スズキアドレスV125の買い取り相場と査定額UPの方法

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると非常に励みになります!

kaitori

「スズキアドレスV125を手放そうかなぁ」という皆さん!

数多あるサイトの中から当サイトをお選びいただき誠にありがとうございます。

バイクの買い取りってガッカリすること多くないですか?

査定員さんに来てもらったら「えっこんな値段…?」そんなことにならないようにするにはどうしたらいいんでしょう?そうですよね。

そこでこのサイトでは、買い取りの現場でがっかりを防ぐ対策をお伝えしているんです。

さて、今回はスズキアドレスV125の買い取りについて考えていきます。早速ですが、貴方が今お乗りのスズキアドレスV125、

中古買い取り相場いくらだと思います?

手っ取り早く相場を知りたいと思いません?

手始めに⇓のバイクワンのバナーの「オンライン自動査定」で調べることができます。

怪しげな個人情報の入力もなし、30秒程度で貴方が今お乗りのスズキアドレスV125の金額の目安がわかりますよ。騙されたと思ってクリックしてみてくしてみてください。

すぐ売りたくなるような高値がつきますが、これはあくまで予想の金額。では、この理想とも金額に近づけるにはどうすればいいのか?

では、そのための方法を今からお話していきます。


オンライン自動査定結果を見たあなたに

アドレスV125のオンライン自動査定の結果、「マジか?」と思った方多いでしょう。

びっくりさせてごめんなさい。なのであえて冒頭にお伝えしましょう。

実は、スクーター市場、超絶値崩れ中です。

スズキアドレスV125は元々新車価格が225,500円です。

ディーラーさんがキャンペーンをやったとすると189,900円位の売値になるでしょうか?そうしたことも考えると、中古車の売値としては8.5万円~14.5万円位で頑張らないといけません。

買おうと思えば超お買い得ですが、売り手にすれば相当厳しい状況だと言えます。

スクーターの場合、外装でカバーされている部分が多く、整備時どうしてもその脱着があるので、

一台に掛る時間が多くなります。

結局諸々一台を仕上げていくのに、役務的なコストも整備コストも大型のバイクと収支的には変わらない為、よほどの希少車でもない限りスクーターの買い取りに1万円以上の値が付くことは極めて稀です。

その中でも125㏄スクーターはの場合は引き合いが多いカテゴリーなので、小売りをしているお店で在庫が足りないなどで、走行1000㎞未満の新古等惑星直列的な偶然が重なった場合、約5万円ほどの値が付くことがあります。

ただこれは、本当にまれなこと。

知っておくと知らなかったのでは大違いですよね。

査定を依頼してからびっくりするより、あらかじめ相場を予想しておく方が絶対にいいんです。

ですから今回は、

この状況下、どうしたらお金を生み出せるアドレスV125を造れるというのが話の中心です。

実は「買い取り」を依頼する前にいくつか知っておくべきこと、やっておくべきことがあるんです。

手間と知恵を惜しまなければ、後者になることはそう難しいことではありません。

でも「何をすればいいの?」って思いますよね。

実は何も知らない言わば丸腰の状態で査定を依頼しちゃうのも大きな落とし穴。

貴方が今お乗りのスズキアドレスV125を少しでもお金に変えていくには、ちょっとした手間と知識が必要なんです。

その方法をこれからお伝えしていきます。

まずは査定額を大まかに予想することが大事

ここでは査定額を予想する方法をお伝えしていきます。

スズキアドレスV125 例えば、こんな条件でチェックしてみましょう。

  • 2005年~2007年型
  • 15,000㎞~30,000㎞走行車
  • マフラー程度の低改造車
  • 欠品なし
  • 完調
  • 外装美車

この条件のスズキアドレスV125の中古車買い取り額はズバリ、

約0.2万円~2.5万円位になるはずです。

初期年式で多走行の場合残念ですが値段が出ない場合もあります。これは買い取り業者さんがこのクラスの1台から得たい利益を5万として、オークション出品料、パーツ代や送料等々のコストでさらに7万~10万円。

つまり約12万~15万円をおおよその中古売価から引くんです。

これでバイクが代位どれくらいの金額で買い取られるのかが見えてくるんです。

では、次はもう少し具体的に売っていくためのポイントをご説明します。

自分のスズキアドレスV125に商品意識を持つ

「買い取り」って一般的によく言いますよね。でもこの言葉の主語って誰でしょう?

「買い取る」ってことはあくまで業者さんが主語ですよね。でもこれを「売り渡す」として見たらどうでしょう?

これなら主語はオーナーさん、つまり貴方が主語ですよね。このサイトでは終始一貫この「売り渡し」についてお話ししています。

「売り渡し」におけるポイントは次の二つです

  • 事前に買い取り額を予測する
  • 「売る」以上は商品として強く売り渡す

すでに買い取り額を予想する方法についてはお話しした通りです。

では、『「売る」以上は商品として売り渡す』。

これはどういうことでしょうか。

「売り渡す」ための基本的な考え方

「買い取り」は買い取られること、あなたはちゃんと「売って」ますか?

業者さんは買い取ってからコストをかけて商品として販売する。

つまりそのための

「コストを減点方式で見積もる」=「買い取り」

というわけです。

逆に言えば

彼らのコスト分をできるだけ減らす=「査定をプラスに導ける」

ということですよね。

まずは、お持ちのスズキアドレスV125を「商品」として意識する。

ここから始めましょう。

例えば、ホコリまるけで放置して不動。

これをそのまま査定の依頼したら無料引き上げか、下手すれば処分料発生の対象になります。

業者さんも会社なんで、赤字は出したくないですからね。

『実は簡単に回復できるものなのに、回復する努力もせずにに査定員さんに見せてしまう。』

これらを「ただ買い取られている状態」または買い取りでもなく「処分」と呼んでいます。

予想した相場の中で高い方の値段で売り込むのならば、商品化への努力は最低条件です。

まずは洗車から(商品状態への努力

これからいう一言の視点でちょっとお手元のアドレスV125を見てみてください。

  • 「お客さんとしてそのバイクいくらなら出しますか?」
  • 「商品として次のお客さんに渡すのにいくらかかりそうですか?」

ですから買う側の身になって仕上げていくというの考え方をもつのが近道なんです。

できるだけ手間をかけずに店頭に並べたいのが買い取る側の偽らざる気持ちですからね。

そんあところも理解していただけると思いますが、「商品化」がキーワードですから。

  • 「細かいところ」
  • 「ちょっとした錆・傷」
  • 「目立たないところ」

ここに落ち度を造らない清掃、が必要。

もっと言えば

「可能な限りそのアドレスV125から貴方が使った痕跡を消し去る作業」が必要です。

商品にするということはそういうことです。

大まかな洗車方法は参考サイトにまとめましたのでそちらをご参考になさってください。

バイクの洗車方法まとめ!やり方・コツと必要な道具&おすすめグッズ
バイクの洗車、どうしてますか?とりあえず水を掛けてゴシゴシしているでしょうか?ワックスもかけますか?それともフクピカで拭いて...

お金のかからない外装の仕上げ方

先述の理由からこの車両からは修繕の費用を多く割くことはできないでしょう。

ですので、

ここは身近な日用品を駆使しながらアドレスV125を安く仕上げる方を説明します。

外装傷や金属部の錆

かすってしまったような浅い傷、これは台所用品で研磨材が入っている白いメラミンスポンジを水につけて柔らかくこすることで少々の小傷は消すことができます。

絶対に強くこすらないことがポイントです。

強くこすってしまうと、クリアー塗装層を剥いでしまい、かえって傷になります。

この措置が終わったら、最終的にワックスで仕上げましょう。

万一クリアーを剥いでも多少のリカバーになります。

更には艶がなくなったシートなど、広汎に応用できますので試してみてください。

マフラー等のメッキパーツ、ホイールやサスペンションもこの方法で仕上げれば細かい傷も目立たなくなります。

また、塗装部以外の錆なら、メラミンスポンジをボンスターなどの洗剤入りスチールウールに持ち帰るだけでさっぱりさせることができます。

白っぽくなったステップ部などのインナーカウルの復活法

それから、気づかないうちに紫外線で白っぽくなったインナーカウル(PB素材部)。

これは火で軽くあぶって仕上げるんです。

toti

参考元;http://item.rakuten.co.jp/upstop/ups-p000001/

楽天で850円くらいで売っているこうしたトーチで充分です。

塗装部に熱が行かないように気を付けて遠くからあぶると驚くほどきれいになります。

ただ、これもやりすぎると妙な艶が出てテカテカになってしまい、かって評価を落とすこともあるので、しつこくやり過ぎないようある程度にするのがコツです。

やるときは水分を取らないとまだらになるのでしっかり水気を取ってください。

風のない日に屋外で色の差が出ないようにサッとよくやるといいでしょう。

火災に十分注意してください!くれぐれも外装塗装部に炎をかけないように!!

あらゆる方向から見てきれいにすること

スクーターなら査定員さん達は真っ先にペンライト片手に下から各部の状態を見るでしょう

スズキアドレスV125は外見上多くのプラスティックパーツで覆われています。外装の綺麗さはあくまでも外装状態です。

でも機能面でのメンテをおろそかにしている車体が多いのも事実です。当然査定員さんたちはその辺を見透かしてまず機能面を見るんです。

具体的には…

  • 足 回 り⇒フロントサスのオイルにじみや漏れ、リアサスのインナー・ホイールの綺麗さ。
  • エンジン⇒かかりやすさ、異常な振動や異音の有無、下回りのオイルにじみ等
  • フレーム⇒下回りの擦り傷、ステムの作動状態

ココが重点的にみられます。

特にエンジン下回りは280円くらいで売っているパーツクリーナーを布にとってピカピカにしておくのがコツです。やたらとパーツクリーナーを噴射するとカウルやエンジンのガスケット類を痛める恐れがありますから面倒がらずに布にとって仕上げてください。

できるだけの整備はしておこう

査定員さんの目の前で不動。これは極力避けましょう。

ここもはやり低予算で効果の大きいものを重点をおき、コストのかかるものは割り切ります。

  • バッテリーのチャージ
  • フュエールワンなどの燃料改質剤等の投入
  • 切れている灯火類のの交換
  • メラミンスポンジを軽くこすって浅い傷は消す

外装同様、パーツも新品を取りよせるより、中古パーツなどで安く仕上げるといいでしょう。

基本的にスズキアドレスV125はインジェクション車。その他、グリップヒーター装着車もあるでしょう。

なので一層バッテリーケアは重要だというわけです。

スクーターの機能としても外装面でもシート表皮が切れているのは大きなマイナスです。

シートが万一切れてしまっている場合、ネットオークションやパーツショップで同型・同色のものが安く手に入るのであれば手をかけます。

しかしそうですねぇだいたい3,000円以上かかりそうなら割り切るしかないでしょうね。

とにかく予算と相談しながらできるだけのことはやるというスタンスが大事です。

とりあえずかかった費用の領収書はとっておく

査定の時査定員さんも新しく変わっているところなどは見抜きます。

でも一応「この部分は修繕した」という証拠にもなりますし、その文の上乗せだけでも交渉に乗ってくれることもあります。

領収書やヤフオクパーツで個人から購入する場合などは取引画面を印字していくなどしてアピールしましょう。

カスタムパーツはどうしよう?

マフラーも会社によります。

今の社外マフラーであれば、JMCAという認定証がついていると思います。JMCAというのは全国二輪用品連合会の英語の頭文字を取ったものです。

この団体が各々の製品の品質と音量が国の規制値を満たしていることを証明するもので、商品にはJMCAのバッチがリベットで取り付けられ、証明書も同梱されています。

しかし、スクーターにはJMCAの企画には程遠い新興メーカーの爆音パーツが存在すします。

これらはかたち重視で、内燃機の基本構造を全く無視したものも多く、
エンジンに負担をかけるものが少なくありません。

実際に筆者も坂道を上っている爆音スクーターのエンジンが異常燃焼で壊れる瞬間を何度との書く目撃しています。

こうしたマニアにしかわからない状態のものは一般の買い取り店には評価されません。

また、JMCAの審査を通過しているマフラーだけの小改造程度であれば、評価してもらえる可能性もありますが、上記の理由でノーマルの方が評価が高いです。

不明であればノーマルパーツに戻すべきかどうか買い取り店と相談しましょう。

スズキアドレスV125とは

adressv125

参考元;http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/uz125l3/style_price

通勤の足として1990年代中盤に2ストローク100㏄のスクーターが大活躍する中、全身となるアドレスV100もまた安価で手に入りよく走ると絶賛されたモデルでした。

しかし、環境規制が強まる中4ストローク化は避けられません。

ただ当時はまだ瞬発力できびきび走る2ストロークの代わりとして、どうしても重量が増してパワーも激減する125㏄4ストロークは役不足と見られていました。

そんな中車体の製造コストを極力抑えながら、当時としては大変珍しかった125㏄単気筒にインジェクションを組み合わせることで、「使えない」とまで言われていた125㏄スクーターのイメージを一新。

250㏄ビックスクーターの小型版という位置づけではなく、50㏄では叶えられない部分を見事に補うことのできるサイズが功を奏して注目されるようになりました。

これまで13万台以上の記録的な売り上げを記録し社会的に非常に受け入れられているモデル。

今ではコンパクトでハイパワーその上殿乗り物より機動性優れ、経済性も両立できると125㏄コミューターとして見直され、法定最高速度も60km/hまで引き上げられ、まもなく法改正により、125㏄原Ⅱまで普通乗用車免許で乗れるようになる等、社会的にこのクラスの利便性を切り拓いてきた車種でもあります。

年式別スズキアドレスV125予想買い取り相場予想

全年式・各仕様をとして評価に大きな差はありません。

また爆音車に関しては特に評価が低く、無料引き上げ、距離・状態によっては処分料発生の恐れもあります。

スズキアドレスV125年式・特長 そして各予想相場
発売年 型式車両名相場
万円

2005~2008

 UZ125K9スズキアドレスV125

0.5~2

ノーマル100km/h以上の最高速度を記録。

乾燥重量は85kgとV100と同じ。

V100と同じ販売価格である19万9,900円に設定。

2スト100Vに勝る4ストとして人々の度肝を抜いた。

携帯の充電を考慮したDC電源やフロントインナーボックス、サイドスタンド、リアキャリア等を備えた上級モデルアドレスV125Gの設定がある。

2009~2016年UZ125SL0

UZ125SUL0

スズキアドレスV125 0.5~2.5
外装デザインの変更。

メーターの電子化で多機能なものへの変更

マフラー音量を絞り音質も大人しくなった。

足元の寸法を広く取ることと、首脳スペースアップのためのシート形状変更がされている。

2011年まで前モデルの併売が続いていた。

※上記は

  • ノーマル、
  • 欠品なし、
  • 傷なし、
  • 完調車
  • 走行15,000㎞~30,000㎞

を本文中の方法を応用して想定しました。

※各タイプや特別仕様は区別せず、まとめた価格としています。

業者さんやバイクの条件によっては多少幅があることをご承知おきください。

まとめ

お読みいただいてご理解いただけると思いますが、スクーター高額査定は難しいことです。

例えば250㏄ビッグスクーターは新車が75万円以上するのに、3~10くらいでした値が付かないことがありますからもっと可哀想な状況です。

多くの人々が期待する相場では恐らくないでしょう。厳しいかもしれませんが、今のスクーターの相場というのはこういうものです。ただその中でも、少しでもお金にしたい。これはやってできないことではない。それはお伝えした通りです。

ただ、実際に買取へ申し込む前にはできることがあります。そのための準備方法などについて、下記の関連記事で説明をしています。

オススメ業者の選び方や4つの会社から、自分のバイクにあったものを選んで頂ける情報を紹介しています。高額買取のノウハウについても紹介しているので、興味のある場合にはぜひチェックしてみてくださいね。

オススメ買取業者をチェック

スポンサーリンク







いつも記事をご覧いただきありがとうございます。シェアしていただけると非常に励みになります!

コメントについて

コメントは記事のご意見やご感想、情報提供をする場として活用していただければと思います。

なお、コメントの反映には時間がかかることがありますので少々お待ちください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る