ落ちしていますが、中古市場では27~40万円ほどでまだまだ手に入るようです。

スポンサーリンク

さて堂々の一位は・・・。

ドロドロドロドロ、ってまたかい(ドラムロールつもり)

ジャン!

serrow

参考元: http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/sportsbike/serow/color.html

YAMAHA のセロー250です。

SERROWも最初のモデルが発売されたのが1985年ですから、えー、相当ふるい歴史を持つバイクですね。

筆者はあるときこれと同じエンジンを搭載したトリッカーを持っていたことがあります。

セカンドバイクとしては非常に手ごろだったのですが、やはりセローと比べると足回りのしっかり感などは羨ましかったですね。

XR230より5mmほどシート高は高いです。

お手ごろ感と、
オフ車としてのしっかり感を
バランスよく併せ持っています。

また、ツーリングに向けたオプションも充実しているので、今回のコンセプトの中では一位にふさわしいバイクですね。

ちなみにオフロードバイクには、こういったヘルメットがオススメです。

オフメットは価格帯が高く、物によっては10万円超えるようなものもありますが、この商品の場合はかなり安いです。

信頼のSHOEIブランドなのでずっと長く(とはいっても、規定上は耐用年数までですが)使えますし、オフ走行でヘルメット代をケチることは大怪我に直結しますのも、そこそこのものを購入されることをオススメします。

オフロードバイクに1万円でも安く乗り換える方法は?

バイクを買い換える際には、今までに乗っているバイクをどうにかして処分しなければならない時もあると思います。

そんな時にオススメなのが、「バイク買取業者への申込み」です。

バイク買取業者を選択すれば、あとは無料の立会いをするだけで高額で買い取ってもらえます。

一括買取りに申し込めば最も高い金額のところで買取を依頼できるので、あとは買取の日程を申し込んで立会をするだけ。

面倒な書類の申請も必要ありません。

1万円でも高く値が付けば、新しいヘルメットの購入費用にも充てられます。業者によっては3万円近くキャッシュバックをつけてくれる所もあるので、新しいバイクのカスタム代が浮きますね。笑

損をしない買取業者の選び方や、高額査定の方法については、こちらの関連記事で紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

オススメ買取業者をチェック

まとめ

「バイクの楽しさを一人でも多くの人に伝えたい。」

原稿を書くときに筆者が一番念頭に置いているところであります。

しかしいつも難しいと思うのは、バイクは乗ってみないとその面白さが分からないことが多いということなんです。

バイクは滑ったり転倒したり、すると怖かったりけがをしたりすることがあるのでそういったネガティブな面ばかりがとらわれがちですよね。

でもオフロードでゆっくり練習していくとわざとバイクを滑らせたり、たとえこけてもそれすら楽しいこととして受け止められます

そのうちこける前にどうしたらいいのか、
滑ったらどうするかが分かるようになるんです。

そして、普通に道でバイクに乗るときにも余裕が出て、楽しく長くバイクに乗っていられるようになります。こうして書いてお話してお伝えするしか、今のところはすべがないので多少もどかしい点もあります。

今回、経験値やお財布事情にあわせて初めてでも楽しんでいただけるバイクを選んでみました。

オフロードは意外と年を召してから楽しまれる方や女性の方も多く、家族で楽しんでおられる方もおいでになります。

幅広い楽しみ方ができるので、まずは一家に一台オフローダ―バイク。おすすめです。

関連記事→ 原付125ccのオススメオフロードバイク

スポンサーリンク







いつも記事をご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると非常に励みになります!

コメントについて

コメントは記事のご意見やご感想、情報提供をする場として活用していただければと思います。

なお、コメントの反映には時間がかかることがありますので少々お待ちください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る